飛ヶ森キャンプ場は自然豊かな岩手県の無料キャンプ場です!

飛ヶ森キャンプ場は自然豊かな岩手県の無料キャンプ場です!

飛ヶ森キャンプ場は岩手県一関市にある無料のキャンプ場で、これまで利用したことのないキャンプ場を新規開拓しようとしていた時に見つけました。

近くの室根山にあるキャンプ場は利用したことがありましたが、年間数回のなんちゃってキャンパーだった自分は、ついつい有名所のキャンプ場以外はなかなか選択肢に入らなかったんですよね。

しかし、そんな自分が下見に行って一目惚れしてしまったのがココ!飛ヶ森キャンプ場です!ここでは飛ヶ森キャンプ場を紹介しつつ、注意点までをまとめていきます!

キャンプ場の基本情報!

飛ヶ森キャンプ場は室根山の麓にあるキャンプ場で、近くには様々な観光地がありました!

所在地や利用料金は?

キャンプ場の使用は無料ですが、使用前には電話での予約が必要です。

連絡先 奥玉市民センター
所在地 岩手県一関市千厩町奥玉字飛ヶ森11−80
営業時間・定休日 4月下旬〜10月下旬
電話番号 0191-56-2950
料金 キャンプ場   無料
交通アクセス(車) 東北自動車道一関ICから車で約60分

一関にあるキャンプ場のほとんどは春から秋までの営業期間。

この飛ヶ森キャンプ場も冬季間は利用できないようですね。

アクセス方法

最寄りの一関ICから車で約60分という所にあり、近くには室根山がある場所なので結構な山の中にあります。

ただ携帯の電波もばっちり入るのでナビも使えますし、国道284号線を使って向かう場合、道中のほとんどが道なりに進む感じなのでアクセスは良い場所です!

国道284号線を左に曲がって進んで行くと所々に看板の案内が出てくるので迷う事なく到着!

入ってすぐが駐車場になっていますが、サイト内は車の乗り入れが可能なのでそのまま進んじゃいましょう!!

飛ヶ森キャンプ場は事前に電話予約を!

この飛ヶ森キャンプ場を利用する場合は、管理している奥玉市民センターで事前に予約が必要です。(予約は必要ですが、申し込み用紙なども無く、電話で全てが完了するので利用はし易くなっています。)

利用前の受付も利用後の連絡も必要も無いので、予約さえきちんとしてしまえば自分の好きな時間に向かって好きな時に帰れる最高の場所になっています!

駐車場に注意点の張り紙が多数。マ…マムシ!?

電話予約をした際に注意点を口頭で説明されますが、ここでもう一度確認してマナーを守って楽しみましょう!

飛ヶ森キャンプ場の施設紹介!

無料のキャンプ場ですが炊事場やトイレも完備!他にはイベント用にステージもありました!

飛ヶ森キャンプ場は小さいように見えて結構広い!

飛ヶ森キャンプ場を初めて見た時の印象は「結構広い!」でした。

自分の勝手なイメージでしたがキャンプ仲間に聞いても利用しているという話を聞いたことがなかったので、狭かったりあまり良い場所じゃ無いのかも?なんて失礼な先入観を持っていました。

駐車場から撮影してみました

しかし実際は意外にも広く、草も刈られていてかなり快適なキャンプ場になっていました!

第2駐車場兼テントサイトは利便性が高い!

車両の乗り入れが可能なテントサイトはフリーサイトで、利用者が少ない時には自由に設営出来ます。

下見に来た時にもキャンパーさんがいました

またトイレや水道も近いので空いている時はほぼここの一択。

炊事場(写真中央の白っぽい屋根)は少し遠めですが、個人でキャンプをする人はそこまで重要ではないと思うので許容範囲でしょう。

テントサイト兼ステージは車両の乗り入れが不可!

天然芝エリアは車両の乗り入れが不可になっていますが、こちらはかなり自然に近い雰囲気になっていて魅力的です!

傾斜になっているので少し難易度は高くなりますが、コットなどを使えば大丈夫そう。

そして振り返ると室根山が目の前に現れます。

この日は大きな雲ですぐに隠れちゃいましたが、山の頂上にある天文台?電波塔?がはっきり見えました!

テントデッキは老朽化のため利用不可!

飛ヶ森キャンプ場にはテントデッキがありましたが、全てのテントデッキは老朽化によって使用が出来ません。

きちんと管理されたテントサイトがあるので使う必要はありませんが、ふざけて乗ったりすると事故に繋がるのでやめましょう!

飛ヶ森キャンプ場の炊事場

飛ヶ森キャンプ場の炊事場はこんな感じでした。

炊事場に椅子までついているのは、行事ごとで使われることの多い飛ヶ森キャンプ場だからこそかもしれません。

炊事場の設備で忘れずに紹介しておきたいのは、このラジオの存在!

取り付けが雑なのは味ということで笑

野生動物が多く生息することで知られていますが、ここには遭遇したら危険な熊ももちろんいます。

その熊除けの役目をしてくれるのがこのラジオです。

利用させてもらった日は自分1人だけだったので、早めにこのラジオの電源を入れて存在をアピールするようにしました。これがあるだけで安心感が段違いでした。

飛ヶ森キャンプ場のトイレは最高レベルの綺麗さ!

飛ヶ森キャンプ場のトイレは1年位前(?)に建て直されたばかりで、これまで利用させてもらったどのキャンプ場よりもダントツ1位の綺麗さでした。

外装が立派でも利用する方のマナーが悪いと簡単に汚くなってしまいます…が!中も目立った汚れもなくとても綺麗!

この状態は本当に維持して欲しい!これは管理する側ではなく利用する側の意識がとても大切です。

これで無料のキャンプ場なのですから頭が下がります。

トイレットペーパーは2つ程置かれてましたが、無料で使わせてもらっている感謝の意味を込めて予備で持ち歩いていたトイレットペーパーを置いてきました。本当に小さな事ですが出来ることを少しずつ。

飛ヶ森キャンプ場の駐車場は入ってすぐの所!

実際にここを利用する方は大抵の人がテントの脇に車を横付けしていますが、キャンプ場に入ってすぐの所が駐車場になっています。

下見に行った時の写真です

体感的に10台以上は余裕で停められるくらいの広さになっていました!

飛ヶ森キャンプ場の見所

飛ヶ森キャンプ場は景色が綺麗なキャンプ場でした!

飛ヶ森キャンプ場のステージはバックに室根山で映えポイント!

天然芝エリアにあるステージは室根山を背景にした場所に建てられていました。様々なイベントが行われていたようで、イベント時にはさぞ映えた写真が撮れたことでしょう!

下見に行った時は室根山が見えました!

全体マップには描かれてありませんでしたが、第2駐車場にもステージらしきものが。

かなり新しく立派なのでもしかしたら現在はこっちの方を使っているのかも知れません。

飛ヶ森キャンプ場の東屋からの眺め

天然芝エリアから階段を登った先には飛ヶ森キャンプ場を見下ろせる絶景ポイントがあります。

あいにくの天気でこんな感じの写真になっちゃってますが、晴れた日には室根山がバッチリと見える絶景ポイント。

早起きをしてここでコーヒーを飲んだりしたらとっても気持ち良いと思います!

実際のキャンプの様子

夜はキャンプ未経験の友人が様子を見に来たので少し話をしながら満喫しました(緊急事態宣言期間中は市内に住む方のみの利用になっているので注意して下さい)。

外灯も無く灯りがトイレの灯りだけでかなり暗かったのですが、ランタンを3つフル活用して明るさをなんとか保ちました。なかなか良い感じの写真が撮れて満足です(笑)

最新スマホカメラが優秀すぎて驚きです

ただ撮ってくれた友人の携帯が最新携帯だったおかげで、体感的にはこんなに明るくありません。

夜は友人がいましたが、宿泊したのは自分1人。

実は初めての完ソロで友人が帰った後は少し不安になりましたが、焚き火の炎を見ているとなんとも言えない気持ち良さと充実感がありました。

静かな朝と達成感!

翌朝は生憎の雨でしたが静かな朝を迎えることが出来て大満足です!

飛ヶ森キャンプ場を綺麗にする会とは?

飛ヶ森キャンプ場の素晴らしい活動を目の当たりにしたのでご紹介します!

飛ヶ森キャンプ場は環境整備はピカイチ!

飛ヶ森キャンプ場は無料のキャンプ場ですが環境整備が整っていました。その理由は飛ヶ森キャンプ場の草刈りをしてくれている「飛ヶ森キャンプ場を綺麗にする会」の存在です。

テントサイトの方はそこまでではなかったのですが、炊事場の周辺は結構草が伸びていて歩きづらくなっていました。

左が刈り払い前、右が刈り払い後

ここももう少し刈られていればなぁと思って過ごしていましたが、翌朝に撤収作業をしていると草刈りを始めた方々がいました。

この方々が「飛ヶ森キャンプ場を綺麗にする会」

話を聞いてみると年に数回ほど環境整備を行なっていて、たまたまこの日が活動日だったそうです。

作業していた方に「おはようございます〜お疲れ様です〜」と挨拶をしに行ったら、「朝からうるさくしてしまってすみません…ゆっくり出来ませんよね」との返答。

いやいや全くの逆です!こういう方々がいるからこそ快適にキャンプが出来るのですから感謝しかありません!

お疲れ様です!本当にありがとうございます!

飛ヶ森キャンプ場の注意点!

快適な飛ヶ森キャンプ場ですが注意点もあります。

飛ヶ森キャンプ場の注意点!熊と毒蛇に注意!

山の中にあるキャンプ場なので当然の如く熊注意の看板。そしてそれに加えて初めて見た注意書きがマムシ注意。

ラジオや鈴が熊除けになるのは知っているので対策は打てますが、マムシ注意は色々なキャンプ場を利用させてもらって来ましたが初めてのことだったので対策が不明でした(苦笑)

まぁ草むらに入らなければ大丈夫でしょう!と、ビビりながらもどこか楽観的に思っていましたがトイレにデカデカと注意書きが…。

マムシ注意はガチのヤツでした…

熊に出会って意識が上に行っている時に、マムシを踏んで噛まれて毒で動けなくなったらどうしよう…なんて超ネガティブ思考が頭をよぎりました(笑)

しかし実際は、熊は炊事場のラジオを付ければ対策は取れますし、マムシに至っては飛ヶ森キャンプ場を綺麗にする会の皆さんのおかげで、テントサイトには隠れるような草が伸びた場所はないので安心して利用が出来ました。

ただそうは言っても実際に生息しているので、草むらや岩陰には注意して無事故で安全にキャンプを楽しみましょう!

飛ヶ森キャンプ場の注意点!夜は外灯も無くかなり暗い!

トイレの電気だけは一晩中ついているのですが、それ以外の灯りは一切ありません。一応、炊事場の電気は付けたのですが、テントサイトからは遠いので恩恵はほぼありませんでした。

自分の携帯で撮影

飛ヶ森キャンプ場の夜はこんな感じで自分の携帯で撮ったようにランタンの場所以外はほぼ真っ暗で、流石にキャンプ場の全体の夜の写真は怖くて撮れませんでした(汗)

無料のキャンプ場なので贅沢なお願いかもしれませんが、駐車場の方に1箇所でも灯りがあると安心感が違ってくるなぁ〜なんて思いました。

外灯があればそっちの方に虫が寄っていくだろうし、設置されたらもっと快適になると思いました!

飛ヶ森キャンプ場は個人的に超お気に入り!

飛ヶ森キャンプ場を利用した感想は個人的に「超最高!」でした。紹介してきた通り、環境整備が定期的に行われていて、トイレは史上最高レベルに綺麗。そして夜は静かで焚き火の炎とパチパチという音が心地良く文句無し。

設備は無料のキャンプ場なのでトイレと炊事場などの最低限しかありませんが、“何もしない“をするために行く、という自分のキャンプスタイルとドンピシャで、正直誰にも教えたくないレベルで気に入りました(笑)

ただあえてデメリットをあげるとすると逆に何にも無い所でしょうか。自販機も近くに無いし、外灯も無し、最寄りのスーパーやコンビニも結構遠いので、それらを不便に感じる人は合わないかも知れません。

自分はまた近いうちにまた利用しに行きたいと思います〜!飛ヶ森キャンプ場は隠れた名キャンプ場でした〜!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 説明くん
  • 説明くん
  • キャンプ歴7年ながら年間数回の未だに初心者キャンパー。日々のストレス発散の為、今年からはなんとしても年間10泊以上が目標。キャンプもしつつ車中泊も楽しむ30代です。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂