キャプテンスタッグとコロナのコラボ第二弾!新色も合わせて2色で販売

キャプテンスタッグとコロナのコラボ第二弾!新色も合わせて2色で販売

ストーブの記事を書き始めると、もうそんな季節か…と切なくなるが、皆さんは冬キャンプの仕度を始めているだろうか。特にオンシーズンになると在庫が少なくなってしまい、選択肢が狭まる暖房器具に関しては、早めの検討をオススメしたい。

そんな検討期の段階で入ってきた魅惑的なニュースが「キャプテンスタッグとコロナのコラボストーブ第二弾の登場」というもの。昨年は限定販売をしたダークグリーンが人気を博していたが、今年は同色に加えて新たにベージュもラインナップとのことなので、更に注目度が高まりそうだ。

コラボストーブは特定のテント内で利用OK!

cxc202208 (18)

昨年話題になった大きな特長と言えば、メーカーが公式にテント内で使用OKとしたこと。元々こういった暖房器具は一酸化炭素中毒の危険性があるとして、テント内での利用は原則NGだったが、キャプテンスタッグが開発した限定テント内でのみ利用可能となった。

燃料はもちろん灯油で、暖房の目安はコンクリートで18畳まで、木造では13畳まで。自然対流形なので、360度で暖まれるので複数人が暖を取るのにうってつけ。対震自動消火装置も備えており安全面にも配慮されている。

新色はナチュラルカラーと相性のいいベージュ

cxc202208 (16)

2021年に発売された第一弾のコラボストーブは、ふかーいグリーンカラーが渋い「ダークグリーン」。アウトドアテイストを意識しながらも、リビングで使用しても浮きすぎないちょうどいい調色となっている。今回はそのダークグリーンも販売されるが、注目は新色の「ベージュ」だ。

使用できる限定のテントもホワイトやベージュに近いカラーなので、ダークグリーンでは少々浮いてしまうのが気になるという方もいただろう。今回のベージュであればしっくりくること請け合いだ。

同時発表の収納ケースも見逃せない

cxc202208 (8)

前回は発売が無かったが、今回はケースも同時販売するとのこと。「コロナ自然通気形開放式石油ストーブSL-51型」専用となっており、持ちやすいハンドルとサイドのメッシュポケットが機能的。10mmの分厚いクッション材を採用しているので、フィールドに持ち出す際にも大活躍するのは間違いない。

カラーはストーブと合わせて2色ラインナップされており、それぞれの機種に合ったものを選べる様だ。なお、底は汚れづらい生地を採用しているので、キャンプ場の土や芝がついてもサッと拭けばきれいに保てそう。

各色限定500!販売開始は9月1日午前10時から

cxc202208 (3)

今回はダークグリーン、ベージュのそれぞれで500台限定で販売。昨年の限定販売台数が300台だったことを考えると、中々勝負に出た数字にも思える。とはいえ、昨年手に入らなかったキャンパーも狙っているので油断は禁物。狙っている方は2022年9月1日午前10時に公式オンラインストアを開いて待機しておこう。

製品仕様

cxc202208 (15)

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂