トヨトミから「アメリカンダイナー」をテーマにしたストーブが登場!キャンプでの使い道は?

トヨトミから「アメリカンダイナー」をテーマにしたストーブが登場!キャンプでの使い道は?

ギアミッションでも知られる石油ストーブメーカーのトヨトミから、通常のトヨトミのラインナップとして「アメリカンダイナー」をテーマにしたストーブが発売された。既にビジュアルをご覧いただいているのでお分かりかと思うが、映画に出てくるようなアメリカのダイナーをイメージしたカラーリングとデザインになっている。

これだけだとキャンプとは関係ないような気もするが、実はそうでもない。これまでキャンプでよく見かけるストーブがと言えば、「スタイリッシュ」や「ギア感」を押し出したものが多かったので思い至らないが、実はこのデザインこそが「合う」スタイルもあると考えている。

毎年デザインが変わる「SEASON STOVE」の第1弾

ssad202209

2022年9月からスタートする「SEASON STOVE(シーズンストーブ)」の第1弾として投入されたのが今回の「アメリカンダイナー」をイメージしたストーブたち。本体のカラーやガラス、操作部にデザインされたイラストが毎年変わる限定のデザインで、1年すると無くなってしまう貴重なモデルだ。

この仕組みで思い浮かぶのがコールマンのシーズンズランタン。こちらも毎年テーマの異なるデザインでファンを釘付けにしている。自分のスタイルに合ったデザインと出会う可能性があるので、毎年の楽しみになりそうだ。

カラーはアメリカダイナーらしい「ケチャップ」と「マスタード」

ssad202209 (2)

お伝えしている通り、2022年9月モデルについては「アメリカンダイナー」がテーマとなっており、ぱっと見で目を引くケチャップとマスタードのカラーリングがカッコカワイイ。

これまでストーブと言えば家具と馴染む主張の少ないデザインだったり、キャンプに持ち出しても浮かないスタイリッシュなデザインだったりという事が多いイメージだが、アメリカンダイナーのデザインだとストーブそのものが主張してサイトのワンポイントになってくれそう。

ガラスにはウェイトレスやアクラシックカーがデザインされいる他にも、操作部はウェイトレスのメモをイメージしたデザインが追加されている。控えめに言ってもメッチャカッコイイのである。ちなみに付属のストーブバッグも中々遊び心が効いたウェイトレスデザインなのだが、これが中々攻めた仕上がりに。

FJクルーザーや、ロッジ型テントと合う!?

ssad202209 (12)

さて、では今回のアメリカンダイナーシリーズはどんなスタイルと相性が良いだろうか。

まず最初に思い浮かんだのが、「カラーリング的な相性の良さ」だ。キャンパーならトヨタのFJクルーザーというクルマはご存知だろう。元々逆輸入車という事もあって、日本車らしからぬビビットなカラーリングが特長的。つまり、カラーリングを他のキャンプギアと合わせるのではなく、クルマと合わせるのである。

また、全体的な雰囲気ではロッジ型テントとの相性は良さそう。ロッジ型テントは今でこそトレンドの中心にいるが、元々はずっと前に主流だったモデル。アメリカンダイナーとは世界観は違うものの、「レトロ」や「ヴィンテージ」という共通のキーワードを持つので、組み合わせ方によっては相性が良さそうだ。

固定観念にとらわれない試み!早くも来年に期待

ssad202209 (8)

石油ストーブとアメリカンダイナーを組み合わせるという発想は、これまでにあっただろうか。筆者が知る限りでは、石油ストーブ史上初の試みなのかもしれない。

こういった固定観念にとらわれない試みからスタートする「SEASON STOVE」。来年以降はどんなテーマになるのか楽しみだ。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂