キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

ホットサンドの次はこれが流行る!?クレープメーカーのおすすめレシピと上手な焼き方

ホットサンドの次はこれが流行る!?クレープメーカーのおすすめレシピと上手な焼き方
突然ですが、アウトドアで歩きながら食べられるスイーツといえば何を思い浮かべますか?そうです!クレープですよね!

オシャレキャンパーの間ではホットサンドが流行っているみたいですが、改めてちゃんと考えてみるとホットサンドよりもクレープの方が断然オシャレだと思いませんか?

しかし、キャンプでもクレープを食べたいけど、どうやって作れば良いか分からない!とお嘆きのあなたに、クレープ界に革命を起こす画期的なアイテムと、その便利な使い方やレシピを紹介します!

ハタユキ

キャンプ歴20年。子どもの成長とともにファミリーキャンプを卒業し、夫婦のデイキャンプが増えてきました。世代によって変わるキャンプの醍醐味をお届けします。

    簡単にクレープが焼けるクレープメーカーとは?

    IMG_20200817_093710

    クレープメーカーという家電をご存知ない方も多いかもしれません。クレープメーカーとは、アイリスオーヤマなどから発売されている簡単にクレープが焼ける調理器具です。

    クレープといえば大抵の人がお店で買って食べますよね。なぜならクレープはあの薄い生地が身上。しかし、素人がクレープを作ると、熱が均一に伝わらずに破けたり、厚ぼったくなってしまったりすることが多いんです。

    そんな時に、このクレープメーカーを使えば、薄くて焼き上がりが均一なクレープを簡単に作ることができます。

    子供でも簡単にクレープが作れちゃう!

    IMG_20200817_093700

    アイリスオーヤマのクレープメーカーは直径が約20㎝と小さめ。生地を入れるための浅いお皿がついています。

    使い方も簡単で、クレープ生地を付属の浅皿に入れたら、クレープメーカーのテフロン部分を数秒浸してひっくり返し、好みの焼き加減まで少し待つだけです。

    少し大きい子供なら簡単に焼けるのも人気な理由。

    ハタユキ
    ハタユキ

    テフロン部分は非常に高温になるためやけどに十分注意してください

    難しかったクレープ作りが、楽しみながら、しかもテーブル上で簡単にできちゃうなんて、クレープ界に革命を起こす画期的な道具ですよね。

    IMG_20200815_185140

    数秒待てば、きれいな焼き目のクレープがペロッとはがれる…!

    上手くクレープが焼けない人は必見!生地にひと手間加えるのがミソ

    と、ここまでが説明書や使い方紹介動画で紹介されている内容。でも実は、うまく焼けない人も意外と多いんですよね。

    何を隠そう我が家も、最初に使った時には、生地がベロ~ンと破れる、上手くはがれない、などなど、家族の期待に膨らんだ胸が急速にしぼむ気まずい展開となり…。

    使い方動画などを探して確認すると、いともさわやかに「ぺろりんちょ」とはがれていくんですよ。だから、さぞかしあんな風に爽快にクレープが作れて、楽しいホームパーティができるに違いない。

    と思いきや。

    はじっこをヘラなどで少しはがすなど工夫をしても、ペロペローっと真ん中で破れたり、くしゅくしゅっと丸まって団子になったり、どうもうまくいかない。

    クレープ生地の基本材料

    基本となるクレープ生地の材料は以下のようになっています。

    【材料】

    • ホットケーキミックス150g
    • 牛乳350ml
    • 2個

    しかし、ここから牛乳の分量を増やしたり、1枚1枚テフロン部分に油を塗ったり、試行錯誤したものの、どうにもあんまりお手軽じゃない。

    もしかして上手に焼くにはクレープメーカーを使い込まないとダメとか、ある程度こなれ感が必要なのかな?とも思いましたが、私は今!この場で!ビシっと!上手に焼きたい!!

    溶かしバターを生地に加えると簡単にはがれる!?

    そこで先ほどのレシピに加えてみたのが「溶かしバター」です。レシピにつき約30g程度の溶かしバターを加えてみました。

    IMG_20200815_192317

    あら!?ぺろりんちょ!!すごいな「溶かしバター」!

    というわけで、レシピに書いていなくても「溶かしバター」を加えるだけで、格段に生地がはがれやすくなります!

    わくわくクレープパーティ!の場が凍り付く大惨事になる前に、この「溶かしバター」を入れるアクションだけは忘れずに!(大事なことなので3回いいました)

    クレープだってビールのアテになります!

    IMG_20200729_182957

    クレープなんて子供の食い物、飯にもビールのアテにもなりゃしねえっ!という全国の硬派系お父さんお母さん。

    うんうん、この残暑ですから、ビールをグイッといきたいですよねぇ。でも大丈夫。クレープに挟む具を変える事によって十分ビールのアテになります。もちろん、炭水化物ですから4枚~5枚も食べればお腹も満腹です。

    我が家で定番になったのは、こんな具材。もちろん夫婦そろってビール、ハイボールとジャンジャン行きますよ!

    お酒にも合うクレープレシピ紹介

    IMG_20200815_184536

    見ての通り、ソーセージやツナをたんぱく質として、生野菜、血液サラサラのスライスオニオンなどを用意。トマトやキュウリ、シュレッドチーズもいいですね。写真にはないですが、他にマヨネーズも使います。

    この中でぜひ使ってほしいのが、ポテトチップスのコンソメ味。あらかじめ、袋の上からグズグズに崩しておきます。

    IMG_20200815_190342

    こんな風にフレーク状になるまで。大抵は子供かお父さんが嬉々としてやってくれます。

    後はデザートクレープ用の、ホイップ、バナナ(フルーツ)、チョコレートソースなどがあると完璧。甘いものは別腹です。

    そして、ぜひ用意してほしいのがこれ。

    IMG_20200815_191546

    ほぼ空っぽですみません。マイルドからハードまで数種類あるサルサソースです。

    これは一番辛くないマイルドですが、大人ばかりならもっと辛いものでもいいかもしれません。輸入食料品の店などで購入できます。

    このソースがソーセージと合わさると、クレープとビールの間を取り持ってくれるんです。また、ソーセージをちょっと太めの贅沢なものに変えると満足度がさらに上がります!

    野菜&ウインナー&サルサソースクレープ

    IMG_20200815_190218

    ウインナーの肉汁がじゅわっと広がり、スパイシーなサルサソースがピリッと引き締めます。血液サラサラ生オニオンを加えて熱中症予防も忘れずに。

    そして、我が家に君臨する殿堂入り具材はこちら。

    ツナ野菜チーズ&ポテチマヨネーズクレープ

    IMG_20200815_185635

    ポテチは必ずコンソメ味を用意しましょう。コンソメ味が味のアクセントになり、野菜をたっぷり入れればサラダ感覚で食べられる絶品の組み合わせです。

    ポテチの歯触りがサクッサクとして楽しい!

    しょっぱい系のクレープは、焼いてアツアツのところをいただきます。クレープメーカーも枚数を重ねるほど調子が出てきて、コツもつかめるためジャンジャン焼いていきます。

    IMG_20200815_185707

    こんな風にくるっと丸めていただきます。和皿が庶民的ですね~。映え感ゼロ。

    ホイップ&アイスで作るデザートクレープ

    ある程度満腹になったら、数枚を焼きためて少し冷ましておきます。これは、ホイップやアイスで作るデザートクレープ用に。

    IMG_20200815_191522

    クレープといえばスイーツ!甘い系は外してはなりません。

    クレープメーカーは後片付けも簡単~♪

    ほんとクレープメーカーは後片付けも簡単です。熱が冷めたら固く絞ったきれいなふきんでしっかりと拭くだけ。衛生面が気になる場合はアルコールスプレーなどを使って取っ手を除菌するといいかもしれません。

    くれぐれも家電のため水洗いは避けてください。あとはトッピング用具材の入れ物や銘々皿を洗うくらいで後片付け終了!

    「キャンプで面倒な料理なんて作りたくない」「たまにはのんびりすごしたい」など、大人にはダラダラ過ごしたい時や、テント設営で疲れが溜まっている時もありますよね。そうは言っても子供達は納得してくれないことがあるのもまた現実。

    そんな時、豪華でレジャー性もあり、用意も片付けも楽ちん、さらにビールにも合って大人も楽しい「レジャー飯」が強い味方になります。

    クレープメーカーは比較的安価なので、一台持っていればいろんなシーンで活躍しそう。もしかしてホットサンドメーカーに続く大ヒット商品かもしれません!

    ぜひ、いろんな具材をためして自分だけのクレープに挑戦してみてくださいね!

    ハタユキ

    キャンプ歴20年。子どもの成長とともにファミリーキャンプを卒業し、夫婦のデイキャンプが増えてきました。世代によって変わるキャンプの醍醐味をお届けします。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top