焚き火をもっと楽しむ「焚き火の香水」がデビュー!でも、焚き火の香水って何?

焚き火をもっと楽しむ「焚き火の香水」がデビュー!でも、焚き火の香水って何?

この度、株式会社ハンマーハウスから「焚き火の香水 ファイヤーパフューム」がデビューした。焚き火の香りといえばイメージするのは燻した煙の匂いで、コットン製のテントやタープに染み付いている『あのニオイ』を想像する人が多いだろう。

焚き火の香水と聞いたとき、真っ先に考えたのは「私生活でもあの匂いを感じたい人用の香水だろうか?」というものだったが、どうやら『薪に吹き付けて焚き火の匂いを変化させる香水』のようだ。1月10日からクラウドファンディングでの先行販売を予定しているファイヤーパフュームの詳細を紹介しよう。

薪に吹き付けて焚き火をするだけで極上の空間を

ファイヤーパヒュームの使い方

業界初(ハンマーハウス調べ)のユニークなこの商品は、ファイヤーパフュームという名前の通り、焚き火に使う専用の香水だ。使い方は、薪に吹き付け、焚き火をするだけ。たったそれだけでリラックス空間を演出し「オフる」環境を整えてくれる。

キャンプでの焚き火は、飯を作り、暖を取り、癒されるためのアクティビティの1つ。焚き火の香水は、焚き火による癒しをさらに高め、リラックスしたり、元気が出る気分にしてくれるそうだ。

野営のプロが思い付いた焚き火のアイテム

野営のプロが思い付いた焚き火のアイテム

ファイヤーパフュームを開発した一人である、ハンマーハウス代表の比留間氏は沢登りや登山が趣味で、もともとは野営での焚き火を楽しんでいたそう。ある日、薪に火を灯し、焼酎を片手にメラメラと燃える炎を眺めていた時、ふと思い付いたのが「焚き火の香水」とのこと。

焚き火は非常にシンプルなキャンプのアクティビティだが、もっと焚き火を楽しむことができるのでは?と当時気になっていたサウナアロマから発想を得て、焚き火の香水の開発アイデアを思いついたそうだ。

世界的コンテスト「パルファン・グランプリ」受賞歴がある調香師と開発

調香師と開発

焚き火の香水は、キャンプ、アウトドア、焚き火という条件だからこそフィットするこだわりの香りを実現するために、パルファングランプリという香水のコンテストで受賞歴のある調香師とともに開発

幾度となく実験を重ね、焚き火と相性の良い香りをブレンドしキャンプを邪魔しない成分配合を見つけ出し、野営のプロによるこだわりとノウハウ、調香師の経験と技術によって開発、商品化された。

「CAMPFIRE」で1月10日17時から独占先行販売予定

焚き火の香水ファイヤーパフューム

「ファイヤーパフューム 焚き火の香水」の形状はアウトドアでも使いやすいボトル、薪への吹き付けに最適なスプレーを採用。国内の化粧品工場に製造を依頼して、こだわり抜いた香りを高品質で確保した上、お求めやすい価格2,600円(税込)を実現している。

さらに、2023年1月10日17時からクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で先行販売が開始される予定とのこと。先行販売での割引価格などは今のところ不明だが、通常よりも割引価格で発売されることが期待できるので、一味変わった焚き火を楽しみたいと考えているならチェックしておこう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • キャンプクエスト編集部
  • キャンプクエスト編集部株式会社noasobi
  • 「キャンプは自由だ!最高だ!」と自然の中で過ごす快感、快楽に取り憑かれキャンプ沼にどっぷりハマった人が集まるキャンプクエスト編集部。趣味もキャンプスタイルも全員異なるが、共通点は日本キャンプ協会のキャンプインストラクターの資格を持っていること、キャンプを愛していること。時々、焚き火を囲い酒を飲みながら語り合う。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂