サブスクで憧れのキャンピングカーライフを!3つのプランから選べる新サービスがローンチ

サブスクで憧れのキャンピングカーライフを!3つのプランから選べる新サービスがローンチ

この記事をご覧の方は既にご存知の通り、世は空前のキャンピングカーブームの真っ只中。キャンピングカーで宿泊しやすいRVパークなども整備されてきており、キャンピングカーライフを楽しみやすい時代になってきた。

とはいえキャンピングカーは高価で所有は難しい。そんな方向けにレンタルサービスもあるが、一泊二日となるとまあまあ金額がいってしまう。そこでオススメしたいのがJAPAN ROAD TRIPが始めたキャンピングカーレンタルのサブスクサービス。サービスの内容や注意点についてチェックしていこう。

スタイルに合わせて選べる3つのプラン

japanroadtrip202205

キャンピングカーレンタルのサブスクと言っても、休みの違いや楽しみたいスタイルは多様にあるので画一的なサービスは使いづらい。JAPAN ROAD TRIPのサービスであれば3つのプランから選べるので、サービスを無駄なく使う事が出来そうだ。

休日も平日も可「フルプラン」/月額35,000円

こちらは平日であろうが休日であろうがいつでも使う事のできる無敵のプラン。義務教育課程の子どもと合わせようと思うと休日は外せないので、家族や二世帯でガッツリ楽しもうと思うとこのプランがオススメ。特に、金曜日→土曜日や、日曜日→月曜日の宿泊の仕方は、土日の賑やかさやイベントと平日の静かさが両方味わえる。

空いてる平日限定「平日プラン」/月額25,000円

仕事の都合も問題なければ平日限定の「平日プラン」もオススメ。フルプランに対して10,000円も安くなるので、どうしても休日じゃなければダメという方以外は検討の余地があるだろう。一般的なキャンピングカーサービスで2泊3日をするとなると25,000円が超えてくるケースが多いので、連続した平日にゆったりとキャンピングカー旅を楽しむスタイルが良いだろう。

月に1回のライトな「月イチプラン」/月額9,800円

最もお値打ちな「月イチプラン」は、平日限定で月1回まで使うことが出来るプラン。月に複数回行く時間的余裕が無いという方はこちらで十分だろう。

借りられるキャンピングカーはこちら

japanroadtrip202205 (2)

サブスクで借りられるキャンピングカーは、「メモリーズ号 コルドリーブス 7人乗り6人就寝」という車両だ。トヨタのトラック「ダイナ」がベースになったいわゆるキャブコン

食材の保管や冷え冷えのドリンクに欠かせない冷蔵庫や、エンジンを切っていても起動できる「FFヒーター」、家庭用の家電も動かせるAC100V電源を備えるなど、充実した装備だ。大きな車両になるので運転が不安、という方も大丈夫。無料講習で運転も出来るし、装備の使い方も学べるので安心だ。

憧れのキャンピングカーライフを手軽に!

キャンプのイメージ写真

そもそもキャンピングカーを買おうとしてもローンが組めなかったり、納期が遅すぎてすぐに使えなかったりと問題が多い昨今、レンタルサービスのサブスクというのは最適解の一つと言っていいだろう。

借りられる車両は7人乗り6人就寝なので、2世帯で旅行に出かける他にも、大学のサークルなどにも相性が良い。サービスの定員や、契約条件などは公式サイトからお問い合わせを。

公式サイトはこちら:ジャパンロードトリップ

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂