キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

山梨のアウトドアショップ「STANDARD point outdoor」店長にキャンプ場でお話を聞いてきました

山梨のアウトドアショップ「STANDARD point outdoor」店長にキャンプ場でお話を聞いてきました
STANDARD point outdoor(スタンダードポイント)というキャンプ用品店が山梨県にあるのをご存じですか?

山梨方面のキャンプ場へ向かう際の経由地でもある「中央道河口湖IC」近くに店舗を構える、人気のアウトドアセレクトショップです。

キャンプ好きが高じてアウトドアショップをオープンしたスタンダードポイント代表、長田孝洋氏の素顔に迫ってきました。

ヨシダケン

キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

    山梨県富士河口湖のキャンプ用品店「スタンダードポイント」とは?

    スタンダードポイント店舗入り口

    STANDARD point outdoor(スタンダードポイント)は、ネット通販からスタートしたアウトドアセレクトショップです。

    定番のキャンプギアから初心者にお勧めの便利グッズをはじめ、HARF TRACK PRODUCTS、asimocraftsといった人気のガレージブランドまで幅広く取り扱っています。

    2018年7月、山梨県富士河口湖町にある「河口湖フォレストモール富士河口湖」内に念願の実店舗をオープンしました。

    店長が大のキャンプ好きということもあり、キャンパー目線に立った魅力満載の店づくりが人気の秘密です。

    スタンダードポイントの名物店長を直撃

    テント設営中のスタンダードポイント店長

    ――お忙しい中キャンプ場まで来て頂き、ありがとうございます。本日はよろしくお願いします。

    宜しくお願いします。先に設営だけ済ませちゃうので、ちょっと待ってくださいね。

    ――珍しいテントですね。初めて見ました。これはなんというテントですか?

    ミニマルワークスのJACK-SHELTER-PLUS

    ミニマルワークスの「JACK SHELTER PLUS」っていう韓国のテントです。今年から日本で本格的に展開していくということなので、うちでも取り扱うんですよ。
    4月入荷予定で予約受付中なんですけど、キャンプで使ったこと無かったので、使ってみようとおもって。

    ――使わないと商品の説明できないですものね!

    設営も簡単だし、いい幕だなーって思います。アーチ状になるメインポールと6本のサイドポールで広々空間ができますからね。あ、サイドのポールは別売りなので、その辺もちゃんとお伝えしないとですね。

    ――サイドポール別売り!それは大事な情報ですね!あとはお酒でも飲みながらお話ししましょう。そういえばキャンプ歴長いですけど、キャンプを始めたきっかけなど、色々と教えてください。

    こういったきっかけからキャンパーになった

    スタンダードポイントの店長がキャンパーになったきっかけ

    妻の友達がバイクに乗る人で、その友達とキャンプに行ったのがきっかけかなぁ。結婚を期に、妻の友達とキャンプをすることになって、やってみたら楽しいじゃん!てなって、はまったんです。

    あとは、酒が楽しくて(笑)家族で初めてキャンプしたとき、設営しながら酒飲んでも許されるのが快感だったなー。

    ――キャンプだと朝からお酒飲んでも許されますからね(笑)

    アプリを通じてグルキャンもやるようになって。連泊の時、ビールをワンケース買っても無くなっちゃう(笑)みたいな

    ――ビールがお好きなんですね!ビール飲んでる時、よい笑顔してます(笑)

    1月に1人でふもとっぱらに行ったんだけど、1人だとキャンプ暇だなと思ってめっちゃ飲みました(笑)ビール大好きで。晩酌は欠かさないですよ。それで痛風になって(笑)

    もともと医療系の仕事をしていたこともあり、血液検査の結果などよくわかるので、様子を伺いながら大好きなビールを楽しんでます!

    ――流石は元医療従事者!よく聞かれると思うのですが、前職とは畑違いのセレクトショップを開こうと思ったきっかけは何ですか?

    この場所にアウトドアショップが必要だと感じた

    スタンダードポイント店長の素顔

    妻の友達とGO OUT(※毎年ふもとっぱらで開催されるキャンプインフェス)に行ったとき(フォレストモール富士河口湖で)待ち合わせをして、この辺にアウトドアショップがあるといけるんじゃないかなって、漠然と思ったのがきっかけかなぁ。まさか本当にやるとは思わなかったですねー。

    ――漠然とした思いは昔からあったんですね。それにしても随分と思い切りましたね!

    (フォレストモールに)空きがでたこともあって勢いで(笑)店舗がオープンするまでの間にネットショップを立ち上げて準備を進めていきました。わかんないことだらけだったけど、色々な人の助けもあってなんとかなりました。

    ――店舗のオープンまでどれくらいかかったんですか?

    2ヶ月ですね。妻の友達に内装をお願いして。その方もキャンプが好きだったので、相談しやすかったですね。

    ――早い!未経験者なのに、よく2か月でお店をオープンできましたね。きっかけが、フォレストモールで待ち合わせをした時ということでしたが、その思いは変わらなかったのですね。

    やっぱり、GO OUTや、ふもとっぱらがあるから。というのが一番大きいですね。この場所にアウトドアショップは必要かなと。あとは自宅から近いというのもありますけど(笑)

    ――朝7時からOPENしてるマックスバリュもありますし、お店も土日は7時OPENですしね。キャンパーにはありがたいですよね。矢張り食材買いがてら、朝から多くのキャンパーがお店にいらっしゃるんですか?

    キャンパーだからこそキャンパー目線に立てる

    キャンパーだからこそキャンパー目線に立てる

    そうですね。おかげ様で沢山のお客様にお越し頂いてます。でも、一番混む時間は10時からお昼あたりなんですよ

    ――あら。意外ですね。

    どちらかというと、キャンプ帰りに寄られるお客様が多いのかなと。あとは隣にあるダイソーの力が大きいかも(笑)ショッピングモールなので、キャンパーじゃないお客様も多いんですよ。

    ――なるほど。ショッピングモールだからキャンパー以外のお客様も沢山いらっしゃるんですね。

    珍しいんでしょうね。ふらっと立ち寄られる方も沢山いらっしゃいます。キャンプ始めたいんですけどってお客様も結構いらっしゃって。どんなテントがいいですか?とか聞かれます。どのテントがコスパがいいとかは提案はしますよ。うちで取り扱ってるテントだと、ムラコ(muraco)やゼインアーツ(ZANE ARTS)ですね。

    ――コスパ良くて使いやすいテントばかりですね。流石キャンパーです。あと、一番多い相談って何ですか?

    寝袋問題の相談は多いですね。あとは寝袋忘れたので、売ってませんか?というのもたまにあります。なのでコスパの良いシュラフから高級なものまで取り扱ってますよ。ナンガの900(※Nanga製の快適使用温度が-10度の冬用シュラフ)が売れたら嬉しいんですけど(笑)

    ――実際、どんな客層が多いんですか?

    あらゆるキャンパーが集まるお店

    あらゆるキャンパーが集まるお店を目指す

    年配の方から若い方まで、キャンプやってる人がほとんどですねー。あとはファミリーキャンパーが多いです。

    ――全キャンパーじゃないですか!ファミリーキャンパーが多いのは意外でした。

    キンコの皮グローブ

    キンコの皮グローブがよく売れるんですよ。熱いものを持てるグローブなんですけど、コスパ良くて。3~6歳向けの子供向けサイズもあるんです。子供が欲しいっていうと、親としては買っちゃいますよね。

    ――それは微笑ましいですね。そういえばお店には子供向けのギアが目立つところに置いてますね

    スマイルのLEDランタン

    スマイルのLEDランタンはお子様に人気なので、レジの後ろに目立つようにディスプレイしてます。この時期(冬季)はファミリーのお客様が少ないので、あまり売れないんですが(笑)

    ――ネットショップも展開されてますが、実店舗と売れ筋の違いはありますか?

    ネットショップと実店舗では売れ筋が全く違う

    リバーズのマグ

    全然違いますよ!店舗だと、小物系が多く売れてます。ネットショップだと、ガレージブランドのギアや、限定商品は即売するんですけど、店舗では余っているという。

    例えば、リバーズのマグとか(ネットショップでは)完売するけど、店舗にも置いてます。こういったギアはネットショップに全部出せば売れるんだけど、折角お店に足を運んでくださる方の為に、残してあるんです。

    ――ネットショップと実店舗で、全然客層が違うんですね

    ネットと店舗で売れ方は違うだろうなとは予想してましたよ。ネットのお客様はうちのインスタ(インスタグラム)から流れてきますし。うちはセレクトショップなので、どの客層でも満足頂けるように、商品を見て、あったらいいもの、足してみたいものを幅広く仕入れてますよ。あ、今日は何点か新作ギアもってきましたよ!

    ――お!みせてもらっていいですか?

    A38grate

    ミニテーブルA38grate

    まずはこれなんですが、「38パレット」でおなじみの「38explore」さんと「asimocrafts」のコラボ商品なんですよ。ロストルにもなるし、ミニテーブルにもなるんです。うちでも取り扱うことになりまして。

    ――ああ、これ、手に入らないやつですね。

    38exploreとasimocraftsのコラボ商品

    そうなんです。ランタンハンガーとウッドテーブル、ケース付きのお得なセットです。

    ――コンパクトでソロキャンに良いですね。ちなみにお幾らでしょうか?

    17,000円です!

    STANDARD pointオリジナル 武井バーナー501/301 五徳

    STANDARD-pointオリジナル-武井バーナー501301-五徳

    続いてはこちらなんですけど、風街道具店さんとコラボして作ったオリジナル五徳なんです。武井バーナー501と武井バーナー301両方で使えるように、取り外し用の脚が2つセットです。

    ――オリジナルブランドですね!武井バーナーの五徳は需要がありそうですね

    武井バーナーの専用五徳

    五徳をこうやって広げることができるギミックを取り入れてます。最近、風街道具店さんとよく仕事でご一緒させて頂いてます。

    ――これは便利ですね!残念ながらうちに武井バーナーはありませんが(笑)最近オリジナルブランドを沢山だしてますね

    STANDARD point 今後の展開は

    カメラを構えるスタンダードポイント店長

    オリジナルギアは結構作ってるんですよ。店舗にしか置いてないものが殆どなので、あまり知られていないんですけど

    ――CAMPと書かれたTシャツは結構売れてるみたいですね?

    CAMPと書かれたTシャツ

    子供向けサイズもあるので、ファミリーキャンプのお客様からご家族分ご購入頂いてますね。このTシャツも、友人の協力もあって実現したんですよ。

    ――色々と流行ってますね!今後の展開としてはオリジナルブランドも視野にいれているんですか?

    スキレットの持ち手カバー

    流行っているといっても絶対数は決まってますからね。オリジナルブランドは色々とやっていきたいです。差別化していかなきゃって思いはありますね。

    ――差別化を図るのは大変そうですね

    うちは小物ギアの取り扱いが多いんですが、そこが強みかなと。あとは、お店を拡張したいって考えてて。実は半分しか店舗として使ってなくて、残りはバックヤードなんですよ。
    バックヤードを店舗として広げる計画中です。予定は未定。だけど。

    ――色々展開されるのですね!とても楽しみです!

    ですね!ガンガン行きますよ!生き残るためには(笑)

    ――これだけ忙しいとキャンプ行く暇なくないですか?

    キャンプに行く時間が欲しい

    スタンダードポイント店長のおすすめキャンプ場とは

    ないっすね。時間作らないと。作んないとだめ!今年は作っていきたいな。冬は暇だから行きたい(笑)

    ――お勧めのキャンプ場とかありますか?

    道志(道志の森キャンプ場)ですかねー。キャンプ始めたばかりの2年間は道志しか行かなかったくらい好きですね。

    ――最後に、プレゼント企画があるということなので、詳細を教えてください。

    「キャンプクエストをみた」でスタンダードポイントオリジナルステッカープレゼント

    スタンダードポイントのオリジナルステッカー

    店舗で商品をお買い上げの際、「キャンプクエストをみた」と言って頂いた方に「SANDARD pointオリジナルステッカー」をプレゼントいたします!

    ――ふとっぱらですね!それは嬉しいお知らせです。今日は、お付き合い頂き、ありがとうございました。

    とりあえずビールでも飲みましょう!

    キャンパーに優しい!土日は朝7時からオープン

    スタンダードポイントのステッカー

    いかがでしたか?「ふもとっぱら」や「西湖」といった人気のキャンプ場の中継地点にあるので、キャンプの行きがけに思わず立ち寄りたくなりますよね。

    スタンダードポイントのある「フォレストモール富士河口湖」には、朝7時からオープンしているマックスバリュもあり、食材の買い足しで多くのキャンパーが訪れるスポットです。

    そこに目を付けてキャンプ用品店をオープンした長田さんは、本当にキャンパー目線に立った方だと思います。うっかりキャンプギアを忘れた場合でも、スタンダードポイントがある限り安心ですよね。

    静岡・山梨方面にキャンプに行く際、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?新たなキャンプライフのヒントを店長が丁寧にアドバイスしてくれますよ。

    STANDARD point outdoor代表 長田孝洋氏

    STANDARD-point-outdoor代表-長田孝洋氏

    山梨県富士吉田市在住。元臨床工学技士という異色の経歴を持つSTANDARD point outdoor代表。河口湖ICを利用してキャンプに向かう人達の「STANDARD」な「point」(店)になれるようにという意味を込め「STANDARD point outdoor」と命名。「山梨方面へ行くのならあのお店に行こう!」と思って頂けるお店を目指しています。

    マスメディア出演・掲載履歴
    TV
    ・行列のできる法律相談所 2019年12月8日(日)放送
    雑誌
    ・GO OUT CAMP GEAR BOOK Vol.2~買って良かった、キャンプ道具
    ・BE-PAL 3月号~名物店主とアウトドア道具店
    ・キャンプ・グッズ・マガジン Vol.04 カリスマキャンパーたちが選ぶ美しいキャンプ道具60選

    スタンダードポイント詳細情報

    スタンダードポイントの店舗内観

    住所 〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立4318 フォレストモール富士河口湖D棟
    営業時間 10:00~19:00(土日祝日のみ7:00-18:00)
    ※7月~8月は毎日7:00~19:00 まで営業
    休業日 毎週水曜日(7,8月は無休)
    オンラインショップURL STANDARD point outdoor
    Instagram @standard_point
    ヨシダケン

    キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top