意外とこういうの無かったかも?LOGOSの「キャンプブランケット」がインアウト問わない万能選手

意外とこういうの無かったかも?LOGOSの「キャンプブランケット」がインアウト問わない万能選手

お泊りキャンプに限らず、デイキャンプやピクニックに欠かせないものと言えばレジャーシート。最近はお座敷スタイルの需要も多く、高機能なレジャーシートやマットが主流になっている。

一方で、今回LOGOSが発売した「キャンプブランケット」は、一見するとおしゃれなレジャーシートではあるものの、最近のシートとは一味違う商品となっている。どんな点が異なっているのかを解説していこう。

色んなシーンで使える綿素材

cbl202206 (5)

冒頭でレジャーシートの話をしたが、今回紹介する「キャンプブランケット」は厳密にはレジャーシートではない。商品名にブランケットとついていることからも分かる通り、いかにもなガッツリ系レジャーシートと言うよりはレジャーシートにも使えるよ、という認識の方がいいだろう。

素材は肌触りの良い綿を採用。地面に敷いて使用することはLOGOSからもアナウンスされているので、それなりにしっかりした厚みであると思われる。名前の通り寒い時はひざ掛けとして使用することも出来る様だ。

室内でアウトドアの雰囲気を出すのにも◎

cbl202206 (3)

屋外で使用するのはもちろん、室内でも便利に使えそう。いや、むしろ室内の方が真価を発揮するのではないだろうか。夏は毛足の長い絨毯だと暑苦しいので、こういった綿素材のラグだとサラッと使えて快適。逆に出番のなくなる冬はブランケットとして使用すれば年中活躍することが可能。

デザインとしてもインテリアになじみやすいカラーが揃っている。アウトドアライクな生活を送る方にとってラグ選びは結構大切だが、このキャンプブランケットなら問題なさそうだ。

マルチクロスとしてテント内にも良さそう

cbl202206 (6)

個人的に一番オススメしたいのが、ワンポールテント内での使い方だ。ワンポールテント内をお座敷スタイルでレイアウトするにあたって、どんなおしゃれキャンパーもこだわっているというのがラグの部分。そして場合によっては生活感の出る収納系ギアなどにクロスを掛けたり、コットにシーツをかけたりと、意外とクロスの出番は多い。

その中のどのシーンでもマッチするのがキャンプブランケット。使い方に縛られず、自由な発想でキャンパーらしい使い方が出来る余地があるのは嬉しい。

どんなシーンでも使える万能選手

cbl202206 (2)

アウトドア、インドア、そしてアウトドアリビングでも活躍できるキャンプブランケット。サイズは幅が約125cm、奥行きが150cmと1坪の大きさよりは若干小さいが、敷いたり掛けたりとマルチな用途を考えるとこれクレイのサイズがちょうどいいのかもしれない。

発表によれば価格は税込3,900円と結構お値打ちなので、サイトの雰囲気を変える要素がは欲しいという方は検討してみてはいかがだろうか。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂