キャンプ場を探す新しい選択肢に!キャンパーのポータルサイト「iihi(いい日)」

キャンプ場を探す新しい選択肢に!キャンパーのポータルサイト「iihi(いい日)」

これをお読みいただいている皆さんは、どんな方法でキャンプ場を調べているだろうか。昔とは違ってインターネットが発達した現代では、キャンプ場の公式サイトや外部の連携サイトを見て、ネット上で口コミやサイトの使用感を確かめるといった流れが定番化しているだろう。

しかし、小規模なキャンプ場や、オールドスタイルのキャンプ場については『検索しても公式ホームページが出てこない』ということもよく有る。そういったキャンプ場に出会える可能性があるのが、株式会社CARY(以下、CARY)が公開を予定しているキャンパーのためのポータルサイト「iihi(いい日)」だ。

「iihi」では何が出来る?

iihi202210 (3)

iihiの機能を一言で言うと、全国のキャンプ場の情報を検索・保存できるキャンプポータルサイトという事になるらしい。

CARYの発表によれば、日本のキャンプ場の数は4,000ヶ所を超えており、その中にはWEVサイトや予約機能が無いキャンプ場も多いとのこと。そういったキャンプ場とキャンパーが出会えて、キャンパー達が情報を蓄積していくことが出来る様になるという訳だ。

独自のデータベースで全国のキャンプ場を検索

秋ヶ瀬公園キャンプ場

CARYが元々、キャンプ・アウトドアスタートアップを生業としており、創業者が長年感じていた課題を解決するために開発したのがiihiという事になる。自ら収集した独自のデータベースを作り、初心者からベテランまで幅広く使える「こだわり条件からの検索」が出来る様だ。

未知の出会いも

能動的に調べる他にも、テーマやトレンドリストによってキャンパーが思いもよらなかったキャンプ場をオススメしてくれる機能もあるらしい。こだわりが強ければ強いほどキャンプ場の選択肢は狭まってしまうが、こういった他の刺激もあると新しい可能性に挑戦する機会も増えそうだ。

オリジナルリストの作成

スマホを操作している女性

これまで行ったキャンプ場や行ってみたいキャンプ場の情報をリスト化することも出来、それをキャンパー仲間とシェアすることも可能に。自分がどういったキャンプ場に行ってきたのかというのを記録するのにも使えそうだ。

キャンプ場へのレビュー機能

WEBサイトや予約機能が無いキャンプ場は、レビューやどういった使い心地だったかというのを調べるのも大変だ。iihiにはキャンプ場毎にレビューが投稿できる機能がついているので、リアルな使用感などが分かるようになる。

2023年の公開に先駆けてプレオープンを予定中

iihi202210 (2)

iihiの正式なローンチは2023年1月11日を予定しているが、今ではティザーサイトが公開されており、雰囲気が分かる。12月中旬には公式インスタグラムのフォロワーに対してプレサイトを限定公開していくとのことで、順次案内のDMが送られてくるとのことだ。iihiが気になった方は早めにインスタグラムをチェックしておくことをオススメする。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂