キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

雨が降ってもグループキャンプなら楽しい!いなかの風キャンプ場で土砂降りキャンプ!

雨が降ってもグループキャンプなら楽しい!いなかの風キャンプ場で土砂降りキャンプ!
澄みきった青空に秋の深まりを感じる今日この頃、汗だくになりながら設営する季節も終わり、本格的なキャンプシーズン到来!今回は、そんな季節にぴったりな人気キャンプ場「いなかの風キャンプ場」へと張り切っていたのですが、まさかの土砂降り…雨に打たれながらの設営になるとは思ってもいませんでした。

家族だけなら延期にしているであろう天候でしたが、今回はグループキャンプ!雨でもみんなで過ごせば楽しいはず!!予想以上にアクティブに過ごせたキャンプレビューをお届け致します。

startracking

中部エリアを中心にキャンプにどっぷりはまっている2児の父親です。ゆるく楽しくをモットーに!!

    いなかの風キャンプ場はどんなとこ?

    IMG_8019

    いなかの風キャンプ場は、中央アルプスを正面に自然を目一杯堪能できるキャンプ場になっています。その魅力は、なんと言っても解放感抜群のロケーション!

    夜の景観も最高で、見上げれば満点の星空、高台から見渡せる綺麗な夜景。整備されすぎていない自然なサイトに、管理の行き届いた水回りやセンターハウス、高規格でありながら自然との一体感を感じられる、まさにキャンパーの求める理想のキャンプ場ではないでしょうか!晴れていれば…

    いなかの風キャンプ場へのアクセス

    IMG_8107

    最寄りのインターチェンジは中央自動車道の松川ICもしくは駒ヶ根IC。どちらからも下道でおよそ20分程の距離です。

    注意点として、ナビによっては県道18号線を案内される場合がありますが、恐ろしく狭い道となってるそうです。間違えてこのルートで来てしまうと到着した頃には同乗者がぐったりだそう。国道153号線経由だと広い道になってスムーズに到着できます。

    いなかの風キャンプ場の基本情報

    IMG_7830

    住所 〒399-3703長野県上伊那郡飯島町日曽利43-3
    電話 ‭0265-86-6655‬
    営業期間 4月中旬~11月上旬まで
    チェックイン 14:00
    チェックアウト 11:00
    延長料金 1,000円/1h
    アーリチェックイン 9:00~
    レイトチェックアウト~13:00
    サイト料金 ■オートサイトAタイプ
    7,000円~9,000円
    最上段、広々、絶景サイト
    ■オートサイトBタイプ
    5,200円~7,500円
    中段あたり、景色と広さが丁度いい
    ■オートサイトCタイプ
    4,000円~6,000円
    下部に位置するサイト、狭め

    いなかの風キャンプ場のメリット

    グルキャンに最適

    IMG_7848

    こちらのキャンプ場は区画サイトらしからぬ広さが特徴的です。段々畑なので天然の高低差サイトができあがり、非常にプライベート感があります。広さとプライベート感に加え、高規格なキャンプ場になるためグループでの利用に適しているのでしょう。

    我が家も2度、こちらのキャンプ場をグループで利用し、どちらも中段あたりのサイトでした。サイトは事前にスタッフが振り分けてもらうシステムです。

    直火が出来る

    IMG_8025

    ルールを守れば直火もオッケーなキャンプ場。サイトのかまどで直火の焚き火が楽しめます。直火のいいところは、見た目も美しく自然との一体感が増すこと。また撤収日の朝に焚き火で暖をとりたい場面でも、直火なら片付けを気にせず焚き火が楽しめます。

    いなかの風キャンプ場のデメリット

    サイト料金が高い

    IMG_7833

    高規格キャンプ場となるので料金が少し割高かなと感じました。サイト利用料金はハイシーズンを除き、オートサイトAが8,000円、Bが6,500円、Cが5,000円に加えて環境保全費300円が人数分です。

    ミドルシーズンで1泊10,000円近くといった感じになります。さらにチェックインが14時と少し遅めなのでアーリーチェックインをしたいところですが、1時間1,000円かかります。

    例えば、Bサイトで4人家族、2時間前にアーリーチェックインした場合、合計すると9,700円とやはり割高感は否めません。

    デメリットもグルキャンだと安くなる!

    IMG_7851

    料金の高さをカバーするのにぴったりなのがグルキャンです。メリットで紹介したように、区画サイトの広さを生かしたグループキャンプだと料金もお得でした。

    先ほどの例だと、大人2人子供2人の家族で利用した場合、2時間のアーリーチェックインを追加してトータル9,700円となりますが、同じ条件の4人家族が2家族のグループで参加した場合、先ほど同じ9,700円に車2台目以降の1,000円と、もう1家族分の環境保全費300円×4人=1,200円が追加され、合計11,900円になります。

    これを2家族で割ると1家族が約6,000円になり、同じサイトでもグルキャン効果で約4,000円近くも安くなりました。

    雨の日のグループキャンプの過ごし方

    IMG_7835

    時間のかかる料理を作ってみる

    生憎の雨が降り続けていたキャンプですが、グループでのキャンプは特に時間が経つの早いもので気付けば夕方。雨キャンプなので料理に時間を使える絶好の機会なのかもしれません。

    IMG_6772

    今回の夕食はダッチオーブンでじっくり煮込む焼豚。朝食は友人パパがどうしてもやってみたかったと言うカップヌードルチャーハン。どちらもアウトドアにぴったりなキャンプ飯です。

    ダッチで焼き豚!ご飯がすすむ焼き豚丼と煮卵

    IMG_7893

    【焼豚レシピ材料】

    • 豚肩ロース2本(トータル1㎏程度)
    • しょうが適量
    • ニンニク3-4片
    • 味噌大さじ2
    • 醤油200㏄
    • 老酒もしくは紹興酒もしくは酒200㏄
    • 200㏄
    • 砂糖大さじ6
    • はちみつ大さじ2
    • 人数分
    • サラダ油
    • 白髪ねぎ

    肉は豚バラブロックでも大丈夫です。大人4人、子供4人で900gでちょうどでした。

    事前に準備すること

    IMG_8279

    自宅で事前準備をしておくとキャンプ場でスムーズに料理が出来ます。

    タレ作り

    タレを用意します。醤油、酒、水、砂糖、味噌をボールなどに入れきちんと混ぜ合わせてタレ調味料は完成。

    豚肉ブロックをタコ糸で縛る

    煮込んだ焼豚が崩れないようにするため、タコ糸で縛ります。現地ではなく家で済ませておきます。

    ゆで卵をつくる

    焼豚と一緒に煮卵も作りたいので、ゆで卵を事前に用意しておきました。

    ダッチオーブン焼き豚の作り方

    IMG_7928

    プレヒートしたダッチオーブンにニンニク、ショウガを入れて炒め、香りを出し、豚肉を投入して焦がさないようにこんがり焼き上げます。

    蓋をして弱火で片面を40分ほど煮込んだら肉をひっくり返して、事前に準備した玉子を投入。蓋をして10分経ったら玉子もひっくり返し更に30分ほど煮込みます。

    仕上げ、トッピング

    IMG_7929

    焼き豚を両面煮込んだら、火を中火にして、はちみつを投入します。煮汁が半分程度になるくらいまで煮込んだら火を止めて、5分ほど放置したら焼豚のタコ糸を取りスライス。トッピングはネギを切り分け白髪ねぎなどを添えます。

    ご飯が止まらない焼豚丼

    IMG_6493

    ほろほろに柔らかくなって味の染み込んだ焼き豚は本当に美味しい。このまま食べても美味しいのですが、ご飯の上にスライスした焼豚を乗せて白髪ねぎを乗せて食べるとご飯がとまりません。一緒に煮込んだ煮玉子も素晴らしく美味しかったです。

    煮込みにどうしても時間がかかりますが、基本は放置しておけばいいので、テントに籠る雨キャンプにはぴったりなメニューです。

    朝食は余ったご飯でカップヌードルチャーハン

    IMG_8043

    今回ご一緒させて頂いたシェフパパが一度やってみたかった、カップヌードルチャーハン。YouTubeやSNSで話題になっており、キャンプにぴったりだということで朝食に。シェフパパが直火でワイルドに料理して下さったので、ワイルドチャーハンと命名。

    【 ワイルドチャーハン材料】

    • カップヌードル (旨辛豚骨)
    • 白米

    今回利用したカップヌードルは、ちょっとピリ辛なチャーハンを想定し「カップヌードル 旨辛豚骨」です。カップヌードルの原料に卵が入っているため今回は卵を使わずに料理。

    ワイルドチャーハン作り方

    IMG_8044

    作り方は非常に簡単。カップヌードルの中身をチャック袋などにまるごと入れて砕きます。その後カップに戻し、水を麺が浸るくらい入れます。フライパンに油をひき、茶碗2杯分の白米を炒め、砕いた麺とスープを入れ、水分が飛ぶまで炒めたら完成です。

    ワイルドチャーハンはキャンプにぴったり

    IMG_8051

    食べてみると、これまた美味しい!!味も見た目もしっかりチャーハンでした。旨辛豚骨なのでイメージ通りのピリ辛チャーハンです。卵を使ってないですが、見事に美味しく出来上がりました。

    ご飯の量によって多少味が変わるので、シェフパパが醤油で味を整えてくれていました。カップヌードル1個でお茶碗1杯半くらいがちょうど良さそうです。調味料なしでも十分に美味しいので、調味料なし、調理も楽、更に残り物のご飯が使える、まさにキャンプの朝にぴったりなメニューでした。また他の味も試してみたいです。

    キャンプ帰りは駒ヶ根エリア散策

    IMG_8119

    いなかの風キャンプ場から駒ヶ根インター方面に車で20分ほど走れば、駒ヶ根市の人気観光スポットがあります。駒ヶ根インターからも近いので帰りに立ち寄るのにおすすめです。

    ゆるキャン△の人気がすごい!

    IMG_8180

    駒ヶ根散策ではゆるキャン△の人気を実感しました。例えば、千畳敷カールのロープウェイ乗り場の近くに「ガロ」と言うソースカツ丼が有名なお店があります。ここはアニメの中で少し紹介されただけなのですが、すごい行列が出来ていました。

    昼時ではありましたが、周りにあるソースカツ丼が有名な明治亭などには行列はなく、「ゆるキャン△」に登場したことで聖地扱いされて人気だとのことです。また、駒ヶ根エリアのあらゆるところでゆるキャン△グッズやポスターを見かけました。

    ゆるキャン△の舞台になった早太郎温泉へ行ってみた

    早太郎温泉こまくさの湯

    中央道駒ヶ根インターから数分、駒ヶ岳千畳敷カールのロープウェイ乗り場の近くに、ゆるキャン△の舞台となった「早太郎温泉こまくさの湯」があります。露天風呂からは中央アルプス駒ヶ岳千畳敷カールと南アルプスの2つのアルプスを望めることができました。

    この場所は『ゆるキャン△』第9話 「なでしこナビと湯けむりの夜」で再現されており、アニメでは主人公の女の子達がJR駒ヶ根駅を利用して訪れていました。

    アニメと同じように早太郎温泉の休憩室で食べていたソースカツ定食を頼んでみました。温泉と食事がセットで1,100円と手頃な価格で、定食のソースカツ丼はサクサクの歯応えに少し甘めのソースが絡み非常に美味しかったです。カツの他にも味噌汁、サラダ、ヤクルトが付いて食べ応えがありましたよ。

    グループキャンプなら雨でも楽しい!

    IMG_8149

    結果的にはグルキャンのおかげで雨でも充実したキャンプになりました。やっぱりグループは刺激があって楽しい!そしてこの季節のグルメは最高!一日中降り続けた雨も夜中には止んで綺麗な星空が、翌朝には雪の帽子を被った中央アルプスの絶景も見ることが出来ました。

    帰りに立ち寄った駒ヶ根エリアで、アニメゆるキャン△の舞台、早太郎温泉でまったり出来たのも嬉しいポイント。今回で3回目のいなかの風キャンプ場でしたが、季節や天候、それにメンバーによって様々な楽しみ方ができて、改めてキャンプの魅力を再確認できました。

    startracking

    中部エリアを中心にキャンプにどっぷりはまっている2児の父親です。ゆるく楽しくをモットーに!!

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top