キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

マンションのベランダでどれだけキャンプ気分が味わえるか挑戦してみた

マンションのベランダでどれだけキャンプ気分が味わえるか挑戦してみた
なかなか思うように外出できないこのご時世、家に居ながらキャンプや旅行に代わる遊びができないものか…。そう考えながらふと窓の外をのぞいてみると、無機質なベランダが寂しそうにこちらをのぞき込んでいるように見えました。

いつもは洗濯物を干すときくらいしか足を踏み入れないベランダですが、だからこそまだ見ぬ可能性を秘めているのではないか、そう思った私はベランダに狙いを定めました。

テーマは「ベランダリゾート」ということで、家にあるもの使ってベランダでどれだけキャンプ気分が味わえるか、やってみました!

chinata

長野県在住の主婦
「今週末何する?」
「キャンプ行くか!」
週末が近づくと必ずといっていいほど、夫婦でこのやりとりをしてます笑

    マンションのベランダをくつろぎの空間に

    キャンプのギアをセット

    ①セット前ベランダ

    こちらが我が家のベランダです。通常は洗濯物を干すのがメインで、あとは家庭菜園のミニトマトが隅でひっそりとなっているくらいです。

    マンションにしては少し広めなので、せっかくだったら有効活用できないかなと日ごろから考えていたのですが、ようやく活躍のときがきましたね。

    さあ、まずはテーブルと椅子が必要かな。

    ②セット後ベランダ

    ということで、キャンプのギアをセッティングしてみました。とりあえずテーブルとチェアだけのつもりでしたが、ついでにラックやランタンなんかを出してみると、結構いい感じになりました。

    ベランダとはいえ外であることには違いないので、キャンプギアとの相性はばっちりですね。ちなみにテーブルはHilanderで、チェアはFIELDOORのものです。

    観葉植物で緑をプラス

    キャンプギアをセッティングしたらそこそこ雰囲気が出ましたが、リゾート感が足りません。リゾートと聞いてまず頭に浮かぶのは透きとおった綺麗な海です。心地よい波音と真っ白な砂浜…は諦めました。

    ③観葉植物-rotated-1

    家にあるものでどうにかできないか、と家中を歩きまわって観葉植物を集めてきました。

    大体は100円ショップで手に入れた子たちですが、置くだけでコンクリートのベランダの無機質さを緩和してくれます。幸いにも、もともと我が家のベランダの前には木が生い茂っているので、視界にはたっぷりと緑が入ってきます。

    やっぱり緑って癒されますね。

    それと、この時期に欠かせないのがこれです。

    IMG_9373

    ベランダキャンプにはたくさんの蚊も集まってきますので、蚊取り線香でしっかり対策します。虫よけスプレーも使えばさらに安心です。これで1日中ベランダにいても大丈夫ですね。

    ベランダキャンプでは手間をかけた料理で贅沢気分を

    さて見事に変身したベランダで、お待ちかねのごはんをいただきましょう。と、ここでポイントなのが、いつもより少しだけ手間をかけること。

    外でごはんを食べるだけでおいしく感じるのも事実ですが、ここはベランダリゾート。いつもより少しだけ頑張って作った料理で特別感を出していきます。

    ⑤サンドイッチ

    朝食のサンドイッチ。作り方は簡単、パンで具材をはさむだけ。ですが見栄えを良くしようとするとこれが案外大変。ボリュームを出すために具材をたっぷり目にしたため、キレイに切るのにひと苦労しました。

    鳥のさえずりを聞きながら少し苦めのコーヒーと一緒にいただきます。口いっぱいにかぶりつけば、パンとたっぷり具材の味が合わさり、もうたまりません。

    ⑥オーブン焼き-rotated-1

    昼食には鶏肉と野菜のオーブン焼き。彩りが鮮やかになるように野菜を選ぶのがポイント。野菜をちょうど良い大きさに切り、鶏肉とともにバランスよく並べます。塩・胡椒、オリーブオイルなどで味付けしてオーブンで焼けば出来上がり。

    ジューシーな鶏肉と野菜のやさしい甘さは相性抜群、夢中になってばくばくと食べてしまいました。

    ⑦ケーキ-rotated-1

    ティータイムには黄桃のチーズタルト。リゾート中はカロリーなど気にせずとことん楽しみます。黄桃の甘さを活かすためにチーズタルトは少し砂糖を控えめにしてみました。

    甘酸っぱい黄桃と濃厚なチーズ、そしてタルトのサクサク食感のマッチがエクセレント!思わずルー大柴のような言い回しになってしまうおいしさです。

    お気に入りの紅茶も一緒にすすりながら、優雅な午後を過ごせました。

    イルミネーションでベランダキャンプに幻想的な夜を

    ベランダキャンプは暗くなっても終わりません。いやむしろベランダリゾートの真髄は夜にあるといってもいいでしょう!

    ④ライトアップ

    ほら、すごくいい感じじゃないですか?

    キャンプで使っているランタンの他に、結婚式の装飾に使ったライトを物置から引っ張り出してきて並べたら部屋の電気をオフ。自作イルミネーションが思ったよりも綺麗で我ながらうっとりしてしまいました。

    せっかくなので、ベランダをキラキラに照らしてくれているライトたちを結婚式での活躍シーンとともにご紹介します。

    IMG_9368

    こちらの大きいキャンドル型のライトはニトリで買いました。たしかひとつ700円くらいだったと思います。結婚式では高砂のテーブルに飾っていました。

    実はこれ、中のライトの部分以外は本物のロウでできていているんです。これを置くだけでなんとなくゴージャスな感じがします。

    IMG_9371

    お次は小さなキャンドル型のライト。こちらはネット通販で数十個まとめて安く買いました。結婚式では庭のプールに浮かべていました。

    ひとつずつ裏側のスイッチを付けたり消したりするのが少し大変ですが、たくさん置けば幻想的なムードを作り出してくれます。ちなみにガラスの器は100円ショップです。

    IMG_9369

    柵に巻き付けているのがこちらのフェアリーライト。メルカリで1つ1,000円くらいで買いました。1つで長さ10mもあるので結婚式ではガーデンの木に巻き付けていました。クリスマスのときなんかにも使えそうですし、意外に活躍の場が多くて買ってよかったと思ってます。

    さて、この幻想的な空間でディナーをいただきます。装飾に引けをとらないくらいオシャレな料理を作らなければ、と意気込んで作ってみました。

    ⑧ディナー-rotated-1

    エビとブロッコリーとトマトのアヒージョ、そしてピンチョス。

    アヒージョには前にニトリで買ったっきり棚で眠っていたスキレットを使い、ピンチョスはカッティングボードに並べてみました。バゲットと安物ワインも揃えたら、洒落たスパニッシュバーのように。

    キラキラと輝く素敵な空間で異国感あふれる料理。これは非日常といっていいでしょう。

    マンションでベランダキャンプに挑戦してみた感想

    マンションでのベランダキャンプは想像していたよりもリゾート感を味わえて満足でした。生活の場をベランダに移すだけでこんなにワクワクするものなんですね。

    いつもはあまり気に留めないベランダを見直すきっかけになりました。それと、ベランダをリゾート化するために装飾や料理を工夫してみるのも楽しかったです。

    もともとは自粛疲れ解消のためにやってみたのですが、平常時でも時間や金銭的な都合で外出できないときの遊びとしてかなりおすすめです。皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

    chinata

    長野県在住の主婦
    「今週末何する?」
    「キャンプ行くか!」
    週末が近づくと必ずといっていいほど、夫婦でこのやりとりをしてます笑

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top