ロゴスの2023年モデルが先行販売決定!全13種で既に秋冬商戦がスタートか

ロゴスの2023年モデルが先行販売決定!全13種で既に秋冬商戦がスタートか

まもなく梅雨に入ろうかというこの時期、キャンパーの皆さんはどうお過ごしだろうか。梅雨に備えたギアメンテを兼ねたキャンプをしているだろうか、はたまた梅雨キャンプに備えて装備を整えているだろうか。

そんな中で既にキャンプ業界は秋冬商戦に向けて動き出しており、ロゴスは2023年にリリースする予定のアイテムからいくつか予約受付を開始した。今回はその中から注目アイテムを紹介していく。

どんぐり PANELドーム 290-BC

lgs2023m202206 (2)

今回最注目のアイテムはこの「どんぐりPANELドーム」。ぱっと見はドーム型のテントに見えるが、よくよく見るとフレームが無い。その正体はロゴスでよく聞く「PANEL」で構成されており、その数は全部で12個。

シートとパネルは一体化しており、設営の際はパネルの中心を引っ張るだけでOKな簡単仕様で、ロゴスによれば約3分で設営が出来るとのこと。メッシュによる開口部が無い分、全方位10カ所に窓があり、たくさんの窓で外気を取り込める。

lgs2023m202206 (3)

専用のグランドシートと一緒に使えばおこもりキャンプも可能。タテヨコ約292cmに高さが220cmと大きく、対応人数は7人となっているので、雨の日もテント内で快適に過ごせそうだ。

MAKIBI マルチソロテーブル

lgs2023m202206 (4)

ソロキャンプの際、これ以外何もいらないと言えてしまう程たくさんの機能が付帯したテーブル。熱に強いスチール&ステンレスのテーブルをベースに、灯りを確保するランタンフック、スマホや小物を置ける小型ラック、クッカーを吊り下げて調理できる調理用フック、そして焚き火台がセットになっている。

これだけたくさんの機能がありながら、折りたたんで重ねることでフラットに収納することが出来る。専用の収納バッグに入れれば持ち運びもラクチン。

ハンガー扇風機(USB蓄電)

lgs2023m202206 (6)

USB蓄電タイプの吊り下げられる扇風機も登場。秋冬モデルにラインナップされているというあたり、テント内の空気を循環させて結露を防ぐサーキュレーターとしての役割も考えられているだろう。扇風機の中心に配置されたロゴスのロゴが光るので、暗くても場所が分かるようになっている。

風量は強から弱までの3段階に、就寝時に丁度いいリズムモードを搭載。ファンの角度を無段階で調節出来るので、欲しい所に風を送れるのも嬉しいポイントだ。

発売は6月17日から順次開始

lgs2023m202206 (13)

上で紹介したものの他にもいくつかのアイテムが2022年6月3日から公式オンラインストアにて予約受付を開始している。発送は6月17日から順次開始とのことなので、今から検討すれば秋のキャンプには十分に間に合うタイミングだ。

この先行販売のタイミングを逃すと次は今秋の販売までお預けとなる。秋冬シーズンでフルに使いたいという方はお早目のご検討をオススメする。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂