LOGOSのスタックコンテナに組み合わせて便利に使えるオプションシリーズ4種が新発売

LOGOSのスタックコンテナに組み合わせて便利に使えるオプションシリーズ4種が新発売

LOGOSの「スタックコンテナ」シリーズや「たためるストロングコンテナL」、その他クーラーボックスなどと組み合わせて使える4つのアイテムが登場した!

コンテナの下に敷いて本体を汚れから守るアイテムの他、コンテナに取り付けてテーブルにするアイテムなど、組み合わせることでコンテナの使用幅が広がるサブアイテムたち。コンテナの役割を収納だけにとどまらせておくのは勿体ないぞ!

  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

LOGOS コンテナ・ウッドスリーパー(4pcs)

スタックコンテナオプション_10

コンテナやクーラーボックスの下に敷いて使用できるウッドスリーパー。コンテナを直置きせずにウッドスリーパーの上に乗せることで、底面が砂や泥、芝生の水滴で汚れるのを防ぎ、地熱や湿気から中の荷物を守り、清潔を保てる。

またスタンドとは違い背が低いので、ロースタイルでキャンプを楽しみたい時にもおすすめだ。

スタックコンテナオプション_2

ウッドスリーパーは4つのパーツに分かれているので、置き方次第で様々な大きさの荷物を乗せられる。バケツやジャグなど底面が丸い形状の物と合わせて使うこともできるだろう。

製品名 LOGOS コンテナ・ウッドスリーパー(4pcs)
価格 4,950円(税込)
総重量 (約)380g
サイズ (約)幅20cm 奥行4cm 高さ8cm
主素材 木集成材

LOGOS コンテナ・デスクボード

スタックコンテナオプション_3

「スタックコンテナ」シリーズや「たためるストロングコンテナL」にぴったりのデスクボード。ボードは木製素材を使用し、品質を重視した日本製。さりげないLOGOSのメープルマークがポイントだ。

スタックコンテナオプション_4

収納として使っているコンテナボックスも、設営後にデスクボードをセットすればテーブルに早変わり。別でテーブルを持参する必要がなくなるので、できるだけ荷物を減らしたい時にもおすすめだ。

製品名 LOGOS コンテナ・デスクボード
価格 4,290円(税込)
総重量 (約)1.6kg
サイズ (約)幅54cm 奥行36cm 高さ1.2cm
主素材 木集成材

LOGOS コンテナ・デスクボード ハーフ

スタックコンテナオプション_5

こちらはコンテナ・デスクボードのハーフサイズ。

スタックコンテナオプション_6

ハーフサイズ1枚で使用すると、コンテナの半分は開いた状態なので中の物を取り出しやすくなる。2人キャンプなら2枚用意してそれぞれで使うのも良いだろう。

調理した食事を運ぶためのおぼん代わりにも使えそうだ。

製品名 LOGOS コンテナ・デスクボード ハーフ
価格 2,970円(税込)
総重量 (約)640g
サイズ (約)幅31.5cm 奥行25.2cm 高さ1.2cm
主素材 木集成材

LOGOS コンテナ&ツールスタンド

スタックコンテナオプション_7

ツールスタンドは、コンテナやクーラーボックスを乗せるスタンドとして使えるだけでなく、スツール代わりに座ることもできるアイテム。
耐荷重約80kgなので重たい物を乗せても安心だ。

スタックコンテナオプション_8

汚れを防げるのはもちろん、クーラーボックスを直置きせずに地面から離しておくことで、地熱により保冷効果が下がってしまうことも防げる。

スタックコンテナオプション_9

折り畳めば薄さ約2cmとスリムになる。「スタックコンテナ」をお持ちであれば、中に収まるサイズ感なので運搬もしやすいだろう。

製品名 LOGOS コンテナ&ツールスタンド
価格 2,090円(税込)
総重量 (約)700g
サイズ (約)幅48cm 奥行25cm 高さ20cm
収納時:(約)幅48cm 奥行30cm 高さ2cm
対荷重目安 (約)80kg ※静止荷重
主素材 フレーム:スチール
生地:ポリエステル(PVCコーティング)

4種のオプションでコンテナの使用幅を広げよう!

LOGOSのコンテナシリーズのオプションとして登場した4種だったが、サイズが合えば別のコンテナにも合わせて使いたいアイテムだ。

オプションを組み合わせて、お手持ちのコンテナの使用幅を広げてみてはいかがだろうか。詳細は公式サイトでチェックしよう!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂