乾燥撤収の救世主!珪藻土の6倍速く吸収する特殊スポンジが便利そう

乾燥撤収の救世主!珪藻土の6倍速く吸収する特殊スポンジが便利そう

冬キャンプも終わりが見えてきた今日この頃、秋から春までのキャンプで悩まされることの多い「結露対策」に救世主が現れた。その名もSTTA(スッタ)。吸水スポンジのパイオニア「アイオン株式会社」が手掛ける新しい吸水ツールブランドで、2022年2月末から第一弾となるスティック型スポンジタオル「STTAスティックタイプ」を発売する。

お風呂場のマットとしてよく使われている珪藻土素材と比べ、3倍の吸水量と6倍の吸水速度を誇るとあって、乾燥撤収の強い味方になる事間違いなし。細かい仕様を見てみよう。

驚きの吸水力を実現する独自素材「ソフラス」

STTA202202 (6)

珪藻土素材よりも圧倒的な吸水力を実現したのは、アイオン株式会社が独自で開発した素材「ソフラス」によるもの。同社が5年以上の歳月をかけて開発しており、ガラス基板の洗浄・吸水の工程で活躍している。

材質は特殊ポリウレタン樹脂で、小さな穴を網目状に張り巡らせる構造にすることで高い吸水性、保水性、排水性も持つ。従来の吸水スポンジは一度湿らせてから吸水するのに対し、ソフラスはその必要が無いとのことだ。

「STTA スティックタイプ」は携行性重視

STTA202202 (10)

そんな独自素材「ソフラス」を持ち運びがしやすい様、スティック状に加工したのが「STTA スティックタイプ」。上部にはループがついており、カラビナなどを使用すればぶら下げておくことも可能だ。使用方法はいたってシンプルで、濡れた場所を拭うだけ。吸水しなくなってきたら絞れば元通りになるので、何度でも水滴を拭くことが出来る。

テントの中が結露した時も、STTAでサッとなでるだけで水滴を吸収してくれるので、朝起きたらすぐに作業すれば乾燥撤収が早まるというもの。もちろん雨上がりの撤収時にも使用することが出来る。

お手拭きタオルとしても使用可能

STTA202202 (12)

STTA スティックタイプの使用例として気になったのが「お手拭き」としての利用だ。ウイルス対策で手を洗る機会が多くなった昨今、アウトドアで手を洗って拭かずに放置していると雑菌が繁殖するというのはご存知だろうか。

せっかく手を綺麗にしても雑菌が繁殖しては意味が無いので、タオルなどを使って水滴を取る必要があるが、STTAなら持ち前の吸水力でしっかり乾かしてくれる。

一家に1本あってもいいかも?

STTA202202

スポンジは取り外すことが出来るので非常にメンテナンスがしやすく、洗濯機で洗ってもOKとのこと。子どもがうっかりジュースをこぼした時でも、初期対応としてSTTAで吸い取るのにも良さそうだ。

価格は1本あたり2,750円。これを高いととるか安いととるかはアナタ次第だが、利便性の面では間違いないので、まずは一家に1本買ってみてはいかがだろうか。発売日は2022年2月末を予定しているので、気になる方は公式サイトをお気に入り登録しておこう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂