キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

【蚊帳付き軍幕】OneTigris TANGRAM ULダブルテントはパップテント好きに超おすすめ!

ミリタリー系の軽量&実用性にこだわったギアを数多く販売しているOneTigris(ワンチグリス)から、新たに蚊帳付き軍幕テントが発売されましたよ!

その名もTANGRAM ULダブルテント!3シーズン対応で2人用、トレッキングポールを使った設営もできるので、コンパクト収納や軽量化にこだわるキャンパーにはもってこいの男前パップテントです。

今回、OneTigrisから直々にレビューしてくれと言われたので、ガチの本音レビューさせて頂きますよ!

OneTigrisについて

IMG_1081

Amazonを中心に各種ECサイトでも見かける頻度が増えてきたOneTigris。正式な読み方は「ワンチグリス(タィグリス)」で、ワンタイガーは間違い。中学校の歴史で習ったメソポタミア文明発祥の地、チグリス・ユーフラテス川のチグリスですね。

馬アイコン3
編集部

日本語読みだとチグリスだけど、正式発音はタィグリスが近いかな。「読み方教えて」って言ったら発音動画を作って送ってくれました。笑

中国のアウトドアブランドで、サバイバルゲームやミリタリー系のアウトドアギアを多く輩出しており、今回の新幕「TANGRAM ULダブルテント」もガッツリ軍幕仕様になっています。

配色もコヨーテカラーやODグリーンが好きな人にはたまらない色合いでしょう。うん、悪くない。悪くないよ。むしろ好き。男の子はみんなこういうの大好き。

OneTigris TANGRAM ULダブルテントのスペック

IMG_0906

設営サイズ 横幅220cm×奥行120cm×高さ130cm
※奥行は前室・後室で共に30cmほどプラスされます
収納サイズ 直径18cm×幅43cm
重量 約1,800g
※実測値は1,600gと表記より軽かったです。
定員 2人
耐水圧 1500mm
セット内容 メッシュインナーテント×1
フライシート×1
アルミペグ×10本、ガイロープ×6本
収納袋(ペグ・ロープ用 )
本体収納バッグ
材質 75Dリップストップナイロン

ポールは付属していないので、林間サイトの場合はリッジラインを張ってフライシートを吊り上げるか、トレッキングポールを代用、または手頃な枝や手持ちのポールを使って設営します。

この時点でもう「初心者お断り」感が出てますね。良いよ良いよ、この感じ。ポールが無い代わりに重量が軽くなってますし、コンプレッションバッグ等で圧縮すれば収納サイズも3分の2ぐらいになるのでバックパックの中にも全然収まります。

ULダブルテントの特徴でもあるインナーテントを排除してしまえばさらにコンパクトになりますね。逆にメッシュインナーだけでもタープ泊のモスキートネットとして使用可能です。使い方次第でどんなスタイルにも合わせられるなんて、これは優秀な気がしてきましたよ。

TANGRAM ULダブルテントの設営手順

IMG_0883

それでは実際に設営していきましょう!収納袋の背面にはコンプレッションベルトが付いており、引き締めればもう少し細くなります。

IMG_0884

大きさ比較としてはこのくらい。キャプテンスタッグのシングルマットと比較してこんな感じですが、中にポールが入ってないので縦方向も押し潰せばもう1サイズほどコンパクトになります。

IMG_0889

中身はこのような内容になっております。驚いたことに説明書が入っていません。どこまでも上級者仕様になっている感じがたまりませんね。

おかげで完全に勘で設営することになりましたが、きっと何とかなるでしょう。Amazonの商品説明に書いてある設営手順では以下のように案内されていますが、あまりにも簡略すぎてサッパリ分かりません。

◆組み立てる手順

  1. シートを広げ、対角順でしっかり張りながらペグで固定します。
  2. 登山杖やポールをシート両端の穴に通したら、地面に固定します。
  3. フライシート対角順にロープを張り、ペグで固定したら完成です。
  4. なるべく平らな場所を選ぶと、きれいに張ることができます。対角順にしっかり張って固定しましょう。

– OneTigris TANGRAM ULダブルテント 3シーズン 2人用

ひたすらな対角順に強いこだわりが見えますが、とにかく対角順に固定して行けば完成するみたいなので、それだけ守って設営してみます。

1.フライシートから設営する

IMG_6436

IMG_1073

インナーテントはフライシートに吊り下げる方式になっているので、まずはフライシートから設営していきます。ペグダウンは6ヵ所。最初に全て固定しても大丈夫だとは思いますが、この時は何も分からず不安だったので入口以外の4ヵ所で長方形型に広げてみました。

IMG_6426

付属ペグはアルミ製のY字ペグです。軽量ですが地面が硬い時はちょっと不安ですね。

IMG_6441長方形の四隅を対角順にしっかり張りながらペグで固定

IMG_1067

フライのループにテンション調整が可能なロープが付いているので、ペグに引っ掛けて固定しました。4ヵ所を長方形にペグダウンしたら、その後は入口部分をトレッキングポールで立ち上げます。

IMG_6442入口部分のファスナーを開くと…

IMG_1076ポールを差し込んで固定する箇所が出てくる

IMG_1077

入口部分にはトレッキングポールを固定する為の頑丈なループが付いているので、ポールの先端や木の枝などを使って立ち上げ、入口をペグダウンして固定します。これで一か所のポールが立ち上がりました。

IMG_1078もう片方の入口も同じようにポールで立ち上げれば…

IMG_1070ツーポールシェルターが完成!

IMG_1060

これでフライシートの設営完了です。ポールの長さは120~130cmが適正となっていますので130cmでセットしてみました。

このままシェルターとして利用しても良いですし、グランドシートを敷いて寝っ転がったら気持ちよさそうです。この日は天気が良く、日差しも強かったですが、両側の入口を開放すれば風が通ってとても快適でした。フライは75Dの厚みがあり、遮光性・遮熱性も抜群です。

2.インナーテントを吊り上げる

IMG_0890

フライシートの設営が完了したので、次はメッシュインナーテントを設置していきます。

インナーテントは全面メッシュになっているので夏場にぴったりですね。蚊や虫から身を守りながらも通気性は最高です。ロープ等で吊り上げれば単体設営も可能。夏場にはこれとタープだけでも気持ち良さそう。

IMG_1057

先ほど設営したフライシートの中に置いて、入口、四隅、天井をそれぞれ固定していきます。

IMG_1058入口部分はゴムフックでポールに固定

IMG_0895

インナーテントの四隅は、浸水したり砂や土が入ってこないようにバスタブ状に外周が立ち上がる仕様になってます。しっかり考えて作られていますね。

IMG_6466フライシート裏面のDリングにフックを引っ掛ける

IMG_0919あとはフライで吊り上げ

IMG_0914入口部分の一番高い位置にあるフックも…

IMG_1072同じように天井部分のOリングに引っ掛けるだけ

IMG_0915

フライシートが設営できればインナーテントは引っ掛けて吊るすだけ。1、2分で完成します。めちゃくちゃ簡単でした。

IMG_6468

最後に全体的な張り具合を調整してTANGRAM ULダブルテントの設営完了です!

3.TANGRAM ULダブルテント完成

IMG_1062

IMG_1063

いかがでしょう。説明書が無くても、意外とキレイに設営出来ちゃうものですね。慣れてくれば5分~10分程度でインナーテント含めた設営ができると思います。

内部は思ったより高さがあり、一人であればかなり快適に過ごすことが出来ます。寝るだけだったら二人でも余裕ですね。両側に出入口があるので、夜中に起きてトイレに行くときも寝ている相方の上を跨いでいく必要はありません。

IMG_0900テントの張り具合を確認するカメラマン

正しい設営方法を動画でチェック!

IMG_6487

この段階まででも問題は無かったのですが、実はOneTigris TANGRAM ULダブルテントの本領を発揮するためには、もう一段階のステップがありました。

テントに同梱されているロープを使い、フライシートのループから地面にペグダウンすることで、テント入口の両扉をオープンにしたり、更にはインナーテントをペグダウンすることでフライの片側をフルオープンにした「夏のキラキラお星さま仕様」にすることが可能だったのです。

フライシートをオープン引用:Amazon

カッコイイな、これ!!

いやー、これは気が付きませんでした。「なんかロープ余ってっけど、予備かな?」とか言ってましたが、本来であればこんなスタイリッシュに設営できたんですね。これはちゃんと情報を確認しないキャンプクエストの編集長が悪い。反省して頂きたい。

正しい設営手順を動画で確認

TANGRAM ULダブルテントの特徴

IMG_0929

ここまででOneTigris TANGRAM ULダブルテントの魅力は十分に伝わったかと思いますが、改めて細かな特徴を見ていきましょう。

  • インナーが全面メッシュの蚊帳仕様で夏は快適
  • ファスナーはYKK製
  • ソロキャンプに快適な広さ
  • 二人キャンプでも問題無し
  • フライだけのツインポールシェルターとしても使用可能
  • インナーテントをモスキートネットに代用できる
  • とにかく軍幕スタイルが格好良い
  • それでもやっぱり結露はする
  • テンション調整のロックが緩い
  • リッジラインが張れるならポールも不要
  • 設営が簡単な上に軽量コンパクト収納

メリット・デメリット両方ありますが、これらを理解した上で購入を検討してみて下さい。

インナーが全面メッシュの蚊帳仕様で夏は快適

IMG_0944

インナーテントは全面メッシュの蚊帳仕様になっているので、夏場の虫が多い時期でも入口を広げて涼しく快適に眠れます。もちろん寒さの厳しい冬は辛くなりますが、軍幕スタイルのテントを買う人なら冬場の防寒対策は慣れている人も多いでしょうから、覚悟していれば大きなデメリットにはならないかも知れませんね。

ファスナーはYKK製

IMG_0931

インナーテントのファスナーは安心のYKK製なので大きな不満はありません。噛み合わせも良好で開け閉めもスムーズです。

ソロキャンプに快適な広さ

IMG_0932

IMG_0941

内部はソロキャンプに十分な広さですね。入口には狭いながらも前室・後室があるので、靴や荷物を置いたり、ガスバーナーでお湯を沸かしたりすることも可能。

二人キャンプでも問題無し

20200617_120403

IMG_0937

中で寝るだけであればデュオキャンプでも問題の無い広さです。両サイドオープンに出来るので出入りが楽なのも良いですね。イビキをかく人と一緒に寝たら眠れない夜を過ごすと思いますが、恋人同士にはぴったりの親密な距離感です。親子キャンプにも使えます。

フライだけのツインポールシェルターとしても使用可能

IMG_1059

フライシートだけでもシェルターとして使えるので、より荷物をコンパクト&軽量化したいULキャンパーにもぴったりです。

フライシート単体の重さは実測で666.5グラム。収納サイズもおよそ半分になります。

インナーテントをモスキートネットに代用できる

IMG_6435

逆にインナーテントだけを蚊帳として使用することも出来ます。天井は吊り下げ式なので、単体設営というよりはタープの下にロープを張って設営したり、ポールとロープをうまく固定できればモスキートネット代わりに十分使えます。

こちらのインナーテント重量は実測で700.9グラムでした。ウルトラライトの名に恥じない軽さです。

とにかく軍幕スタイルが格好良い

IMG_0957

こういうスタイルが好きな人なら、これだけで「買い」じゃないかと思います。男前な軍幕テントが好みなら大満足のシルエットでしょう。

インナーテントを外してフライのサイドを跳ね上げてしまえば、人気のパップテント跳ね上げスタイルを作ることもできます。

それでもやっぱり結露はする

IMG_1050

IMG_1051

ダブルテントと言っても、インナーはフルメッシュなのでシングルウォールと一緒のようなものです。どうしたって結露はつきものですね。

テント設営の実践地が「ふもとっぱらキャンプ場」という結露不可避のキャンプ場でしたので、朝晩の気温差と草地の影響によりびっしょり濡れてます。前後の入口をオープンにしておけば風が通るので昼前には乾いてくれましたよ。

テンション調整のロックが緩い

IMG_1075

少ないデメリットの中で、一番気になったのはこちらのテンション調整器具でした。

ロック機構が緩いのか、対角順にテントの張り具合を調整しようと強めに張ると、反対側のロックが緩んでしまうことが何度かありました。どうしても気になる場合はもう少しだけ太いロープに交換しても良いかも知れません。

リッジラインが張れるならポールも不要

ポールを使わない設営方法提供:OneTigris

この外人さんカッコ良すぎだろ!!

すみません。思わず本音が漏れてしまいましたが、サイトの環境次第ではリッジラインを張ることでポールを使わない設営も可能です。林間の設営がバッチリ似合っていますね。

生まれ変わったらこの人になりたいです。

設営が簡単な上に軽量コンパクト収納

IMG_0886

IMG_6463

コールマンのツーリングドームSTと比較してもこのサイズ感です。まさにバイクツーリングやバックパックキャンプに最適なテントと言えますね。

完全に初心者の方だと苦労するかも知れませんが、ワンポールテントやシェルターテントなどの設営経験がある人なら問題は無いはずです。トレッキングポールでなくとも高さ調整が可能なポールをお持ちなら問題有りません。

蚊帳付き軍幕を探してるならTANGRAM ULダブルテントはおすすめの一品

IMG_0951

実際にTANGRAM ULダブルテントで一泊してみましたが、想像していたよりも内部は広くて非常に快適でした。

横幅が220cmあるので大きめのコットを中に入れることも可能ですし、テントの下にグランドシートを敷かないで寝てみましたが、マットからずれて直に寝ていても多少の湿り気を感じる程度で、それほど気になることはありませんでした。

こちらの「OneTigris TANGRAM ULダブルテント」は既に国内販売も開始されていますが、執筆時点(2020年6月末)では在庫切れ状態。7月下旬頃に再入荷の予定ということなので、他キャンパーと被りたくないこれからの時期の軍幕ハーフシェルターを探している人にはぴったりのテントですよ!

その他の商品もチェック

IMG_6488

OneTigrisはTANGRAM ULダブルテントの他にもミリタリーの雰囲気が好きな人にぴったりなアウトドアグッズを多数販売しています。

軽量かつコンパクトで品質にもこだわった安価なキャンプギアをお探しなら、OneTigrisは見逃せないブランドになること間違いなしです!

CAMP QUEST編集部

納期に追われながら夢を追いかける日々。ニンジンが好き。こう見えてキャンプインストラクター資格保持者。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top