キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

福岡の「昭和の森」は全キャンパー対応型!キャンプ好きなら行くしかない!

福岡県宇美町にある昭和の森(一本松公園とも呼ぶ)は、福岡市内から30分程度で行けて「無料でキャンプできる!」という、ソロキャンプ&ファミリーキャンプにも対応した夢のようなキャンプ場です。

しかし、ネット上にはあまり詳しい情報が載っていないので、実際に家族3人(妻・3歳の息子)で利用してどんなキャンプ場なのかチェックしてきました!

  • 本当に無料なのか?
  • 詳しい行き方は?
  • どんな施設なのか?

など詳しくまとめていきます。

ちなみに昭和の森の中にキャンプ場は2か所あり(猫石側・一本松側)猫石側の方が行きやすく子連れのファミリーキャンプや初心者キャンパーに向いています。一本松側はロッジがメインなので、今回は猫石側の紹介記事です。

マーボ

福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山・キャンプに行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!

昭和の森キャンプ場ってこんなところ

アクセス・基本情報

福岡県森林浴100選にも選ばれるほど、自然が豊かな自然公園。特に水に恵まれていて、きれいな小川が流れているので夏場などには子供たちの遊び場としてもかなりおすすめです。また冬には凍る滝・大ツララとして有名は「難所ヶ滝」を見ることができる場所でもあります。

昭和の森から山に入って難所ヶ滝をさらに進むと、福岡の代表的な山「宝満山」に登ることもできるので「宝満山の山頂で朝日を見たい」という登山好きな人もキャンプ場に泊まっていますよ。

キャンプ場を利用する際の予約は必要ありません。しかし7月~9月の間は管理棟に管理人がいるので、キャンプ場を利用する時に届出書の提出が必要になります。

電話 092-934-3006(建設・都市計画課)
住所 糟屋郡宇美町大字宇美字正楽
料金 無料
予約 不要 ※7~9月でキャンプ場を利用する際には予約が必要

キャンプ場(猫石側)までの道のり

昭和の森はキャンプ専用の場所ではなく、宇美町が管理している自然公園なのでナビを頼りに向かってもキャンプ場まで少し奥に進まないといけません。特に迷うことなく進めると思いますが一応道順を載せておきます。

一本松公園(昭和の森)の看板

まずはナビを頼りに、昭和の森へ。看板の通り左に進んでいきます。大きく目立つ看板なので、見落とすことはないと思います。

そのまま道なりにまっすぐ進んできます。

管理棟・自動販売機

しばらく走ると管理棟が見えてきます。7月~9月の期間はここに管理人さんがいるので届書を提出しましょう。

マーボ

この時は11月だったので管理棟には誰もいませんでした。

写真の通り自動販売機があるので、飲み物が足りなくなったらここで購入することができます。ちなみに食材やキャンプに必要な小物などの販売はしてないので、事前に購入しておきましょう。

管理棟があるスペースは登山者・公園利用者の駐車場にもなっています。平日でしたが何台か車が停まっていました。

駐車場の奥にはトイレもあります。最新式のきれいなトイレではありません。が、きちんと掃除がしてあるので使うのに抵抗はないと思います。(和式ですが…。)

分かれ道

管理棟を過ぎさらに奥へ進んでいきます。すると分かれ道があるので、右に向かいます。右に曲がらず直進すると、一本松側(ロッジメイン)に着きます。

この先は舗装されていない道になります。本当に大丈夫かな?という気持ちになりますが、大丈夫です!どんどん進んでいきましょう。砂利道なのであまりスピードを出して進むと車に傷がつく恐れがあります。慎重にどんどん進めましょう。

この砂利道をガタガタと進んでいくと、また分かれ道に着くので、今度は左に向かいます。約1分程度進むとキャンプ場に到着します。ちなみにこの分かれ道を右に進むと、上記で紹介した「難所ヶ滝」への登山道になります。

昭和の森キャンプ場の施設案内

駐車場

車で入れるのはここまでです。テントに車を横付けすることはできないので、ここから荷物を運ぶ形になります。なのでキャリーカートなどを持って行った方が楽に荷物を運べます。

駐車可能な台数は30台程度です。ちなみにバイクでソロキャンプをしている人など、バイクの場合はテントサイトの中までバイクで入ることができます。

テントサイト

テントサイトの地面は「固めの土&砂利」なので、テント内に敷くマットやシートは厚めがおすすめです。テントを固定するペグもテント購入時に付いてくる細い物ではなく、しっかりした丈夫なものの方が安心です。

サイト自体が緩やかな坂になっています。平らな場所はサイト入口近くの左側にあるのですが、範囲が狭く人気があるので、どうしても平らな場所が良いという人は早めにキャンプ場に向かい場所を確保しましょう。

炊事場

グループキャンプやファミリーキャンプで大量の食事を一気に作れる「カマド」も完備されています。きれいに掃除してあり、使い勝手も良さそうでした。

テントサイト内は「直火禁止」なので、焚火台やコンロを忘れた際にもカマドを利用しましょう。使用済みの炭を捨てる場所はありません。使い終わった炭は持って帰るのがキャンプの基本です。

水道もあります。洗い物がしやすい、開けたつくりの水場なので使い勝手も良かったです。しかし水質保全のため「洗剤の使用は禁止」です。かるくサッと流す程度で本格的にゴシゴシ洗うのは家に帰ってからにしましょう。

お腹を壊したらキャンプが楽しくなくなってしまいます。もしものために水は1度沸かしてから使用しましょう

トイレ

このキャンプ場で唯一のデメリットはこの「トイレ」です。大きなトイレなので順番待ちになることはないのですが、昔ながらの汲み取り式の「ぼっとん便所」です。トイレはテントサイトの入口付近にあり、近くを通ると少しにおいがします。

電気は付くので夜は明るいですが、なるべく使いたくはありません。どうしても気になる!という人は、管理棟の奥にあるトイレを使った方がいいと思います。トイレットペーパーは用意してありましたが、万が一のことを考えて各自用意しておいた方がいいと思います。

※今回紹介していない一本松側のトイレが「2020年3月に新しくなった」という情報がありました!きれいなトイレを使いたい人は、少し我慢して一本松側に向かいましょう。

近くのおすすめ温泉「都久志の湯」

キャンプ場にはお風呂はありません。しかし車で15分程度の所に「都久志の湯」という温泉があります。

引用:都久志の湯公式サイト

住所 福岡県太宰府市大字内山1128
電話 092(918)1177
駐車場 約150台(無料)
営業時間 平日16:00~24:00(土日祝11:00~24:00)
休館日 毎週水曜日
利用料金 ≪平日≫
大浴場:600円
家族風呂:大人2名(1時間)2500円
大人1名につき600円×人数
子供1名につき300円×人数≪土日祝日≫
大浴場:700円
家族風呂:大人2名(1時間)2800円~3200円
大人1名につき700円×人数
子供1名につき300円×人数

お風呂自体はそこまで広くはないのですが、サウナも付いているのでかなりのんびりできます。しかし平日は16:00からの営業なので、早く行き過ぎないように注意が必要です。

まだ行ったことがない人は1度は行っとかないと!

今回は昭和の森(一本松公園)の猫石側について詳しく紹介しました。完全無料で、7月~9月以外だと予約も必要なく、自分の好きなタイミングで来て好きなタイミングで帰ることができる、まるで別荘みたいな感覚のキャンプ場でした。

テントサイトもゆったりとあるので、ソロキャンプはもちろん子連れのファミリーキャンプでも全く問題なく使用できます。おすすめのキャンプ場でした!

マーボ

福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山・キャンプに行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top