Alpen Outdoorsのギアが本格展開!気になるラインナップはどんな感じ?

Alpen Outdoorsのギアが本格展開!気になるラインナップはどんな感じ?

ご存知、飛ぶ鳥を落とす勢いのAlpen Outdoors。2021年3月に店舗名を冠したオリジナルアウトドアブランド「Alpen Outdoors」から2ルームテントを発売したのは記憶に新しい。

そして2022年2月より、満を持して全37種類のアイテムをひっさげて本格展開を開始。テーマは「機能的で上質な商品をお求めやすい価格で」となっており、期待を禁じ得ない。

気になるアイテムを一部紹介!品薄は避けられないかも

Alpen Outdoors

出典:Alpen Outdoors

Alpen Outdoorsを手掛けるアルペンはメーカーではなく小売業。小売業としてエンドユーザーと接する中で潜在的なニーズをくみ上げ、幅広いラインナップを取り揃えている。またプライベートブランドともなるとマージンが一つ減るので同じクオリティの製品と比べてもリーズナブルなのも嬉しい。今回は公開されている一部の商品を解説していく。

分割可能なタープテント「AOD-2」

Alpen Outdoors (2)

こちらは2022年1月21日から販売開始したタープテントで、初回投入の200張は見事に完売。最大の特長はタープ自体が3分割することが出来、タープやシェルター、なんとティピーテントにもなるというアイデア商品だ。

生地にはコットンとポリエステルの良いとこ取りをしたT/C(テクニカルコットン)を使用。火の粉にも強いが、メンテ性も良いとあって非常に使い勝手が良い。

組み立て式でコンパクトな焚火台「ファイアーピット」

Alpen Outdoors (3)

ソロキャンプでの機能美を追求したデザインで、コンパクトなパネルで構成されているのが嬉しい。サイズは幅が47cm、奥行きが45cm、高さが22cmだが、収納時サイズは38cm、30cm、2cmとB4用紙より一回り大きいサイズとなる。

2mmのステンレス素材にプレスライン加工が施されているので、高強度かつ、高耐久。長く使えることからアルペンは「相棒と呼ぶにふさわしいギア」と表現しているのは自信の表れだろう。

天板を丸めてコンパクト収納!「ウッドロールテーブル」

Alpen Outdoors (6)

テーブルの中でもトップクラスの携行性を持つロール式天板を採用したテーブル。120cmの家族4人で使える大型タイプと、90cmの2人程度で使える中型タイプをラインナップしている。どちらも高さ調整付きで、44cmと54.5cmから選択することが可能。

持っているチェアやシーンに応じて使いやすい高さを選べるので、一つのキャンプスタイルに縛られないのがGOOD。

今後もAlpen Outdoorsから目が離せない!

Alpen Outdoorskousiki

出典:Alpen Outdoors

今回紹介したのはわずか3商品。冒頭でも触れた通り全部で37種類のアイテムがあるというから非常に楽しみ。展開場所については特に言及されていないが、アルペンアウトドアーズでは実物が見られる可能性は高い。

時期についても「2022年2月23日から順次」とあるので、お目当ての商品があるとは限らない。最寄りのAlpen Outdoorsに確認してからお店にいこう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂