キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

火起こしをもっとスムーズに!モバイルバッテリー式の火起こし器が新発売!

火起こしをもっとスムーズに!モバイルバッテリー式の火起こし器が新発売!
みなさんは火起こしをどのように行っているだろうか。顔を真っ赤にしながら火吹き棒を吹いたり、右手や左手にうちわを持ち替えながら一生懸命に風を送っている姿をキャンプ場で目にすることもある。

そんな中、2021年3月に全く新しい火起こし器「フィンガーブラスター」が発売された。モバイルバッテリーで動き、効率よく火起こしができる製品の魅力を紹介していくぞ!

キャンプクエストNEWS速報

編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

    「フィンガーブラスター」の特徴

    ファイヤーブラスター-1

    電源がモバイルバッテリー

    ファイヤーブラスター-5

    スマートフォンの充電用にモバイルバッテリーをキャンプに持っていく方も増えている今、コンパクトで気軽に使える自動送風機として新たな可能性を提示。

    これまでにも電池式の送風機があるにはあったが、使わない期間が長いと液漏れの心配もあり、替えの電池などを用意していく手間が無くなった。

    3,000mAhのモバイルバッテリーで10時間の連続使用が可能で、フィンガーブラスターを数分使っても充電容量はほぼ減ることは無いのでご安心を!

    日本製のファンを使用

    ファイヤーブラスター-2

    日本製のファンを採用しているため、送風の音もとっても静か。電源の切り忘れを防ぐため、スイッチに緑色のLEDが点灯するようになっている。

    割り箸一本で炭に火をつけることができる威力!

    ファイヤーブラスター-4

    使い方はとっても簡単。電源を繋いでスイッチを入れ、火種に向けて風を送るだけですぐに火が大きくなる。

    空気を継続して送り続けられるので、初心者でも簡単に火起こしができる。炎のまわりが良くなるため面倒な着火剤も不要。夏の暑い中でも汗だくにならずスムーズに火を起こすことが出来る優れモノだ!

    フィンガーブラスター誕生のきっかけ

    ファイヤーブラスター-9

    これまでうちわや火吹き棒を使って火起こしをしていた製作者。労力に対してなかなか火が大きくならないことや、夏場のキャンプでの火起こしに苦戦していた。

    そこで、もっとスムーズに誰でも火起こしが出来れば今までよりキャンプが楽しめるのではないかと考え開発したのが「フィンガーブラスター」だ。

    これのおかげで今では火起こしが楽しめるようになったという。同じように苦労している方には、ぜひ試してほしいギアだ。

    割り箸1本とマッチ1本で火起こしチャレンジ!

    ファイヤーブラスター-8

    フィンガーブラスターでの火起こしに慣れてくると、割りばし1本とマッチ1本あれば炭に火をつけることが出来るとのこと。

    割り箸の袋に着火し、割り箸の上に炭を置く。そこにフィンガーブラスターで風を送れば、徐々に火が大きくなり炭に火がつく。上級者向けのやり方ではあるが、ぜひチャレンジしてみてほしい。

    製品仕様

    ファイヤーブラスター-10

    硬いブナの木を使い流線形のボディを形成。同じ形の厚さ1ミリのステンレスで挟み込んでいる。耐久性が高く押しやすいスイッチを用いている。

    材質 金属(ステンレス)・木・樹脂等
    サイズ 120 × 96 × 31(厚み) mm
    重量 280g
    消費電力 1.5W

    これから訪れるキャンプシーズン、今年は「フィンガーブラスター」を使ってスムーズな火起こしを体験してみては?

    小さい子供のいるファミリーキャンパーや、これからキャンプを始める人にもおすすめだ。

    キャンプクエストNEWS速報

    編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top