BE-PAL×CHUMSコラボ!BE-PAL10月号は進化した鋳鉄製ミニスキレットが特別付録

BE-PAL×CHUMSコラボ!BE-PAL10月号は進化した鋳鉄製ミニスキレットが特別付録

キャンパーおなじみのアウトドア雑誌「BE-PAL」は、これまたおなじみのアウトドアブランド「CHUMS」とコラボしたスキレット「鋳鉄製スキレットmini Ⅱ」を付録したBE-PAL10月号の販売を2021年9月9日(木)から開始した。

以前にもコラボしてスキレットを付録にしたことがあったが、今回はその時の進化版。進化したスキレットはもちろん、内容も充実の一冊となっているようだ。

8.5cmの本格スキレットに注ぎ口を追加!

BEPAL202110

前回も付録として好評を博した「鋳鉄製スキレットmini」は、直径8.5cmとなっており、名刺やクレジットカードの長辺と同じくらいと結構小さい。

鋳鉄製で直火でもOKな本格派ということから、ソロキャンプでのメインクッカーだったり、グループキャンプでのサイドディッシュだったりで活躍する。

今回はその後継機ということで、取手と垂直に注ぎ口が2箇所追加されており、利便性がアップ。スキレットで作ったソースを掛け入れる時や、はちみつナッツをパンにかける時に注ぎやすい。

ちなみに筆者宅ではネジ入れとして活躍しており、そこそこの重量があるので調理以外でもペーパーウェイトや小物入れとして使うのもオススメだ。

ブービーバードの刻印がかわいい!

BEPAL2021102

もはや恒例となっているブービーバードの刻印。スキレットでホットケーキを作るとブービーバード柄がつくので非常にキュート。

とはいえスキレットでホットケーキを焼くのは意外と難易度が高いので、ブービーバードがナウシカの巨神兵のようにならないように気をつけて焼いてほしい。

本編の大特集は「自転車ライフ 虎の巻」

BEPAL2021107

コロナ禍では密になりにくいレジャーとしてキャンプがブームになっているが、同じくらい盛り上がっているのが自転車業界。自転車産業振興協会によると、2020年の自転車販売台数は前年対比で+2.8%となっており、特にスポーツタイプは+13%と大躍進。

電車通勤から自転車通勤に切り替えた方や、自転車でキャンプに行くようになったという方も多く、これからもその流れは続きそう。この秋は自転車ライフ虎の巻を読んで自転車に挑戦してみては?

お家でも使いたい鋳鉄スキレットは本誌と合わせてマストバイ

BEPAL2021105

アウトドアで使えるのはもちろん、自宅でもディップ用カップや小物入れとしても活用方法がある「鋳鉄製スキレットmini Ⅱ」。本誌にはスキレット料理のレシピが25種類も紹介しているのも合わせて、料理好きキャンパーなら目が離せない。

コラボ商品は売り切れ必至なので購入はお早めに!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂