【冬キャンプの寒さ対策】ザックに収まる軽量防寒ギアのご紹介

【冬キャンプの寒さ対策】ザックに収まる軽量防寒ギアのご紹介

冬キャンプで一番辛いのは「寒くて眠れない」ことです。どんなに寒くても、快適に睡眠さえ出来てしまえば最低限の冬キャンプは可能です。

今日は、ザック1つでも冬キャンプで快適な睡眠が出来る「ザックに収まるUL防寒装備」をご紹介いたします。脱オートキャンプにステップアップしたい方は勿論のこと、冬装備でギアの積載量にお悩みの方にもおすすめです。

冬キャンプでの寒さ対策と寝室作りの歴史

冬キャンプでの寒さ対策と寝室作りの歴史

冬キャンプの寒さ対策と寝るときの環境作りは奥が深く、突き詰めていけばキリがありません。冬キャンプの寒さ対策については今でも試行錯誤を繰り返しています。

そこで、初めての冬キャンプから今まで実践してきた寒さ対策と寝室作りの歴史をまとめました。

初めての冬キャンプでやったこと

キャンプを始めたばかりの方にとって、冬キャンプは最初の難関です。筆者もそうでした。初めての冬キャンプは色々と勝手が分からないので、電源サイトからチャレンジするのが一番安心だと思います。

1.初めての冬キャンプでやったこと

最低限の知識と装備でも冬キャンプが可能な「電源サイト」でのキャンプは、「電気カーペット」という文明の力に頼ることで快適に睡眠が出来ます。道具が揃いきっていない、キャンプを始めて間もない方でも、比較的簡単に冬キャンプが出来るのでおすすめです。

脱電源サイトでやったこと

電源サイトで冬キャンプが出来たら、次は電源サイトが無いキャンプ場でもキャンプをしたくなります。夜の寒さ対策と寝るときの環境作りをしっかりとすることで、快適な冬キャンプを楽しめるようになりました。

快適に夜を過ごしたいのであれば矢張りストーブはマストです

快適に夜を過ごしたいのであれば、やはりストーブはマストです。流石に寝る時はストーブは消す必要があるので、銀マットやブランケットなどを何重にも重ねて底冷え対策をしっかりと行い、さらにコットや厚手のシュラフを揃える事で電源サイト無しでも快適な睡眠が可能になりました。

冬キャンプは、どうしても装備が全てなところがあります。少しづつ道具を揃えて本格的な冬キャンプに備えるのもキャンプの醍醐味です。

お陰様で「オートキャンプ」であれば

お陰様で「オートキャンプ」であれば、本当に快適な冬キャンプが出来るようになり、何の不満も無いのですが、人間というのは欲深い生き物で、段々と積載の嵩張る冬装備が億劫になってきました。

更に、車で行くことが出来ないキャンプ場や

さらに、車で行くことが出来ないキャンプ場や、山のテント場でキャンプをしたいという欲も出てきました。そうなってくるとストーブは持って行けませんし、コットや毛布、ブランケットは、軽量とは言えません。どうしても車ありきになります。もっとシンプルにしたいところです。

世の中には雪山でテント泊をしながら

世の中には雪山でテント泊をしながら登山をするツワモノや、真冬でもザック1つでキャンプ場を転々とするバックパッカーが存在します。彼らの装備を参考にすれば理想的な冬キャンプの寒さ対策と、寝るときの環境作りが実現できるのではないでしょうか。

前置きが長くなってしまいましたが、ザックに収まる、冬でも快適に睡眠が出来る防寒装備をご紹介いたします。

ザック1つに収まる軽量コンパクトな防寒ギア

ザックに収まる防寒ギア

ザックに収まる、冬でもぬくぬくで睡眠が出来る超軽量な防寒ギアをまとめました。もちろんUL(ウルトラライト)ギアは、軽量コンパクトの代償として金額が跳ね上がってしまうというネックはあります。

実際に使用しているギアだけを紹介しているので、参考にされてみてください。

エアーマット

エアーマット

冬キャンプの寒さ対策となるとどうしてもシュラフの性能に目がいってしまいますが、シュラフ以上に重要なのはキャンプマットだと思ってます。何故なら寒くて眠れない一番の原因は底冷えだからです。

「底冷え対策」さえしっかり出来てしまえば、冬キャンプの悩みの半分は解決したようなものです。とはいっても、キャンプマットも色々な種類があるので、どれを選んでよいか迷いますよね。

キャンプマットについては冬に特化したものを選ぶことにしました

キャンプマットについては冬に特化したものを選ぶことにしました。色々と調べた結果、現在使っているのがEXPED(エクスペド)のSynMat UL Winter(シンマット UL ウインター)です。

対応下限温度 -20度
R値 (ASTM F3340) 5.2
中綿 200g/m Texpedloft マイクロファイバー
厚さ 9cm
重量 585g
収納時のサイズ 24cmx13cm

SynMat UL Winterは空気で膨らませるタイプのエアーマット

SynMat UL Winterは空気で膨らませるタイプのエアーマットなので、嵩張らないのがメリットです。マットの厚さは9センチもあり、しかもエアーマットなのに200グラムの綿が入っているところが決め手となりました。

対応下限温度は-20度なので

対応下限温度は-20度なので、冬山に行かない限り底冷えの心配はありません。はっきりいってエクスペドのダウンマットがあれば様々な悩みから解放されます。コットも不要になりますし、銀マットやブランケットなどを大量に持って行く必要もなくなるので、積載が大幅に改善されますよ。

シュラフ

シュラフ

冬キャンプの装備で一番悩むのはシュラフではないでしょうか。種類が多すぎて、どのシュラフが冬キャンプにお勧めなのか分からないですよね。

一般的にはダウンの反発力を示す「フィルパワー(FP)」と、この気温までなら快適に睡眠ができる目安「快適使用温度」が高ければ高い程、冬キャンプでも安心です。

乱暴な書き方をすると、各メーカーの最高スペックのシュラフを買ってしまえば万事解決です。但し、お値段はびっくりする位高くなりますし、高性能すぎて冬しか使えません。

シーズンに合わせてシュラフを揃えるのはお金がかかる

シーズンに合わせてシュラフを揃えるのはお金がかかるうえに、荷物が増えるので、シンプルにまとめたいとうのが個人的な考えです。

オールシーズン使えて、頑張ればお金を出せそうな丁度良いシュラフを探した結果、現在使っているのがNanga(ナンガ)の「オーロラライト(AURORA light)450DX」です。

快適使用温度 0度
対応下限温度 -5度
フィルパワー 760FP
ダウン量 450g
重量 865g
収納時のサイズ 30cmx14cm

オーロラライト450DXは合理的構造で軽量化した3シーズンモデル

オーロラライト450DXは合理的構造で軽量化した3シーズンモデルです。「オーロラテックス」という防水加工を施したナイロン生地を使用しているので、結露の悩みから解消される点が決め手となりました。

フィルパワーは750FPあり、一般的にFPが750以上あれば高性能と言われています。ダウン量は450グラムです。

このシュラフは3シーズン用なので

このシュラフは3シーズン用なので、快適使用温度は0度です。

正直、シュラフの性能だけで真冬の寒さを凌ぐには厳しいスペックです。それなのに敢てこのシュラフを選んだ理由は、先ほどご紹介したエアーマットがあるからです。

底冷えを極力抑えることで、シュラフの性能だけに依存して寒さ対策をする必要が無くなったので、このスペックでも快適に睡眠ができます。

なんといってもコスト面は勿論のこと

コスト面では勿論のこと、シュラフのサイズもコンパクトになるので、あらゆるシーンで使いまわすことが出来ます。個人的には「3シーズン用シュラフの中で最も高スペック」のシュラフを選ぶのが理想なのではと思っています。

ダウンパンツ・テントシューズ

ダウンパンツ・テントシューズ

ザック1つで雪山テント泊をする登山者は、どうやって寒さを凌いでいるのでしょうか。色々と調べてみるとダウンパンツとテントシューズはマストアイテムのようです。

ダウンと聞くと高額なイメージがあるので躊躇してしまうのですが、コスパ最高の商品があるそうなんです。キャンパーの間ではお馴染みのコスパ最高のメーカー「Naturehike(ネイチャーハイク)」の ダウンパンツとテントシューズです。

ダウンパンツ

快適使用温度 -15~5度
フィルパワー 800FP
重量 250g
収納時のサイズ 30cmx12cm

テントシューズ

重量 60g
収納時のサイズ 13cmx9cm

Naturehikeのダウンパンツとテントシューズ

Naturehikeのダウンパンツとテントシューズは、冬山でテント泊をする登山者の間でもコスパ最高と話題の商品なんだそうで、その価格はブランド品の約1/3と驚異の価格です。

実際に履いてみると本当の暖かくて驚きました

実際に履いてみると本当の暖かくて驚きました。いつも以上に快適に睡眠ができて、むしろ汗をかいて目が覚めたくらいです。

これなら厚手のシュラフが無くても、ダウンパンツとテントシューズが体を温めてくれますよね。特に足先は冷えやすいのでテントシューズは大変重宝します。

ダウンパンツとテントシューズが素晴らしいところは

ダウンパンツとテントシューズが素晴らしいところは、就寝時以外でも防寒着として使えるところです。キャンプ中、外に長時間いても暖かいです。ただし焚き火の火の粉には弱いので、ダウンパンツの上にズボンを重ね履きしたいところです。

ダウンジャケット

ダウンジャケットは

ダウンジャケットは、キャンプ中に着ている方も多いのではないでしょうか。実はNaturehikeでもコスパ最高なダウンジャケットが販売されています。

はっきりいってネイチャーハイクのダウンジャケット・ダウンパンツ・テントシューズを揃えれば、キャンプ中快適に過ごすことが出来ます。

しかし全てをNaturehikeで揃えてしまうと、見た目がミシュランマンのようになってしまうので個人的には避けたいと思いました。

しかし全てをNaturehikeで揃えてしまうと

ダウンジャケットは普段着として、キャンプ用として、登山着としても着用できる我儘なスペックの物を探すことにしました。その結果チョイスしたのがMAMMUT(マムート)のXeron IN Hooded Jacket です。

フィルパワー 750FP
ダウン量 140g
重量 480g
収納時のサイズ 約30cmx15cm

登山者にとっては憧れの高級ブランドでもあるMAMMUT

登山者にとっては憧れの高級ブランドでもあるMAMMUTなので高額ではあるのですが、普段使いも出来る上にキャンプや登山でも大活躍なので満足しています。

付属の収納袋に入れると大変コンパクトになる

付属の収納袋に入れると大変コンパクトになるので嵩張りません。ダウンジャケットを着たままシュラフに入ると本当に快適でした。

これはあくまで個人的な選択なので、キャンプでしか使わないで防寒着として割り切るのであれば、Naturehikeのダウンジャケットのほうがオススメです。

シュラフカバー

muraco シュラフカバー

出典:muraco

シュラフカバーの本来の役割はシュラフの濡れを防ぐ防水カバーなのですが、シュラフカバーを使うことでさらに暖かくなるということで試してみました。

とはいえ、筆者の使っているシュラフは防水加工されているので、もっと汎用性の高いシュラフカバーを探してみることにしました。

エスケープヴィヴィ

そこでチョイスしたのが、サバイバルギアを数多く取扱うアメリカのブランドSOL(ソル)が出しているエマージェンシーシート「Escape Bivvy(エスケープヴィヴィ)」です。

サイズ 213×81㎝
重量 241g
収納サイズ 17×11㎝
素材 アルミ蒸着加工を施した特殊フィルム+ポリエステルシート

本来の用途はエマージェンシーシートなのですが

本来の用途はエマージェンシーシートなのですが、その域を遥かに超えた高性能な商品で、透湿性素材を使い防水性があることと、シュラフのように使えるので夏場はシュラフ代わりにも出来ます。

素材の内側にアルミがリフレクション加工

素材の内側にアルミがリフレクション加工されているので、体温を反射保持してくれる優れものです。実際にシュラフと合わせて使うとめちゃくちゃ暖かかったです。

この商品の難点は結露が凄いところです

この商品の難点は結露が凄いところです。シュラフに被せて使うと、結露でシュラフがビショビショになるので本末転倒です。

しかし、シュラフの中にいれて使うと結露しませんでした。多少ゴワゴワするので快適ではありませんが、ダウンパンツやジャケットを着たままであればそこまで気にならないと思います。

ハクキンカイロ

ハクキンカイロ

冬キャンプの就寝で湯たんぽやホッカイロをお使いの方は多いかと思います。冬キャンプには欠かせない定番アイテムですよね。しかし湯たんぽはお湯を沸かす手間がかかりますし、結構なお湯が必要になります。ホッカイロは便利でコンパクトですが、使い捨てなのでエコではありません。

それで目を付けたのがオイル式カイロであるハクキンカイロ

それで目を付けたのがオイル式カイロであるハクキンカイロです。手のひらサイズでコンパクトなうえ、熱量はホッカイロの約13倍もあるんだそうですよ。しかも燃料さえあれば何度でも使いまわせます。

筆者が使っているのは「Zippoハンディウォーマー」

筆者が使っているのは「Zippoハンディウォーマー」なので厳密的に言えばハクキンカイロではないのですが、仕組みは一緒です。Zippo製にした理由は燃料となるZippoオイルを普段から使っているので、使いまわせるからです。

大変コンパクトなうえに

大変コンパクトなうえに24時間暖かさを持続できるので、キャンプ中ずっと使えるところがメリットです。外にいるときはポケットの中に。就寝中はシュラフの中にといった具合で汎用性の高い暖房器具ですよ。

積載ビフォーアフター

積載ビフォーアフター

ザックに収まる、冬でも快適に睡眠が出来る防寒装備をご紹介してきましたが、どれだけコンパクトになるのか気になりますよね。以前使っていたギアと比較してみました。

今回ご紹介したギアを纏めるとこんな感じです

今回ご紹介したギアをまとめるとこんな感じです。隣にザックを置いてみました。

以前使っていた

以前使っていたコット・ブランケット・銀マット・テントマット・湯たんぽ・毛布・シュラフと並べると、いかに軽量・コンパクトになったかが伝わるかと思います。

冬キャンプの寒さ対策は永遠のテーマ

冬キャンプの寒さ対策は永遠のテーマ

いかがでしたか?冬キャンプの寒さ対策は追い求めるとキリがありませんよね。各々のキャンプスタイルに合わせて、最適と思う無理のない装備を揃えていくことが一番大事だと思います。

軽量・コンパクトな防寒ギアを揃えれば

軽量・コンパクトな防寒ギアを揃えれば、車で行くことが出来ないキャンプ場やテント泊登山、バックパックキャンプも可能になるのでキャンプの幅が広がります。勿論、オートキャンプでも積載量が大幅に軽減できるので、積載をすっきりさせたいとお悩みのキャンパーさんにとっても参考になるのではないでしょうか。

紹介
ギア
X 閉じる

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂