無骨でおしゃれな電球スタイルのLEDランタンでおうちキャンプにも彩りをプラス

無骨でおしゃれな電球スタイルのLEDランタンでおうちキャンプにも彩りをプラス

有限会社だいだいのキャンプギアブランド「YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)」は、2021年8月5日からレザーシェード付きのLEDランタン「AfterGlow」の販売を開始した。

本革の渋い雰囲気の中に光る洗練されたデザインは、おうちキャンプの時に丁度いい光量でムードを盛り上げてくれる。もちろんテント内の室内灯としても使えそうだ。

  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

ライフスタイルに渋さを演出

AfterGlow3

ランタン本体の素材はアルミ合金だが、見た目はエイジングの進んだ真鍮やブロンズのような印象を受け、重厚感がある。本体と別になっているシェードは本革製でこちらもずっしりしており、革特有の経年変化も楽しめるだろう。

合わせて使うと非常に良い「渋さ」が演出されており、家の中でもキャンプシーンでもいい働きをしてくれそうだ。

明るさは80ルーメンと昨今のLEDランタン系ではそこまで明るい方ではなく、サイト全体を照らすというよりはちょうどいい明るさでムードを演出するタイプのランタンとなっている。

防水性も高く壊れにくいので屋外でも安心

AfterGlow4

防水レベルはIP44と表記されており、数字の十の位は防塵性能、一の位は防水性能を表している。防塵性能の4は「直径1.0mm以上のワイヤーや固形物体が内部に侵入しない」となり、砂利が入り込まないといった程度。

一方で、防水性能は4の「いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない」となっており、雨程度であれば心配はいらなさそう。さすがに浸水には対応していないのでご注意を。

電球部分は車のヘッドランプでも使用されている「ポリカーボネート」を採用。低温にも高温にも耐えられ屋外利用に最適な上に、壊れにくいのが特長だ。

結構助かる「電池式」

AfterGlow5

筆者が意外と評価しているのは電池式であるということ。コストパフォーマンス面では充電式に軍配は上がるが、充電を忘れて使えないという時にはただのお荷物になってしまう。そのためにモバイルバッテリーを持ち運ぶのも荷物が増えて億劫である。

電池式であればキャンプ場の売店でも電池が売られているケースは多く、いざという時に助かる。ちなみにメインは充電式、サブは電池式と分けておくことでコスパも落としすぎず、リスクも減らせる。

たったひとつのアイテムで雰囲気はガラッと変わる

AfterGlow6

おうちキャンプやベランピングを楽しもうと思うと、雰囲気作りが重要になってくる。明るさ重視のLEDランタンは非常に便利だが、やっぱり雰囲気を出すのであれば「AfterGlow」の様な渋めのランタンが向いているだろう。

もちろん防水性能も抜群なことからもアウトドアに連れ出してもOK。テントの中だけではなく、ランタンハンガーにぶら下げてサイトの目印にするのもアリだ。

商品概要

名称 AfterGlow(アフターグロー)
販売予定価格 4,580円(税込)
サイズ Φ5.5cm×16.5cm
重量 約140g
明るさ 80ルーメン
連続点灯時間 約13h – 15h
防水レベル IP44
ヤエイワーカーズ ランタン ソロキャンプ キャンプファイヤー アウトドア用品 おしゃれキャンプ グランピング ギフト BBQ バーベキュー
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂