ゴムのような弾力で利便性と清潔さが向上!耐熱抗菌TPUまな板がアウトドアまな板の定番に!

ゴムのような弾力で利便性と清潔さが向上!耐熱抗菌TPUまな板がアウトドアまな板の定番に!

日用品や雑貨のメーカーである株式会社シービージャパンは、アウトドアにもぴったりな抗菌まな板「耐熱抗菌TPUまな板CUTOC」シリーズを発売した。

このまな板はゴムとプラスチックのいいとこ取りをした素材「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」を使用。まな板の「重い」や「乾きにくい」などといったお悩みを解決してくれる素材らしく、アウトドア使いとしても注目だ。

「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」のメリットは?

TPUの特徴を一言で言うと、「ゴムのように曲がるプラスチック」。ゴムのように曲がるということは、強度はありながらもある程度の弾力性も持っており、この性質はまな板の素材としてはぴったりなのである。

傷が付きにくい

耐熱抗菌TPUまな板CUTOC (3)

一般的なまな板は包丁の刃が当たることでキズが出来て、菌が繁殖しやすくなってしまう。一方でTPU素材はキズが入っても持ち前の弾力性により元の状態に戻ろうとする力が働くため、雑菌の繁殖につながるほどのキズが付きにくい

しかも、まな板本体には抗菌剤が入っているため、常に清潔な状態でまな板を使うことが出来る上に、100℃のお湯にも耐えられるので、熱湯殺菌も可能とのこと。アウトドアでは切ったものを生で食べるシーンもあるので、こういった仕様のものが望ましい。

折り曲げて使える

耐熱抗菌TPUまな板CUTOC (5)

前述した弾力性のおかげで、切った食材を乗せたまま、鍋などに投入しやすいように折り曲げることも可能。写真を見る限りでは結構しっかりと曲がるので使いやすそうだ。

こんなところでも工夫が!使いやすさUPの機能たち

TPU素材だけが優れているのではなく、他にも使いやすさをアップするための機能も。1つのまな板にここまで考えられているとは恐れ入る。

まな板のフチで汁溢れを防ぐ!

耐熱抗菌TPUまな板CUTOC (4)

薄型のまな板はつるっとした素材が多いということもあって、切った食材の汁が溢れてしまうことがある。CUTOCはまな板のフチに段差がついており、溢れるのを予防。段差が大きすぎても角の洗浄が大変なので、この控えめな設定がちょうど良いのだろう。

フックと水切りコーナー搭載で水切りを素早く!

耐熱抗菌TPUまな板CUTOC (2)

まな板を洗ったあとの置き場に迷うことが多いのは私だけだろうか。テーブルの上に平起きするわけにもいかないので、カゴやら何やらに立てかけて置いておくのだが、いつの間にか倒れていることも…

CUTOCはフックがはじめから付いているので、ロープやテーブル等にぶら下げておけば邪魔にならないし、水切りの効率もいい。しかもフックの対角のフチには傾斜が付いているので、自然に水が流れていく気配りも。

アウトドアまな板の定番に!

耐熱抗菌TPUまな板CUTOC (9)

素材の特徴や細部のこだわりポイントにおいても、まさにアウトドア向きのまな板といっても過言ではない。

惜しむらくはカラーが白色のみということ。食材も見やすく、かつ汚れも視認しやすいながらもアウトドアテイストが出せる「サンドベージュ」あたりだともっと嬉しかった。

商品概要

耐熱抗菌TPUまな板CUTOC (16)

商品名 耐熱抗菌TPUまな板CUTOC スクエア
小売価格  2,090円(税込)
サイズ (約)W260×D260×H4mm
重量 (約)270g
主材質 TPU
耐熱温度 100℃

耐熱抗菌TPUまな板CUTOC (17)

商品名 耐熱抗菌TPUまな板CUTOCミニ
小売価格  1,320円(税込)
サイズ (約)W 240×D160×H4mm
重量 (約)140g
主材質 TPU
耐熱温度 100℃
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂