【1月13日~15日開催】TOKYO OUTDOOR SHOWでアウトドアのトレンドを一気見しよう!

【1月13日~15日開催】TOKYO OUTDOOR SHOWでアウトドアのトレンドを一気見しよう!

2023年1月13日(金)~15日(日)の3日間、幕張メッセにて「TOKYO OUTDOOR SHOW」が開催される。当イベントは世界最大級のカスタムカーイベントである『TOKYO AUTO SALON 2023』と併催される大型アウトドアイベントだ。

今回の見どころはスノーピークやサバティカルの新作テントの展示や、韓国発のアウトドアブランドの特集エリア。その他にもギアに限らずクルマや自転車、インテリアなどアウトドアのトレンドを一気に見ることが出来る貴重な機会となっている。

おしゃキャンブランドの新作展示

202212TOS

2022年に発表されたスノーピークの新エントリーモデル「ランドネスト」はご存知だろうか。初心者の目線に立ち返って設営のしやすさにこだわったモデルで、逆Y字型のフレームとC型のフレームを組み合わせるなど、登山用テントとオートキャンプで使うようなテントの良い所を集めている。ぜひともチェックしておきたい新作テントだ。

また、サバティカルは2023年春に発売予定のモデルが初お目見え。販売は無いものの、A&Fスタッフが質問に答えてくれる。何かしらの特典もあるとのことでブースに行く価値はありそうだ。

人気上昇中!韓国発のブランドたち

202212TOS

展示会としては珍しい、韓国発のブランドを特集したエリアも展開。実は韓国でも日本と同様にキャンプブームの流れがあり、ギアの開発やガレージブランドの立ち上げが盛んになっている。

今回は線が細めのスタイリッシュなアウトドアブランド「ブルックリンワークス」や、その名の通り軽さが特長の「ゼログラム」など、人気の高いブランドも出店するとのこと。

他にもサスティナブルな考えでステンレスカトラリーを展開する「BELL ROCK」、二次燃焼の焚火台が面白い「Wood and Burn」など、キャンパーならチェックしておいて欲しいブランドもいくつかある。

クルマ関係のブースも気になる

202212TOS (2)

東京オートサロンと併催ということもあり、クルマ関係のブースも魅力的。

アウトドアテイスト溢れる軽自動車作りに定評のある「ダイハツ」、中古車を素敵にリノベーションして新たな命を吹き込む「Renoca by FLEX」、アウトドアマンお馴染みのSUBARUがお届けするアウトドアイベント「アウトドアカーニバル with クロストレック」など、アウトドアとクルマを愛するユーザーからすると遊園地の様な空間になりそうだ。

それ以外では瀬戸内の鉄加工のプロ集団「TIFG」や、薪ストーブと薪ストーブ専用テントが注目を浴びている「Mt.SUMI」など、今注目のブランドも出展する。

家族で一日中楽しめそう

TOKYO OUTDOOR SHOW

出典:TOKYO OUTDOOR SHOW

上記で紹介した内容以外にも、前回好評だったアウトドアスパイスのエリアや、アパレルのエリア、外遊びにフォーカスしたエリアなどコンテンツは盛りだくさん。家族全員で出かけても丸一日楽しめそうなので、キャンプのオフシーズンのガス抜きとして参加してみるのはいかがだろうか。

トップ画像はTOKYO OUTDOOR SHOW公式サイトから出展

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂