岩本利達
キャノピーのアレンジが多彩!VASTLANDが簡単設営なのにゆったり過ごせるワンポールテントを発売

キャノピーのアレンジが多彩!VASTLANDが簡単設営なのにゆったり過ごせるワンポールテントを発売

テントの定番である「ワンポールテント」は、その設営のしやすさや分かりやすいアイコニックな見た目から多くのキャンパーから愛されている。基本的にはワンポールテントとタープをセットで設営し、テントは寝室、タープはリビングとすることが多いが、2種類の設営が必要という事が少々ネック。

VASTLANDの発表したワンポールテントはキャノピー部分のアレンジによって機能やリビングスペースの広さを変えられるという事で、初心者からベテランまで幅広く使える一張りとなっている。

キャノピーをタープ代わりに使って広々リビング

vast1pole202311 (13)

ワンポールテントの前面部分には大型のキャノピーを備えており、ここを可変させることによってシチュエーションに応じた快適なリビングスペースを作れる。ちなみにクローズした状態ではフライシートとインナーテントの間に若干の前室があり、寝る時や雨の時はここに靴を置いておくと便利。

別途ポールを用意し、キャノピーを立ち上げるとテントとつながったリビングスペースが登場。サイドも隠れているのでプライバシー空間が簡単に出来上がる。サイド部分はジッパーで接続されており、開放してポールを追加してやるとさらに広いリビングスペースが生まれる。

vast1pole202311 (14)

もちろんインナーテントを設置せずにシェルターとして活用する事も可能。テント内を広々と使いたいという方はこちらの方がおススメだ。

VASTLANDらしい細やかな気配り

vast1pole202311 (15)

VASTLANDが作るギアはいつも細やかな気配りが利いていて毎度感心させられる。セットには最初からフロントドアの内部に取り付けできるデイジーチェーンが付属しており、ランタンやカトラリーをぶら下げておくのに便利。車のカギなどもここにかけて置けばどこに行ったから分からなくなることも無いだろう。

vast1pole202311 (16)

テント全周にはスカートを搭載。巻き上げも出来るので冬でも夏でも快適に過ごせそうだ。また、この手のテントは頂点に向かうにつれてファスナーに手が届かなくなってしまうので開閉がしんどい時もあるが、「ファスナー開閉用スティック」も付属しており、そのプチストレスも解消される。

vast1pole202311 (16)

なお、背面ドアは「トリプルスライダー構造」となっており、ポールを立てた状態でもファスナーを閉めることが可能。テントにタープを隣接して設営したい場面で地味に活躍してくれる機能だ。

サイズは2種類から選べる

vast1pole202311 (4)

ラインナップされるサイズは2人用のSサイズと、4人用のMサイズの2種類。Sサイズの方は2人でもキャノピー部分はちょうど良さそうだが、4人部分だとちょっと狭く感じるかも。別途タープを用意しておいた方がいいかもしれない。

発売キャンペーンでお得に手に入る

vast1pole202311 (15)

これらのテントはSサイズが21,980円、Mサイズが27,980円と比較的安価なのに加え、恒例となっている発売キャンペーン中に購入すればさらにお値打ち。

発売日の2023年12月9日0時~12月15日中に購入することが出来れば、20%オフの17,584円(Sサイズ)、22,384円(Mサイズ)になるということでかなりお得になる。

雨や風の具合、サイト周辺の環境によって様々なアレンジが出来るというのは初心者からベテランまで幅広く有用。最初の一張りやテントの買い替えを検討している方はチェックしておいた方がいいだろう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂