キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

桐ダンスがTシャツに?タフで汗に強いアウトドア専用T誕生!桐から生まれた天然素材にキャンパーが大注目

桐ダンスがTシャツに?タフで汗に強いアウトドア専用T誕生!桐から生まれた天然素材にキャンパーが大注目
キャンプやBBQで着る服装は、なるべく快適で、かつ汚れても気にならない丈夫なものを選びたい。

ここ数年では、職人さん向けの安価で取り換えがきくやる気ワクワク作業服専門店が人気を集めているが、もっとシンプルに「キャンプ後に汗をかいても快適なTシャツ、且つ街中で着ても違和感のないデザインのものが欲しい」という自然派キャンパーの需要を叶えるエコなTシャツが新たに登場した。

古きよき桐タンスの製造に使われている『桐』の端材を練り込んだ糸を丁寧に編み込み、丈夫で抗菌防臭、吸水速乾など機能性も抜群に仕上がった、自然環境にも優しいサスティナブルな桐糸Tシャツ「kiriT」の魅力を紹介していくぞ。

桐から生まれた多機能Tシャツ「kiriT」
\何も気にせず、着続けられる/
詳細はコチラ
キャンプクエスト編集部
株式会社noasobi

「キャンプは自由だ!最高だ!」と自然の中で過ごす快感、快楽に取り憑かれキャンプ沼にどっぷりハマった人が集まるキャンプクエスト編集部。趣味もキャンプスタイルも全員異なるが、共通点は日本キャンプ協会のキャンプインストラクターの資格を持っている事、キャンプを愛している事。時々、焚き火を囲い酒を飲みながら語り合う。

そもそも桐糸ってどんな素材?

桐糸って何?

アウトドア専用Tシャツ kiriT(キリティー)の名前の由来ともなっている「桐糸」とは、大阪で100年以上の歴史を誇る桐タンスのメーカー、株式会社留河が開発した全く新しい自然由来の素材だ。

廃材であった桐の端材をパウダーにして和紙に混ぜ込み、裁断、捩じり合わせて糸にすることで、桐と和紙の特徴を併せ持った糸が完成した。

桐の「防虫効果」「調湿効果」「脱臭効果」と、和紙の「抗菌性」「吸水性」「速乾性」、まさにアウトドアにぴったりな天然の多機能繊維と言えるだろう。

捨てられるはずだった桐の端材をリサイクル

桐の端材をリサイクル

桐糸の製糸に使われる素材は、桐タンスを作る際に余った桐端材から作られていることはお伝えした通り。

捨てられるはずだった素材が有効活用され、新しい価値を生み出すサスティナブル(持続可能)な取り組みは、今、全世界に広がる共通目標である新しい社会の有り方でもある。

私たちの世代だけでなく、未来の世代も美しい地球で平和に豊かな暮らしが続けられるように、環境と未来のことを考えている自然派キャンパーにとって注目の商品であることは間違いない。

kiriT(キリティー)の特徴

kiriT(キリティー)の特徴

自然に優しい素材から作られたキリティーは、そのコンセプトだけでなく実用性にも優れた機能を兼ね備えている。

消臭・調湿・吸水速乾などに秀でた「桐」の特性を活かしながら、アウトドアでも快適な着心地を追及したキリティーの特徴を紹介しよう。

桐の力で抗菌防臭

桐の力で抗菌防臭

キャンプやアウトドアに汗はつきものだ。特にこれから暑くなる季節、何もしていなくとも外にいるだけで汗が吹き出てくるような日もあるだろう。

そんな時に気になる汗臭さや、ニオイの発生源となる菌の増殖をキリティは抑制してくれる。その性能は第三者機関の抗菌検査でも合格済。

汗対策にTシャツを何枚も持って行ったり、なかなか着替えることの出来ないような場面でもキリティー1枚で大丈夫だ。

丈夫な生地だからアウトドアでガシガシ使える

丈夫な生地だからアウトドアでガシガシ使える

キャンプ中は薪を持ち歩いたり木の枝に引っ掛けたりなど、服に負担を掛けるような出来事に遭遇することも多くなるが、キリティーの桐パウダーが練り込まれた生地は非常に丈夫に作られているので細かなことを気にせずガシガシ使える。

キリティーの比較

一般的なTシャツと異なり、桐和紙が入っていることでしっかりとした材質に仕上がっており、1シーズンだけでなく長く使ってもヘタらない生地であることも安心できるポイントだ。

吸水速乾で肌ざわりもサラッと快適

吸水速乾で肌ざわりもサラッと快適

よくある綿100%の素材だと汗をかいた時にペッタリと肌に張り付いて不快感を伴う上に、乾きにくく必要以上に身体を冷やしてしまうので、「汗をかく季節のインナーには綿100%は避ける」というのはアウトドアを楽しむ人達の中で常識でもある。

キリティーは桐の特徴である吸水速乾に優れた素材だからこそ、夏の時期のアウトドアでも快適に過ごせる。何も気にせず「本気で遊べるTシャツ」という謳い文句は本物だろう。

快適に遊べるデザイン性

胸ポケット

キリティーは材質としての性能だけでなく、Tシャツとしての機能にもとことんこだわっている。その一つが胸元にあるポケット。

焚き火に薪を追加したり、靴の脱ぎ履きをする時など頻繁に前かがみになるキャンプでは、胸ポケットに入れているスマートフォンが落下して焚き火やクッカーにダイブする事故が頻繁に発生する(筆者の経験談)。

そのような悲惨なアクシデントを軽減させるために、ポケットの配置が少し低めに設定されている。ありがとう、キリティー。これで犠牲となるスマートフォンが減ってくれるんだね。

スライドスリット

そして個人的にすごく良いなと思った点が、前面より後側が若干長く作られていることで、屈んだ時のお尻のちら見えを防いでくれるところだ。屈んだり前のめりになる時って、後ろから見てるとお尻の割れ目ぐらいまで見えちゃってることって案外多いよね。

編集部の一人にいつも半ケツを出してる男がいるので、こういう優しさはとてもありがたい。男のケツなんて見たくないのに、お尻が出てると思わず見てしまうのは一体どういう条件反射なのだろうか。

このような細かな気配りは、アウトドア好き30人の声を元に、徹底して快適さにこだわった仕様にしてあるとのこと。サイドスリットが入っているから、裾がお腹周りでもたつくことも防いでくれるぞ。

信頼の国内工場生産

信頼の国内工場生産

キリティの製造は品質にこだわるために国内工場で、生地の編み立て・裁断・縫製・仕上げの全てを行なっている。職人さんたちの1枚1枚の丁寧な仕事によって、快適な着心地と上品なシルエットが実現しているのだ。

アウトドア専用Tシャツ「kiriT」の仕様について

アウトドア専用Tシャツ「kiriT」の仕様

それでは最後にkiriTの製品仕様について紹介しよう。袖の長さと、カラーバリエーション、サイズ感の3つを購入前に確認しておこう。

袖丈は半袖と長袖から選べる

半袖と長袖

春から秋まで長く使えるように半袖と長袖の2タイプが用意されている。

後ほどサイズの項目で詳しく紹介するが、半袖はほんの少しオーバーサイズに、長袖はアウターを考慮して少しジャスト目に作られているようだ。

アウトドアに馴染む3種類のカラーバリエーション

キリティーのカラー展開

色はホワイト、カーキ、ブラックの3種類。アウトドアだけでなく、街中で着ても浮かない色になっている。

それぞれの色にこだわりが見られて、ホワイトは真っ白ではない自然な生成(きなり)の風合いに、カーキはこなれ感のある若干ベージュがかったくすみ系のカーキ、黒もベタ塗りのような黒ではなく柔らかなブラックを意識している。

ユニセックスでゆったりしたサイズ感

女性サイズ女性 身長162cm / 左からS、M、L、XL

男小サイズ男性 身長163cm / 左からS、M、L、XL

男性大サイズ.j男性 身長183cm / 左からS、M、L、XL

  • S:小さめの男性・女性がオーバーサイズ気味に着用できるサイズ
  • M:170cmの男性がゆとりを持って着用できるサイズ
  • L:175cm~の男性がゆとりを持って着用できるサイズ
  • XL:180cm~の男性が着用できるサイズ

半袖が若干だけオーバーサイズ、長袖は「身丈」と「肩幅」がそれぞれ5mmほど短くジャストサイズになるように作られている。細かな点は下の表で確認して欲しい。

タイトルなし

kiriT(キリティー)の購入方法について

kiriTプロジェクト

キリティーは現在、クラウドファンディングのMakuakeから応援購入が可能だ。

5月19日からスタートした先行予約開始から、既に目標金額100,000円を突破し、100人以上のサポーターが集まる大注目のプロジェクトとなっている。

最大25%OFFの超早割はスタート開始直後に受付終了、早割分も定員目前となっているので、多機能なアウトドア専用Tシャツをお得に手に入れるなら締め切り前に急ごう!

桐から生まれた多機能Tシャツ「kiriT」
\何も気にせず、着続けられる/

詳細はコチラ

kiriTプロジェクト紹介

販売ページ

※こちらのプロジェクトは、2021年5月19日~6月19日までの期間限定となります。
※税込み・送料込の価格となります。
※ご注文状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。
※素材の特性上、寸法の多少の誤差は生じる可能性がございます。ご了承ください。
※商品の仕様、デザインに関しましては一部変更になる可能性もございます。
※その他、注意事項やクラウドファンディングのご利用に関してはMakuakeのプロジェクトページをご確認ください。
キャンプクエスト編集部
株式会社noasobi

「キャンプは自由だ!最高だ!」と自然の中で過ごす快感、快楽に取り憑かれキャンプ沼にどっぷりハマった人が集まるキャンプクエスト編集部。趣味もキャンプスタイルも全員異なるが、共通点は日本キャンプ協会のキャンプインストラクターの資格を持っている事、キャンプを愛している事。時々、焚き火を囲い酒を飲みながら語り合う。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top