キャンプで食べる和朝食がおいしい!キャンプ場で作る簡単な和食のコツ

キャンプで食べる和朝食がおいしい!キャンプ場で作る簡単な和食のコツ

最近、キャンプの朝食で定番なのがホットサンド。パンの間に好きな具材を挟んで焼くだけと、簡単なのにおしゃれでおいしいので人気ですよね。

しかし、キャンパーさんの中には、朝は絶対にご飯とお味噌汁がいいって方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は筆者も和食党。そんな筆者が、キャンプで作っている簡単な和食のコツをご紹介します。

メスティンを使って簡単に炊飯

和食と言えばやっぱりご飯ですよね。しかしほとんどのご家庭では、普段は電気炊飯器を使ってご飯を炊いていると思うので、キャンプでご飯を炊くと聞くと難しいと感じるのではないでしょうか。でも、意外と簡単に美味しいご飯が炊けますよ。

メスティンならご飯が簡単に炊ける

すっかりキャンプの定番アイテムになった「メスティン」。キャンプ好きの皆さんなら、もちろんご存じだと思いますが、改めて”メスティンはアルミ製で箱型をした飯盒(はんごう)”の名称です。

ご飯を炊くだけでなく茹でる、蒸す、揚げるなど、さまざまな調理ができる万能クッカーで、メスティンを使った料理を紹介した本も出版されています。

元祖は、ノルウェーに本社を置くトランギア社のメスティンですが、最近ではニトリやダイソーなどいろいろなメーカーから低価格のものが発売されていて、気軽に購入できるようになりました。

メスティンが人気となっているのは、「自動炊飯」で誰でも簡単にご飯が炊けるのも理由のひとつです。自動炊飯とは、固形燃料の火力でご飯を炊く方法。一定時間で燃え尽きる固形燃料を使えば、炊飯時間や火力を気にせずほったらかしでご飯が炊けることからキャンパーの間で自動炊飯と呼ばれています。

固形燃料を使わなくても、慣れてくるとガスバーナーや焚き火、炭火でもご飯を炊けるようになります。基本は、水の量と浸水時間、炊飯時間、蒸らす時間。基本的なレシピを紹介しますので、あとは何度か調理してお好みの炊き方を見つけてください。

基本のご飯の炊き方

【材料】

  • お米・・・1合
  • 水・・・200cc

【作り方】

  1. お米は洗ったら30分ほど浸水(水につけておく)させます。冬のキャンプの時には水の温度が低いので60分ほど浸水させます。キャンプでは洗う必要がない無洗米がオススメです。
  2. 弱火で20分炊きます。吹きこぼれてきたらメスティンの上に重石を置いてフタを押さえます。
  3. 20分経ったら、火から下ろして10分ほど蒸らします。

メスティンでなくても、フタがあればどんな鍋でもご飯が炊けます。

朝食にはお味噌汁も欲しいですよね

和食にはご飯とお味噌汁。やっぱりお味噌汁も飲みたいですよね。でも、本格的にお味噌汁を作るとなると味噌を用意したり、出汁(だし)を取ったりと面倒。市販のインスタント味噌汁もいいけど、ちょっと物足りないって方にオススメの味噌汁レシピをご紹介します。

インスタント味噌汁に具材を追加

最近、自分がキャンプで味噌汁を作る時に使っているのが、生みそタイプのインスタント味噌汁です。お湯を注ぐだけで簡単に熱々のお味噌汁ができるので、昼のお弁当と一緒に職場に持って行っている方も多いのではないでしょうか。

袋に入っているので持ち運びに便利で、1人分ずつ小分けになっているので必要なだけ使えます。そして出汁が入っているので、別に出汁を取る必要がありません。もちろんキャンプに持参している方もいるとは思いますが、具材がちょっと物足りないと感じたことはありませんか。

そこでインスタント味噌汁にお好みの具材を加えるのがオススメです。鍋にお湯を沸かして、お好みの具材に火を通して、最後にインスタントお味噌汁を加えるだけで、具沢山のお味噌汁が作れます。

この日は、キャンプ場に置く前にスーパーに立ち寄って調達した、ナメコとお豆腐、長ネギを使ったお味噌汁です。材料を切るだけで具沢山の美味しいお味噌汁が作れますよ。

基本的にお味噌汁に入れる具材はなんでもOK。自宅の冷蔵庫で残っていた肉や魚、野菜などを持って行ってもいいですし、キャンプ場に行く途中の道の駅や朝市などで売っている食材を買ってお味噌汁に入れるのも楽しいですよ。

めんつゆを使ったしょうゆ汁もおすすめ

市販のめんつゆを使ったしょうゆ汁もオススメです。こちらも鍋で沸かしたお湯にお好みの具材を入れて火を通し、最後にめんつゆで味付けするだけで、美味しいしょうゆ味の汁物が完成します。

写真のめんつゆは、北海道限定販売の「めんみ」ですが、市販されているめんつゆなら何でもOKです。

出来上がりに、小麦粉を水で溶いて練ったものを入れて「すいとん」にしたり、うどんやそばを加えるなどすると、これだけでも食事になりますよ。

市販のお惣菜を使った炊き込みご飯

先ほど紹介した通り、メスティンを使えば簡単にご飯を炊くことができます。メスティン炊飯に慣れてきたら、ちょっとアレンジしたご飯も作ってみましょう。

市販のお惣菜を使って簡単炊き込みご飯

メスティンを使った炊き込みご飯のレシピも、インターネットや本でたくさん紹介されています。参考にしてチャレンジしてみましょう。

この日作ったのは、レンコンのきんぴらの炊き込みご飯と、鮭と枝豆の炊き込みご飯。どちらもスーパーやコンビニで購入できる、チルド惣菜の「れんこんのきんぴら」や、「鮭フレーク」、冷凍の「枝豆」を使っています。お好みで醤油やめんつゆで味を加えましょう。

メスティンで炊き込みご飯を作る時のポイントは、例えばご飯1合が炊けるメスティンを使う場合、具材が入るのでご飯は0.7合か0.8合にすることです。

あとは、いろいろな具材を使って炊き込みご飯を楽しんでみましょう。お惣菜のきんぴらごぼうと鶏肉で「とりごぼうの炊き込みご飯」やお刺身のタコを使って「タコ飯」なんてメニューも楽しめます。

小さめのメスティンを使えば、1度に2~3種類の炊き込みご飯を炊くこともできますよ。もし残ってしまったら、小さなおにぎりを作って、お昼に食べることもできます。

意外に簡単に作れる和朝食!どんどんチャレンジしてみましょう

今回は、キャンプでも簡単に作れる和朝食をご紹介しました。和食と言うと手間がかかって作るのが大変と思われがちですが、今回ご紹介したように市販のインスタント味噌汁やめんつゆ、お惣菜、缶詰などを利用すると、誰でも簡単にご飯とお味噌汁が作れます。

あとは焼き魚や卵焼き、納豆など添えれば和朝食の完成です。いろいろとアレンジして楽しんでみてくださいね。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 都良(TORA)
  • 都良(TORA)
  • 北海道在住のフリーライター。キャンプ、車中泊、登山、トレッキングが大好き。障害者スポーツの指導員をしていることから、車いすなど障害を持つ子供たちをトレッキングやキャンプに連れていく活動もしています。資格:自然体験活動指導者認定委員会 自然体験活動指導者NEALリーダー、北海道ボッチャ協会 審判員・普及指導員

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂