キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

ソロキャンプと相性抜群!アルコールストーブを使ったレシピ紹介

暑い夏が終わり、涼しい季節がやってきました。汗も書きにくいし、虫も少ない。暑がりの私にとっては絶好のキャンプの季節です。私は、最近ソロキャンプを楽しんでいます。

ソロキャンプの良いところはなんといっても、すべて自分のペースで進めることができるところ。思い立ったらすぐに出発できますし、好きな時に好きな物を好きなだけ食べられます。時には、何もせずにボーッとするのもいいですよね。

ところでソロキャンパーの皆さん、火器は何を使っていますか?ガスでしょうか、それとも焚き火ですか?ソロキャンプと相性が良い火器とは一体何でしょう?私が思うに今回ご紹介するアルコールストーブはソロキャンプとの相性がとても良いと思います。

今回はアルコールストーブの便利さを紹介するとともに、それを使った簡単レシピを紹介していきます!

まっつん

旅、アウトドアを愛する関西人。趣味は旅行、キャンプ、クライミング、登山など。夢は、いつか世界中を旅しながら、キャンプしたりして自由に生きる事。

アルコールストーブがソロキャンプと相性が良いわけ

/アルコールストーブ本体-1024x684

まず初めに、アルコールストーブとは、どのような火器なのでしょうか?

その構造は実にシンプル。金属製の入れ物に、燃料のアルコールが入っているだけ。そして使い方も、とっても簡単です。蓋を開けて中のアルコールに火をつけるだけ。全てがシンプルです。また、構造がシンプルなので、アルミ缶等で自作することもできます。

さて、そんなアルコールストーブですが、先ほどお話した通り、ソロキャンプとの相性が抜群なのです。なぜ、ソロキャンプとの相性が良いのでしょうか?その理由は大きくわけて3つあります。

軽量コンパクトである

/軽量コンパクト-1024x684

アルコールストーブの最大のメリットといえば、なんといってもその軽量コンパクト性にあります。大きさは手のひらサイズ。重量はメーカーによって差があるものの、軽いもので30g、重いものでも100g程度と非常に軽量に設計されています。

それに加えて、燃料のアルコールは小分けにできるので、必要な分だけ持っていくことができます。ガス缶など、他の燃料は小分けにできないので、これは嬉しいですね。

ちなみに、50g程度のアルコールでアルコールストーブ内が一杯になるのですが、その状態で約25分間燃焼します。25分間もあれば今回ご紹介するレシピは作ることができますし、その他の料理も大概は作ることができます。つまり1食作るだけのキャンプであれば燃料含めて80~150g程度ですむという、圧倒的な軽量性を持つのです。

壊れにくい

/単純で壊れにくい設計のアルコールストーブ-1024x684

ソロキャンプで頼れるのは自分だけ。火器が壊れてしまっても、友達の物を借りるということはできません。壊れにくいというのは実は重要だったりします。先ほど説明したように、アルコールストーブの構造はとてもシンプルです。ぶつけてしまって凹むことがあっても、使えなくなってしまうということはまずありません。

燃料が手に入りやすい

/アルコールストーブ用燃料-1024x684

ガス缶って、アウトドアショップでないと売っていなかったり、メーカーごとにカートリッジが違ったりと意外と面倒ですよね。しかし、アルコールにはそういった煩わしさはありません。薬局やスーパーで売っている消毒用アルコールを使用しても問題ありません。うっかり燃料を忘れてしまったり、近くの薬局で燃料調達が可能なのです。

他の火器と比較して火力が弱かったり、火加減調整が難しかったりする部分もありますが、火力は一人分の調理なら十分ですし、火加減も慣れてしまえば問題ありません。「軽量コンパクト、タフ、燃料が手に入りやすい」と三拍子そろったアルコールストーブは、ソロキャンプにぴったりと言えるでしょう。

そして、せっかく火器がコンパクトになったなら、その他の調理器具もコンパクトにしたいですよね?ということで、今日はクッカー1つでできて、火力もアルコールストーブで十分可能な楽チンレシピを3つご紹介します。

クッカー1つでできる!楽チンレシピ

ミルクスープパスタ

/アルコールストーブで作るミルクスープパスタ-1024x682

【材料】

  • 牛乳 125ml(1パック)
  • パスタ 1人前
  • ベーコン 1枚
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 塩 少々
  • 顆粒コンソメ 少々
  • コショウ 少々
  • オリーブオイル 少々
  • ニンニクチューブ 小指の先くらい
  • 粉チーズ (お好みで)
【作り方】
※前準備
パスタをジップロック内で水と一緒に入れておく。こうすることで、茹で時間を短縮できます。さらに、パスタの食感がモチモチになります。

  1. ベーコン、玉ねぎを細切りに切る
  2. 熱したクッカーにオリーブオイルを引き、ベーコンと玉ねぎを炒める
  3. 玉ねぎがしんなりしてきたら、牛乳、パスタを加える
  4. 顆粒コンソメ、塩、コショウで味を整える
  5. パスタが茹で上がったら完成。お好みで粉チーズをトッピングする

通常のパスタだと、茹で汁の処理に困りますし、クッカーも麺を茹でる為のもの、ソースを作る為のものと、2つ用意する必要があります。しかし、スープパスタなら茹で汁を有効活用できる上に、クッカーも1つだけで済むので簡単に調理できます。

それに、これからの寒い季節は、スープを飲むことで体がポカポカに温まるのでオススメですよ。

ほうじ茶で作るサツマイモご飯

/ほうじ茶で作るサツマイモご飯-1024x512

【材料】

  • 米 1合
  • サツマイモ 1/2本
  • ほうじ茶 200ml
  • 塩 少々

【作り方】

  1. サツマイモを、さいの目切りにする
  2. 米、サツマイモ、塩、ほうじ茶を一つのクッカーに入れる
  3. 強火で約5分、ボコボコと白い泡が吹き出てきたら弱火にする
  4. 弱火で15~20分程度経つと、パチパチという音とともに香ばしい匂いがしてきたら火を止める。その後10分程度蒸らせば完成

※アルコールストーブの弱火は、火が偏ってしまうので火にかけてから15分くらいしたら、クッカーを180度回転させると綺麗に炊き上げることができます。

サツマイモがおいしいこれからの季節にオススメのレシピ。サツマイモをさいの目切りにするのがポイントです。コロコロとした食感が食べ応えあって美味しいです。また、ほうじ茶で炊き上げることで、お米全体に香ばしい味わいが広がります。

お塩は炊き上げる前にほうじ茶と一緒に入れてもいいですが、あとから入れた方が味の調整がしやすいので、慣れていないうちは、後入れがオススメですよ。

ポークビーンズ

/アルコールストーブで作ったポークビーンズ-1024x682

【材料】

  • 豚肉
  • トマト缶
  • 大豆水煮
  • ニンジン 1/4
  • 玉ねぎ 1/4
  • ニンニク 一欠片
  • オリーブオイル 少々
  • 塩 少々
  • コンソメ少々

【作り方】

  1. ニンジン、玉ねぎ、豚肉を全て一口大にカットする
  2. 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて熱する。オリーブオイルにニンニクの香りがついたところで①の材料を入れて炒める
  3. 材料全てに火が通ったところで、トマト缶、大豆水煮を入れて煮込む

キャンプ飯って、意外と栄養が偏りがちなんですよね。しかも、ご飯を簡単にしようと思うとなおさら。でも、これならたっぷり野菜を取れるし、栄養抜群です。

少し余裕がある時は、お米とチーズを入れてリゾットにしたり、パスタに絡めて食べたりしても美味しいですよ!

アルコールストーブでソロキャンプ料理を楽しもう!

色々な調理器具を持って、凝った料理をするのもキャンプの楽しみかたの1つ。でも、ソロキャンプだとなかなかそうはいきませんよね?最低限の荷物だけ持って、気が向いた時にいつでもキャンプに出かけることができる。そんなスタイルにピッタリなのがアルコールストーブです。

今回ご紹介したレシピは、どれもアルコールストーブとクッカー1つ完成しちゃいます。皆様もアルコールストーブお供に、身軽にキャンプに出かけてみませんか?

まっつん

旅、アウトドアを愛する関西人。趣味は旅行、キャンプ、クライミング、登山など。夢は、いつか世界中を旅しながら、キャンプしたりして自由に生きる事。

back to top