キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

まさかの寺キャンプ!?日本初のお寺併設キャンプ場「Temple Camp大泰寺」がオープン

まさかの寺キャンプ!?日本初のお寺併設キャンプ場「Temple Camp大泰寺」がオープン
全国に7ケ寺の宿坊『お寺ステイ』を運営する株式会社シェアウィングは、和歌山県にある開創1200年の臨済宗妙心寺派大泰寺とともに、日本初のお寺併設キャンプ場「Temple Camp大泰寺」を2021年6月初旬にグランドオープンする。

お寺ならではの普段は経験できないプログラムがたくさん用意されているので、いつもとは違う特別なキャンプになること間違いなし!

キャンプクエストNEWS速報

編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

    大泰寺ってこんなところ

    大泰寺について引用:大泰寺

    世界遺産・熊野古道沿いに位置する大泰寺。比叡山の開祖、最澄が約1200年前に開創した歴史のあるお寺だ。

    樹齢100年を超える樹々に囲まれているため、夜は灯りも少なく真っ暗。晴れた日には満天の星空が期待できる。自然も多く、虫の合唱が心地よいBGMとなる。

    裏山の山頂からの眺めは最高で、敷地内の竹林を抜けると川沿いに出ることもできる。豊かな自然に囲まれた癒しの空間が広がっている。

    大自然に癒されるキャンプサイト

    大自然に癒されるキャンプサイト引用:大泰寺

    大泰寺では2019年から1日2組限定の宿坊を運営しているが、今回オートキャンプを4区画、車(キャンピングカーも可)で車中泊ができるRVパークを4区画新設した。

    キャンプサイトが常設されたお寺は日本初。わざわざ足を運びたくなる、魅力にあふれたキャンプ場だ。

    大泰寺で出来る体験

    リバーサイドサウナ

    リバーサイドサウナ

    テント型のサウナが河原に設置されていて、1日3回、2時間ずつのタイムテーブルが用意されている(予約制)。

    サウナで温まった後は、水風呂代わりの川でリラックス。サウナ好きの方もあまり経験のない方も、大自然の中でかく汗は気持ち良いはず!

    坐禅体験

    座禅体験

    坐禅とは、姿勢を正して座り、精神統一させる事で自分と向きあう禅宗の基本的な修行法。

    坐禅をすることで心を落ち着かせ、高いリラックス効果が得られると近年注目されている。はじめは姿勢を正して座るだけで大変な人も、ペースを合わせて進めてくれるのですぐに集中して取り組めるようになるという。

    体験時間は基本1時間だが、ファミリー向けに30分のプログラムもあるので、子供と一緒に参加するのも良い思い出となるだろう。(随時開催、参加費1,000円)

    写経体験

    写経体験引用:大泰寺

    写経とは、その名の通りお経を書き写すこと。丁寧に1文字ずつ書き写していくたびに雑念が払われ、心が穏やかになると言われている。日常様々なストレスの中で生活している人にこそ、ぜひ体験してほしい。

    手書きで文字を書くことは指先を使うので、脳の活性化につながるという研究結果もあるそうだ。(随時開催、参加費1,000円)

    朝粥体験

    朝粥体験引用:大泰寺

    仏教の世界では約2,000年前からお粥の効果に着目されている。温かいお粥は血行を良くし、体の内側から健康を作ることが出来る。禅宗独特の食べ方も指導してくれるので、1日の始まりにもってこいのプログラムだ。(随時開催、参加費1,500円)

    Temple Camp大泰寺の概要

    大泰寺でキャンプ

    チェックイン 14:00~18:00
    チェックアウト 12:00
    利用料金 オートサイト、RVパークともに 3,000円(税込み)
    区画 オートサイト、RVパークともに 10m×10m(100㎡)
    共通設備 トイレ、洗面所、入浴施設(¥200/人)、焚き火可、ゴミの引き取り有り、ペット可、薪販売有り(¥300/束)

    お寺という環境でしか体験できないプログラムが多数用意されている「Temple Camp大泰寺」。

    周辺の世界遺産・熊野古道や那智の滝を散策するのも良し、敷地内でゆっくりとした時間を楽しむのも良し。朝はお寺の鐘つき体験もできるので、早起きして充実した1日を過ごそう。

    キャンプクエストNEWS速報

    編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top