ちいさな薪ストーブセットが登場!キャンドルを入れて雰囲気を満喫しつつ保温にも使える

ちいさな薪ストーブセットが登場!キャンドルを入れて雰囲気を満喫しつつ保温にも使える

新商品を続々とリリースしているカメヤマキャンドルハウス。キャンプだけでなく、お家でも有用なアイテムばかりで注目度も高い。今回入ってきた新商品は「コーヒーウォーマーキャンドル」と薪ストーブ型キャンドルホルダーなどが一緒になった「ちいさなまきストーブセット」の2商品。デザインだけでなく実用性もあるアイテムだ。

憧れの薪ストーブがテーブルサイズに

ちいさなまきストーブ

通常、薪ストーブを家庭に取り入れようと思うと、置き場所、煙突の工事、薪の手配など、なかなか現実的には厳しかったりする。ではキャンプではどうだ、となっても持ち運びの問題や、テントにインストールにするにしてもリスクが大きい。そんな理由で憧れになってしまった薪ストーブだが、テーブルサイズなら取り入れやすい。

カメヤマキャンドルハウスの「ちいさなまきストーブランプ」は、横幅9.5cm、奥行7cm、高さが11.3cmとギリギリ手のひらサイズ。中にキャンドルを置くスペースがあり、市販のキャンドルや同時発売された「コーヒーウォーマーキャンドル」を入れて使用する。流石に暖は取れないが、雰囲気は味わうことができそうだ。

専用のキャンドルで保温効果も◎

コーヒーウォーマーキャンドル箱

上でも触れた「コーヒーウォーマーキャンドル」だが、名前の通りコーヒーなどの保温に特化したキャンドル。メーカーによると、通常のキャンドルを使用した場合2時間経過時点で90℃から70℃まで冷めるが、コーヒーウォーマーキャンドルなら90℃から80℃までにとどまるとのこと。

キャンドルの燃焼時間は約2時間30分で、保温効果も3時間程度は持続しそうだ。このキャンドルをちいさな薪ストーブランプに入れ、専用のロストルを敷いてステンレス製のコーヒーカップを乗せればかなりの時間温かく保つことができる。

お家で、アウトドアでこう使う!

ちいさな薪スト

利用シーンとしてわかりやすいのは、自宅で読書をする際にランプの雰囲気を演出しながら、温かいコーヒーを楽しむというもの。おそらく3時間の保温効果が切れる前にコーヒーがなくなってしまうだろうが、コーヒーをお替りしても余裕で保温が出来る保温時間。

アウトドアではアヒージョなどを温かいものをゆっくり食べるのにも使える。通常、火から上げてしまうとどんどん冷めていってしまうので、ちびちびワインを飲みながらちょっとずつ食べたい私的にはいただけない。このちいさなまきストーブがあれば長時間温度を保った状態で食べることが出来そう。

鋳物製で所有欲を満たすずっしり感

ちいさなまきストーブ本体

小さな見た目でも鋳物製でしっかりした作りとなっており、よくよく見てみると重厚感すら感じられるクオリティ。カメヤマキャンドルハウスは他にもミニサイズのハリケーンランタンをリリースしており、今後もこういった「ミニサイズ」シリーズを作ってくれるかもしれない。

ちなみにこちらのちいさなまきストーブ、執筆時点では人気過ぎて品薄になっているとのこと。公式サイトで再入荷情報を気長にチェックするか、楽天などで予約販売を注文して待つのも良いだろう。

本物の薪ストーブみたいなキャンドルホルダー。専用ロストルとコーヒーウォーマーキャンドル付き。おうちで、キャンプで、ゆったり癒しのひとときに!

カメヤマキャンドルハウス公式サイト

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂