食卓で炭焼き料理が楽しい!「1,000円台」で買えるBUNDOKの俺用七輪レビュー

食卓で炭焼き料理が楽しい!「1,000円台」で買えるBUNDOKの俺用七輪レビュー

自宅のテーブル上で炭焼きが楽しみたい!あの炭の香りがついた料理が食べたい!どうせならキャンプでも…そんな理由から購入したBUNDOK(バンドック)の「俺用七輪」。

焼き鳥、ホタルイカの炭焼き、ひものなど、炭焼きといったら頭に思い浮かぶ食材を目の前で焼いて楽しむことができます。お手軽に炭焼きを楽しめて、片付けも楽々できるからとってもおすすめ。そんな俺用七輪をレビューしたいと思います。

BUNDOK(バンドック)の俺用七輪を徹底解説

俺用七輪のスペック紹介

1人用として開発されたBUNDOKの俺用七輪。そのため、本体サイズは縦14cm×横20cm×高さ10cmととてもコンパクトで、コンテナやバックパック、自宅の収納棚に収まりやすく保管もしやすいのが特徴です。

さらに重量はたったの1.6kgと軽量なため、七輪の積み下ろしや持ち運びも楽々できます。

そんな七輪ですが、火が当たる面積は15×9.5cmと広く設けられているので焼き鳥を焼くのに丁度よく、1度に4本まとめて焼くことが可能。ちょっと長めの串でも、横向きにすれば2本まで焼ける七輪です。

サイズ (約)20×14×10cm
焼面積 (約)20×14cm
重量 (約)1.6kg
材質 本体:珪藻土、スチール 網:スチール(クロムメッキ)
付属品 焼きアミ、木製台座

ソロキャンプや自宅でも使いやすい七輪

俺用七輪はなんと言ってもサイズがコンパクトなため、テーブルを占領しないのがいいところ。ソロ用テーブルに乗せてもスペースが確保でき、カップや取り皿を置くことができます。

台座に乗せても高さは12.1cmと、通常の七輪と比べて背が低く、食材が焼ける状態を座ったまま確認できるので見ていて楽しい!

ちなみに通常の七輪は高さ21cm、幅26cmと全体的に大きく、テーブルの焦げ防止として台座が必要になるので、机上で使うのには不自由します。

俺用七輪の付属品について

BUNDOKの「俺用七輪」は付属品が充実しており、本体、目皿、焼き網、木製台座の4つセットとなっています。

通常の七輪には焼き網や台座もないため別途購入する必要があります。その点、俺用七輪はこれらが全て付属品に含まれているので便利で経済的!

テーブルで楽しむことを目的としているため、サイズ感も丁度よく使い勝手も良し。さらに木製台座があるので、テーブル自体を痛めづらいと思い即決購入しました。これなら自宅のテーブルはもちろんキャンプでも楽しめます。

準備も楽々3ステップ

俺用七輪のメリットは、焚き火台と比べて面倒な組立が不要なこと!だから自宅ですぐに用意ができて、いつでも炭焼きを楽しむことができます。もちろんキャンプでも組み立てる手間がないので魅力的!

そんな俺用七輪の準備はたったの3ステップと簡単です。

まずは本体底に目皿を敷きます。目皿とは七輪の内部に敷く穴の空いた板のことで、炭の下に空気のたまり場を作り、風通しを良くして燃焼を促進することを目的としています。

次に木製台座に本体を乗せます。専用台座ということもあり、サイズ感もよく本体とシンデレラフィットしてくれるのが嬉しい!

カラーが茶色なのがオシャレ感がただよいお気に入りのポイントです。

最後に焼き網を乗せれば完成です。専用の焼き網なので本体とジャストフィットし、本体から網がはみ出し邪魔に感じることはありません。

網はしっかりした作りをしているので、使用後は洗って繰り返し使えるのが魅力です。現在、4回使用して1回2時間ほど炭焼きを楽しみましたが、網のヨレや歪みもなし!

空気口もしっかり完備

BUNDOKの俺用七輪はコンパクトながら、妥協を一切せず通常の七輪と変わらないのが愛用できる点です。

そんな妥協していない点とは、開け閉めが可能な「空気口」があること!空気口があることで、空気を送り込んで炭火の火力を上げたり下げたり火力調整を行うことができます。焼く食材によって火力調整ができるのは便利です。

少量の炭で楽しめるから経済的

炭を入れる場所は、(約)縦7×横13×高さ3cmと省スペース。そのため、少量の炭で炭焼きを楽しむことができます。

BBQ台や通常サイズの七輪を使用すると、多くの炭を使うためアッと言う間に炭を使い切っていました。それと比べると俺用七輪は経済的で助かります。

思っている以上に片付けも楽々

使用後の炭問題!使った後に炭をどうしようか考えた結果、たどり着いたのがこの方法です。

残った炭の鎮火方法

  1. 空気口を閉める
  2. 本体上全体をアルミホイルで覆う
  3. 覆ったアルミホイルの上に焼き網を乗せる
  4. 放置

下からも上からも空気が入らない状況にすることで、七輪内に酸素がなくなり炭を鎮火させることができました。その後、細かな灰は捨て、使えそうな炭はそのまま七輪内に入れて保管してます。

自宅で使用する際の注意点

  1. 台座は木製で燃える可能性があるのでアルミホイルなどで覆うといい
  2. 換気扇を回して煙対策をする
  3. 窓を開けて一酸化炭素中毒の対策をしっかりする
  4. 室内のため火災には十分注意して楽しむ

BUNDOK俺用七輪のメリット・デメリット

七輪とは、珪藻土(けいそうど)で作られた炭を燃料とする調理器具です。俺用七輪も珪藻土でできているため、断熱性や保温効果が高く、遠赤外線効果で食材を中までじっくり焼き上げることができます。

俺用七輪のメリット

  • リーズナブルな金額でコスパが良い
  • コンパクトだから持ち運びしやすくキャンプにも最適
  • ソロキャンプにはとても最適で快適
  • 面倒な組立も不要
  • 少量の炭で楽しめる
  • 片付けやメンテナンスが簡単

七輪のデメリット

  • 通常の七輪と同じく水に弱い
  • 衝撃で割れたり欠けたりしやすい
  • 高さ調整が難しい
  • ファミリーキャンプといった大人数には向かない

俺用七輪を使って自宅で炭焼きを楽しんでみる

ホタルイカの炭焼き

お祭りなどへ行くと、辺り一面に香ばしい匂いが漂っています。それを自宅で再現したのがホタルイカの炭焼き。ボイルされたホタルイカに串を差し、切れ目を入れたら醤油を塗って焼くだけととても簡単な1品です。

魚のみりん干し焼き

釣ったタカベを開いて、みりん干し後に炭焼きした1品。小ぶりだったため、骨まで食べられて食べやすい。ぷっくり膨れ上がった魚は旨みが逃げていないから美味です。

定番の焼き鳥

鶏のもも肉1枚を購入して、YouTubeを頼りに見よう見まねで串打ちした焼き鳥。自分好みに合わせてサイズは大き目にカット。

個人的に美味しく焼くポイントは、焼く前に日本酒を吹きかけてから塩をかけること。焼き色もよく香り豊かに焼き上げることができます。

ジューシーさが楽しめるシュウマイ

シュウマイを串に刺して焼いただけの手抜きな1品。でもこうゆうのが一番うまい!

じっくり焼き上げるから、想像を超えるジューシーさに驚きです。そのまま食べても良し、からし醤油を付けてもおすすめ。

BUNDOKの俺用七輪レビューまとめ

自宅でどうしても炭焼きを食べたい理由から購入したBUNDOKの俺用七輪。付属品が充実していてテーブルの上で楽しめる!そして少量の炭で炭焼きができる!想像を超えた楽しさに満足度120%です。

毎晩の夕飯に何を焼こうか考えるだけで楽しいので、自宅使いもできる俺用七輪は買って損はありませんよ!

紹介
ギア
X 閉じる
  • ばじりこ
  • ばじりこ
  • 釣りや家庭菜園でキャンプ用の食材を調達し、その食材で焚き火料理を楽しむキャンパーです。テント泊やN-VANでの車中泊をしています。まさに、自然が最高の遊び場!

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂