キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

東京都にある神戸園は釣りと川遊びが楽しめる素敵なオートキャンプ場でした

こんにちは。3歳と5歳の息子を持つまーママです。

コロナウイルスによる移動自粛もあり、我が家の住む東京都内でオートキャンプができるところを探していたのですが、またまたいい場所を見付けてしまいました!!

それが、東京都西多摩郡檜原村にある神戸園(かのとえん)です。東京都とは思えない緑豊かな森と綺麗な川に囲まれた最高のロケーション。そして場内の釣り堀ではニジマス釣りが楽しめ、釣ったばかりのお魚を食べることも出来ちゃいます!!

今回は、我が家のお気に入りのキャンプ場になった神戸園について皆さんにご紹介します♪

まーママ

3歳と5歳の息子を持つママ。キャンプと自然が大好き。週末はファミリーキャンプを楽しんでいます。

神戸園にチェックイン

神戸園キャンプ場-1

神戸園は圏央道【日の出IC】より車で約45分の山の中にあります。

キャンプ場までの道のりは極端に狭い道もなく、迷わず到着できました。

神戸園キャンプ場-2

チェックインの時間は14時からとなっていますが、多少の融通はきくようで、今回13時30分に入ることができました。

オートキャンプの料金は1区画4,000円。キャンピングカーは大型だと6,000円、小型は4,500円になります。

サイト紹介

神戸園は管理棟横のサイトと川沿いのサイトの2ヵ所のエリアがあります。それぞれのサイトについてご紹介しますね。

管理棟横のサイト

神戸園キャンプ場-3

今回我が家が泊まったこちらのサイトは、区画がロープで区切られているわけでもなく、森の中の「広い空き地」という感じ。一応サイトの端に黄色い杭があって、そこがお隣さんとの境目だと言われました。

隣のサイトとの間には視界を遮るものがないのでプライベート感は少ないですね…。しかし逆をとれば、サイト間にロープや垣根がない分、グルキャンの時にはレイアウトの自由度が上がります。

神戸園キャンプ場-4

我が家も今回はじいじ、ばあばとのグルキャンだったので2区画借りましたが、2区画分のスペースを自由に使えて設営しやすかったです。

地面は砂利、土、草の所がありました。場所によっては固いので頑丈なハンマーとペグを持参しましょう。

管理棟横サイトのトイレ

管理棟横のサイトにはトイレが2ヵ所あります。まず1つ目がバンガローに併設しているトイレ。

神戸園キャンプ場-5

洋式2つと男性用便器が3つあります。

神戸園キャンプ場-6

建物自体は古いですが、洋式はなんとウォシュレット付き。きちんと清掃されていたので気持ちよく使えます。

神戸園キャンプ場-7

トイレの前には手洗い場もあり、ハンドソープが備え付けられていました。

もう1ヵ所のトイレは管理棟に併設されています。

神戸園キャンプ場-8

洋式が3つと男性用便器が1つあります。

神戸園キャンプ場-9

ウォシュレット付きではありませんが、暖房付き便座なので寒い日でも快適に使用できます。こちらのトイレも清潔に保たれていました。ハンドソープが備え付けられた手洗い場もあります。

管理棟横サイトの炊事場

神戸園キャンプ場-10

サイト内に3ヵ所の炊事場があり、どこも屋根付きなので雨の日も使いやすいです。

神戸園キャンプ場-11

流しに三角コーナー、洗剤、スポンジ、たわし、ハンドソープが完備されているのは有り難いですね。

お湯は出ませんが、流しの横に作業台があり、使い勝手が良かったです。

川沿いのサイト

神戸園キャンプ場-12

続いては川沿いのサイトです。

管理棟横の道を150m程上がって行くと、橋の手前の右側にサイトがあります。

神戸園キャンプ場-13

川沿いのサイトは3区画しかなく、小規模なスペースです。

/まーママアイコン
まーママ

グルキャンの場合は4組まで入れるそうです。

周りには民家なども無く、あるのは自然のみ!!ここをグループで貸切ったら、周りに気兼ねなく楽しめそうですね~!

そしてこのサイトのすぐ横には綺麗な川が流れています。

神戸園キャンプ場-14

階段を数段下りるとそこには東京とは思えない美しい景色が!

神戸園キャンプ場-15

水がとっても綺麗で、聞こえてくるのは川の音と小鳥のさえずりのみ。

癒されるわ~!!

神戸園キャンプ場-16

ちなみにこの美しい河原ではデイキャンプをすることができます。

デイキャンプ(10時~17時)大人500円、子ども300円

車は階段を上がったオートサイトに停める形になります。

荷物を手で運ぶ必要はありますが、人が少ない所でデイキャンプをしたい人にはおすすめですね!

川沿いサイトのトイレ

神戸園キャンプ場-17

川沿いサイトのトイレは簡易トイレ1つのみです。

神戸園キャンプ場-18

水洗トイレではありませんが、中は綺麗でした。

川沿いサイトの炊事場

神戸園キャンプ場-19

こちらの炊事場も屋根付きで、三角コーナー、洗剤、スポンジ、たわし、ハンドソープが備え付けられていました。

簡易トイレであることさえクリアできれば、川沿いサイトはかなりおすすめですね!

その他の施設紹介

シャワー

神戸園キャンプ場-20

管理棟横のサイトにシャワー室が2部屋あります。コインシャワーで3分200円で使用できます。

2020.6.21時点ではコロナウイルス感染防止のため閉鎖中でした。

バンガロー

神戸園キャンプ場-21

神戸園には全部で5棟のバンガローがあります。

5名用(13,000円)、8名用(16,000円)、16名用(32,000円)があるので、ファミリーから大人数のグループまで、様々な用途に合わせた使い方ができそうです。

神戸園キャンプ場-22

建物は新しくはないですが、中は畳で綺麗にされていました。

神戸園キャンプ場-23

各バンガローに屋根付きのバーベキューコーナーがあるので雨の日でもバーベキューや焚き火が楽しめちゃいます!

しかも直火OKなのも嬉しいですね。

管理棟

神戸園キャンプ場-24

管理棟では薪(480円)、炭3㎏(1,400円)、お菓子、飲み物の販売の他、布団やバーベキューグリルなどのレンタルも行っています。

お食事処もあり、ヤマメ塩焼、マス塩焼、天ぷらうどん、天ぷらそばなどのメニューがありました。

2020.6.21は室内の食事スペースは閉鎖中で屋外の席のみ利用可能でした。

ゴミについて

神戸園キャンプ場-25

神戸園は基本ゴミは全て持ち帰りです。捨てて帰りたい場合は、可燃用ゴミ袋(100円)を前もって購入する必要があります。

使用済みの炭・灰を捨てる場所もなかったので、我が家は火消壺に入れて持ち帰りました。

神戸園の魅力

直火で焚き火が楽しめる

神戸園はなんと直火OK!!ワイルドな焚き火が楽しめちゃいます!

直火可能なキャンプ場って限られているので、貴重ですね。

釣り堀で釣りが楽しめる

神戸園キャンプ場-26

神戸園には釣り堀があり、ニジマスとヤマメを釣ることができます。

現在、ヤマメの数が少なくニジマス釣りのみ可能でした。

料金は貸竿(餌付き)が300円で、釣った分を購入する形になります。ニジマスは1匹300円でした。

息子たちは釣りができるのを楽しみにしていたので、もうテンションの高いこと(笑)

針に練餌を付けて、いざ釣りを開始!!と思ったら、なんと5秒で釣れちゃいました(笑)

神戸園キャンプ場-27

なかなか立派なニジマスです!息子も自分で釣ることができて嬉しそうでした♪

ここの釣り堀のお魚たちはお腹が減っているようで、入れ食い状態です。簡単に釣れるので小さな子どもでも楽しめますが、釣りすぎに注意しましょう(笑)

釣った魚は管理人さんに渡すと、内臓を取り塩を振って、焼くだけの状態にして渡してくれます。

神戸園キャンプ場-28

綺麗に処理してもらえるのはとても助かりますね。

夕飯のBBQで焼いて食べましたが、今まで食べたニジマスの中で一番美味しかったかも!綺麗な水で育っているので、臭みもありませんでした。

偏食の長男も「美味しいー!!」と1匹完食!!「もっと食べたい!!」と言うので翌日チェックアウトの後にも釣りを楽しみました。

釣った魚は管理棟で1匹170円で塩焼にしてもらえます。

神戸園キャンプ場-29

やはりプロが焼くと綺麗ですね!!管理棟前の屋外の席で美味しく頂きました。

神戸園の釣り堀は9時~17時までやっていて、キャンプ利用以外の人でも釣りを楽しむことができます。

気軽に立ち寄ることができて、釣りたての美味しいお魚が食べられるのでおすすめですよ♪

綺麗な川で水遊びや生き物探しが楽しめる

神戸園の横には綺麗な川が流れているのですが、川に下りるルートは3つあります。

ルート1

管理棟横の道を100mくらい下っていくと、左手に少し開けた場所が出てきます。

神戸園キャンプ場-30

奥に進むと川へ下りられる階段が見えます。

神戸園キャンプ場-31

ここは階段の下がすぐ水なので、濡れてもいいサンダルや裸足でないと下りられません。

神戸園キャンプ場-33

夏に水着でバシャバシャ楽しみたい時にはいいと思います♪

ルート2

管理棟横の道を150mくらい下がっていくと左手に川へと続く道が現れます。

神戸園キャンプ場-32

舗装された細い道を下ると河原が広がります。

神戸園キャンプ場-34

ここはちょっと川の水を触りたい時なんかでも楽しめますね。

長男はここに来て数秒で沢蟹をゲットしていました!

ルート3

管理棟前の道を150mほど上っていったところにある川沿いサイトになります。

神戸園キャンプ場-35

ここではオタマジャクシとカエルを見付けました。

生き物がいる川は、子どもは大喜びで夢中で遊んでいました。

浅いところと深いところがあるので、水の中に入る場合はライフジャケットや浮き輪があるといいかもしれません。

管理人さんが優しい

神戸園はご家族で経営されており、主にお父さんと娘さんにお世話になりましたが、とてもいい方々でした。お父さんは気さくに話しかけてくれ、色々なお話を聞くことができました。

我々家族はこのキャンプ場が気に入り、帰りがけに早速次回の予約をしたのですが、その際娘さんが「良かったら食べてみてください」と採れたてのジャガイモの煮物と麦茶を出してくださりました。

神戸園キャンプ場-36

ホクホクで甘くてとっても美味しかったです。じゃがいもは檜原村の特産物だそうで、管理棟ではじゃがいもアイスが売られていました。

檜原村ではじゃがいもアイスの他に、じゃがいもクッキーやじゃがいも焼酎も作られているので、檜原村に行かれた際はチェックしてみてください♪

神戸園のちょっと気になったところ

とっても素敵なキャンプ場なんですが、1つ気になったのは街灯が明るいこと。

神戸園キャンプ場-37

我が家のサイトのちょうど真上にあったのですが、テントが白いこともあり、寝る時も結構明るかったです。

多分、今までのキャンプ史上一番明るい夜だったかも(笑)

明るくても気にせず寝られる人や明るい方が怖くなくていいって人は大丈夫かと思いますが、夜は暗い方がいい人は街灯の近くは避けた方がいいかもしれません。

チェックアウト

神戸園のチェックアウトは10時ですが、管理人さんに直接尋ねてみたところ「ちょっとくらいなら過ぎても大丈夫ですよー!」と言っていただけました。

チェックアウト後にそのまま釣りを楽しむことも可能です。

檜原村郷土資料館に寄ってみた

神戸園キャンプ場-38

神戸園から車で4分のところに檜原村郷土資料館があります。

入場料は無料で、受付で名前や住所などの記入を行いました。

神戸園キャンプ場-39

資料館自体は小規模ですが、檜原村に住む動物の剥製や昔使われていた道具が展示されていたり、檜原村の歴史が分かるのでとても勉強になります。

神戸園キャンプ場-40

ボタンを押すと鳴き声が聞こえるようになっていて、子ども達も楽しんでいました。

神戸園キャンプ場-41

民話が聴けるスペースも面白かったですよ。

チェックイン前の時間つぶしに寄ったのですが、30分位過ごすには丁度良かったです。駐車場は5台ほど停められます。

神戸園はまた行きたい!と思える魅力が詰まった素敵なキャンプ場でした

東京都内でオートキャンプができるところは少ないので、穴場だと思います!

ファミリーで川遊びやニジマス釣りを楽しむのもよし。ソロやカップルで静かな河原でのんびりするのもよし。様々な楽しみ方ができるキャンプ場だと思います!

河原サイトは数が少ないので予約はお早めに~。

皆さんも是非、神戸園に足を運んでみてください♪

まーママ

3歳と5歳の息子を持つママ。キャンプと自然が大好き。週末はファミリーキャンプを楽しんでいます。

back to top