キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

天然の露天風呂が掘れる!?RECAMP砂湯はキャンプ場と思えないほど見所満載でした!

屈斜路湖は国内最大、世界でも2番目の大きさを誇るのカルデラ湖です。この湖畔にあるキャンプ場「RECAMP 砂湯」は、屈斜路湖に面したキャンプ場で、湖畔の砂場を掘ると温泉が湧きだすことから、自分だけのプライベート足湯が楽しめるキャンプ場として人気です。

春から秋まで砂遊びと水遊びできるので、小さなお子さんがいるファミリーキャンパーにもおすすめですよ。

都良(TORA)

北海道在住のフリーライター。キャンプ、車中泊、登山、トレッキングが大好き。障害者スポーツの指導員をしていることから、車いすなど障害を持つ子供たちをトレッキングやキャンプに連れていく活動もしています。資格:自然体験活動指導者認定委員会 自然体験活動指導者NEALリーダー、北海道ボッチャ協会 審判員・普及指導員

RECAMP 砂湯(旧砂湯キャンプ場)の基本情報

RECAMP 砂湯は、北海道の道東にある屈斜路湖の湖畔に位置しています。

自分が住む旭川市からは距離にして約240㎞、車で約4時間です。一番近い大空町の女満別空港からは車で1時間ほど。

屈斜路湖・砂湯とは

 IMG_9109

屈斜路湖は弟子屈町(てしかがちょう)にある湖で、全域が阿寒摩周国立公園に指定されています。

国内最大のカルデラ湖で、火山活動によってできた湖なので、周囲にはたくさんの温泉があります。

 砂湯

この屈斜路湖の東岸にあるのが「砂湯」で、道東観光の人気スポット。その名前は、湖畔の砂を掘るとどこからでも温泉が湧きだすことからつけられました。

RECAMP 砂湯の紹介

それでは「RECAMP 砂湯」の場内施設の紹介をします。

管理棟・キャンプ受付

管理棟-2

以前は砂湯キャンプ場という名前でしたが、今年から東京の株式会社RECAMPという会社が管理するようになって「RECAMP 砂湯」となったようです。

管理棟も新設されたようで、ここで受付を行います。予約についてはキャンプ場検索・予約サイトの「なっぷ」で予約可能です。

 料金

料金は大人500円、子供300円。別にタープが1張り1,100円です。

管理棟ではテントやタープ、焚き火台、寝袋、チェア、ランタンのレンタルの他、薪の販売もあります。

名称 RECAMP 砂湯
所在地 北海道川上郡弟子屈町字屈斜路湖畔砂湯
利用料金 大人500円(テント1張り含む)、子供300円、別途タープ1張り1,100円
チェックイン・チェックアウト チェックイン13:00 / チェックアウト11:00
デイキャンプ 利用料100円 チェックイン10:00 / チェックアウト16:00
営業期間 7月から10月下旬まで
予約 RECAMP砂湯(砂湯キャンプ場)

駐車場

 駐車場

RECAMP 砂湯は、サイトへの自動車の乗り入れはできません。

駐車場は、管理棟やキャンプサイトとは道路を挟んだ向かい側に、臨時も含め100台分用意されています。

キャンプサイト

 キャンプサイト

 サイト2

キャンプサイトは管理棟の左右に長く広がっています。湖畔側は人気なので、週末などは早く行かないと混んでいると思います。

 テント

自分が行ったのは9月21日~22日の4連休後半で、まったくスペースが空いてなく、やっとキャンプ場の南側の一番端にテントを張ることができました。

 テントからの眺め

RECAMP 砂湯のキャンプサイトは湖畔に沿って細長くなっていますが、湖畔からの幅はそれほどないので、湖畔から離れた端にテントを張っても美しい屈斜路湖の景色は楽しめます。

炊事場

 炊事場1

炊事場は2棟あります。写真は管理棟の南側にある炊事棟です。

 炊事場2

以前はかなり古い印象があった炊事場ですが、管理会社が変わって少し直したようです。

トイレ

 トイレ1

 トイレ2

 トイレ3

 トイレ4

 トイレ5

トイレはサイト内に4棟あるとされています。今回使用したのは南側の2か所だけですが、こちらも改修されたのかかなり綺麗です。

一番南にあるトイレの建物の入り口は、スロープになっていて男性用トイレ、女性用トイレの他に多目的トイレも用意されています。

洗面台には「砂のついたものは洗わないでください」の張り紙があります。砂遊びした子供の水着などを洗わないようにしましょうね。

炭捨て場

 炭捨て場

サイト内には炭捨て場が何か所かありますが、地面にそのまま捨てるワイルドな設定。見た目的にはあまりよくないので、ここはちゃんとしたものを設置したほうが良さそうですね。

しかし、どこのキャンプ場にもバーベキューの網を捨てていく人がいますが、ちゃんと自宅に持ち帰って欲しいものです。(まだ新しいのにもったいない…)

ごみ庫

 ゴミ庫1

ゴミは基本的に各自持ち帰りですが、サイト内にはゴミ庫が2か所設置されていて、管理棟で専用の袋(1枚200円)を購入すると捨てることができます。

 ゴミ庫2

ゴミ庫は、種類ごとに分別して扉の中に捨てる様式。

このゴミ庫も新しく設置されたもので、外からゴミが一切見えず、建物の作りや色も周囲の景観にマッチしていますね。

RECAMP 砂湯のおすすめポイント

では、RECAMP 砂湯のおすすめのポイントをご紹介します。

自分だけの露天風呂を作って楽しめる

 温泉

砂湯の名の通り、砂場を掘ると温泉が湧き出してきます。

写真では上手く写っていませんが、湖面からは湯気が立ち上っています。大人が全身浸かるほど掘るのは大変ですが、足湯なら掘らずにも楽しめます。イスを持って行って屈斜路湖の美しい景色を眺めながら、ゆっくりと足湯を楽しんでください。

 スコップ

 サムネイル画像

本格的に掘りたい人は管理棟でスコップのレンタルがあるので利用してはいかがでしょうか。

湖にはザリガニやエビがいるようで、子どもたちが一生懸命探して捕まえていましたよ。

のんびり湖面をスワンボートで遊覧できる

 スワンボート1

 スワンボート2

湖畔にある「砂湯レストハウス レタラチップ」では、モーターボートでの湖畔周遊や貸しボートがあります。

足漕ぎのスワンボートは2人乗りで30分1,000円、3人乗りが30分1,500円です。ボートに乗って湖面から景色を楽しむのもいいですよね。

 クッシー

屈斜路湖と言えば、かなり昔になりますが謎の巨大生物「クッシー」が目撃されたと話題になりました。売店の前には青いクッシーが置かれているので記念撮影しちゃいましょう。

また売店のレストランでは「クッシーラーメン」なんてメニューもあるようです。

施設名 砂湯レストハウス レタラチップ
所在地 北海道川上郡弟子屈町美留和
電話番号 015-484-2106
サービス内容 レストラン・売店・貸しボート
ホームページ 砂湯レストハウス レタラチップ

川湯温泉でゆっくり日帰り温泉が楽しめる

 川湯温泉1

砂湯から車で12分ほど、約9km離れた場所には明治37年からの古い歴史を誇る「川湯温泉」があります。

川湯温泉は「源泉100%かけ流し宣言」の温泉街として知られています。したがって、どの施設を利用しても薬効たっぷりの温泉が楽しめます。

今回、利用したのは「川湯温泉 お宿欣喜湯」で、源泉かけ流しの内風呂と広い露天風呂があり、ゆったりと温泉でくつろげました。また、川湯温泉街には無料で利用できる足湯もあります。

施設名 川湯温泉 お宿欣喜湯
所在地 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-5-10
電話番号 015-483-2211
日帰り入浴 入浴時間13:00~21:00 入浴料 大人700円/小学生500円/幼児300円
ホームページ お宿欣喜湯(きんきゆ)

周辺には人気の観光スポットがいっぱい

砂湯の周辺には人気の観光スポットがたくさんあるので、キャンプと合わせて道東観光も楽しんでください。

道の駅 摩周温泉

 IMG_9045

砂湯から車で20分ほど、阿寒湖と摩周湖を結ぶ国道241号線沿いに道東観光のアクセスポイントである「道の駅 摩周温泉」があります。

施設内には弟子屈のお土産を販売する売店や観光案内所、外には無料の足湯があります。

 ソフトクリーム

ここでのオススメは「摩周ルビー」という特産品のイチゴを使ったソフトクリームです。

施設名 道の駅 摩周温泉
所在地 北海道川上郡弟子屈町湯の島3丁目5番5
電話番号 015-482-2500(観光案内所)
開館時間 5~10月 午前8時から午後6時
11月~4月 午前9時から午後5時
ホームページ 道の駅「摩周温泉」

硫黄山

 硫黄山1

砂湯から車で10分ほど約10㎞に場所には、かつてマッチや火薬の原料とするため硫黄を採掘していた「硫黄山」があります。

山肌からは噴煙が立ち上り、至るところから温泉が噴き出しています。

 硫黄山2

 硫黄山3

硫黄山の駐車場には「硫黄山レストハウス」があり、硫黄山を眺めながら名物「温泉玉子」を味わえます。

施設名 硫黄山レストハウス
所在地 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉
電話番号 015-483-3511
営業時間 4月下旬頃~10月下旬頃 8:30~17:30
10月下旬頃~4月下旬頃 8:00~17:00

他にも、砂湯周辺には神秘の湖と言われる摩周湖を見下ろす「摩周第一展望台」や、往年の名横綱である第48代横綱「大鵬」を偉業にまつわる品々を展示した「大鵬相撲記念館」など見どころいっぱいです。

RECAMP 砂湯のちょっと残念なところ

魅力いっぱいの「RECAMP 砂湯」ですが、ちょっと残念なところもあります。

8月中旬以降は水上バイクの利用ができるため、かなりうるさいです。しかし接触事故や騒音が問題となり来年には禁止される見込みのようです。

その他、サイトへの車の乗り入れが禁止されているため、細長いサイトの端の場合、テントなど荷物を運ぶのが結構大変です。リアカーが用意されていますが混雑時には空いていないこともあるので、自分でアウトドアキャリアを用意するのがいいかもしれません。

予約時のワンポイントアドバイス

屈斜路湖の湖畔に沿って細長くエリアが広がる「RECAMP 砂湯」は、場内にトイレ4棟、炊事場2棟ありますが、テントを設営する場所によっては多少遠くなります。

トイレや炊事場の近くにテントを設営したい人は管理棟の近くがおすすめです。駐車場からも離れていないため荷物を運ぶのも楽ちんです。

ただし、人気のキャンプ場のため夏場の週末はかなり混雑します。良い場所にテントを張りたい人はデイキャンプも合わせて予約すると10時から設営できます。

屈斜路湖・摩周湖周辺の道東観光と合わせてRECAMP砂湯を楽しもう

 まとめ

RECAMP 砂湯は魅力いっぱいのキャンプ場ですが、周囲には今回ご紹介した以外にも人気の観光スポットがたくさんあります。

ぜひ、2泊3泊とキャンプして道東の魅力を楽しみつくしてください。

都良(TORA)

北海道在住のフリーライター。キャンプ、車中泊、登山、トレッキングが大好き。障害者スポーツの指導員をしていることから、車いすなど障害を持つ子供たちをトレッキングやキャンプに連れていく活動もしています。資格:自然体験活動指導者認定委員会 自然体験活動指導者NEALリーダー、北海道ボッチャ協会 審判員・普及指導員

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top