キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

【本当は教えたくない】佐賀県の七ツ釜キャンプ場は無料で海釣りもできる穴場だった!

こちらのキャンプ場は閉鎖されています。
※2020年9月24日
読者より「既に廃止されたキャンプ場である」という情報提供を頂き、キャンプクエスト編集部で唐津市観光課に確認を取ったところ【5年ほど前に閉鎖されたキャンプ場であり、テントを設営したり焚火を行なうことは禁止されている】という回答を頂きました。掲載されている内容はアーカイブとして保存されたものとなります。ご注意下さい。

佐賀県唐津市は福岡市内から2時間程度とアクセスもよく”新鮮なイカ”が有名で生き造りや天ぷらなのどお店が数多く存在する人気の観光スポットです。

そんな唐津市内から30分程度で行けるところに「七ツ釜キャンプ場」というキャンプ場があります。海の近くなので新鮮な魚介類が豊富にあり、釣りも楽しむことができます。しかも無料!

しかし、ネット上にはあまり詳しい情報が存在しません…。まさに「知る人ぞ知る穴場キャンプ場」なので、実際に妻と3歳の息子を連れて家族3人でキャンプしてきました。

  • どこにあるの?
  • どんなところ?
  • おすすめのポイントは?

などを写真付きでまとめて紹介します。

マーボ

福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山・キャンプに行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!

佐賀県唐津市「七ツ釜キャンプ場」ってどんな所なの?

基本情報について

佐賀県唐津市にある「七ツ釜キャンプ場」は無料のキャンプ場なので、当然チェックイン・チェックアウト・予約などは必要ありません。好きな時に行って好きなだけキャンプして、帰りたくなったら好きな時間に帰る。といった好きなことを好きなだけできる夢のようなキャンプ場です。

ちなみに「七ツ釜」とは、国の天然記念物にも認定されている玄界灘の荒波で浸食された七つの釜(洞窟)を擁する景勝地のことです。キャンプ場は七ツ釜の洞窟内を探検・クルージングするための「七ツ釜観光遊覧船乗り場」の手前にあるので、キャンプついでにクルージングで洞窟探検を楽しむのもありですね。

電話 なし
住所 〒847-0135 佐賀県唐津市屋形石3618
料金 無料
駐車場 あり
予約 不要

七ツ釜キャンプ場までの道のり

ナビを頼りに七ツ釜キャンプ場まで行こうとしても、キャンプ場に到着する前に「目的地に到着しました、案内を終了します。お疲れ様でした」と正確な場所までは案内してくれません。なので初めて行く方でも道に迷わないように、ナビに変わってキャンプ場までの道のりの写真つきで解説します。

まずはナビに「七ツ釜キャンプ場」と入力し、キャンプ場の近くまで行きましょう。すると『玄海国定公園 七ツ釜』と文字が消えかけの看板がある場所に到着します。

その先に進むと「お食事処 清月」という、広い駐車場のある場所につきます。

ナビによる案内はここで終了になります。キャンプ場までは「七ツ釜観光遊覧」の看板を頼りに、車1台がギリギリ通れる狭い道を進んでいきます。

入口が特に狭く、ここを通り抜けると道はすこし広くなります。

すると、ひらけた場所があり、そこが七ツ釜キャンプ場の駐車場になっています。約10台車を駐車することが可能。この奥にあるキャンプ場内にも車で侵入できるので、荷物の積み下ろしも楽にできます。

またキャンプしている人が少ない・場所に余裕がある時には、テントに車を横付けして「フリーオートサイト」として使うこともできます。

マーボ

人が多い場合にはゆずり合いましょう。

テントサイトは全体的に海に向かってゆるい下り坂になっています。地面は芝生で覆われていて、ペグはハンマーを使わなくても打ち込めるほど柔らかかったです。

海沿いなので、たまに強い風が吹きます。開放的でひらけたキャンプ場なので背の高い木はあまり生えておらず、日陰は少ないです。なので夏のキャンプの場合にはしっかりとした暑さ対策が必要だと思います。

キャンプ場内には備え付けのテーブルやイスもありました。荷物を少なくしたいソロキャンパーにはうれしいポイントですね。国定公園なのでしっかりと整備してあり、芝生もきれいにカットされていました。

※直火の跡がありましたが、直火での焚火は禁止になってます!

キャンプ場の広さは4~6人用のテント15張りできるくらいの広さでした。なんとなく上段・中段・下段に分かれていて、上段と中段は景色はいいですが狭くなっています。4~6人用のテント2張り程度の広さです。ソロキャンプの方がいたので写真は撮り損ねました…。

無料の七ツ釜キャンプ場にある施設紹介

「かまど」があります

無料の七ツ釜キャンプ場ですが「かまど」が5台分あります。しかし最近は使われた形跡がなく、植物が占領していました。もともとは屋根があったんだと思いますが、海沿いならではの強風で吹き飛んだらしく屋根はありませんでした。

かまどの見た目は一見不安な感じがしますが、頑丈に作られてるのでまだまだ使えると思います。グループキャンプなど人数が多いときには大量に調理できるので役に立つと思います。

トイレは歩いて3分

キャンプ場内にトイレはありません。

上記で紹介した「文字が消えそうな看板」の所、キャンプ場入口の近くに広くてきれいなトイレがあります。もちろん水洗で夜には電気も付いていました。女性でも安心して使うことができますね。

また多目的トイレにはシャワーがついていました。ちょっとした汚れは落とすことができます。かなり広々としたトイレなので、小さな子供がいても使いやすかったです。

※このトイレはキャンプ場の水道とは違うので、ここで食器などを洗うのは禁止です。

水道はありません。各自で準備しましょう

キャンプ場には水道はありません。

キャンプで必要な水は各自で準備する必要があります。もともとは水道があったであろうという場所の蛇口は撤去されていました。排水は生きていて水は流れるので食器などの洗い物はできます。

マーボ

何度も言いますがトイレで食器などを洗うのはやめましょう。

ちなみにこの日は、家族3人のキャンプで4リットルの水を持って行きましたが、1リットルほど余りました。余裕を持って準備して行った方がいいと思います。

自動販売機は3台もある

 

キャンプ場近くの、大きな駐車場のある食堂「お食事処 清月」の前には3台もの自動販売機が設置してあるので、飲み物が必要な場合はここで購入することができます。アルコールの販売はしていませんでした。

またキャンプ場から歩いて行ける範囲にはスーパーやコンビニなど食品の販売をしているお店はありません。なので必要な食材はキャンプ場に到着する前に購入しておきましょう。後ほど近くの食品を販売しているお店を紹介します。

海が近いので釣りや探索が楽しめる

キャンプ場を奥に進むと約1分の所に「観光遊覧船の発着場」があります。この場所は、広くて足場がしっかりしているので子供でも安全に釣りをすることができます。

七ツ釜キャンプ場の海はとてもきれいで底が透けて見えましたよ。唐津市はイカの名所としても有名なので、岩場にはイカも泳いでいました。釣りをするための環境が整っているので、釣り初心者でもエサを投げてすぐに魚が釣れました!

さらに潮が引いていたら浅瀬を探検することができます。岩の間には「カメの手」「ビーナ(小さな貝)」などが沢山。ただ、岩場には藻がついていて滑りやすくなっていました。足元に注意しながら探検しましょう。

天気がいいと、きれいな夕日が見られる!

七ツ釜キャンプ場は玄界灘に面しているので、海に沈む夕日を見る事ができます。穴場のキャンプ場なので人が少なく、ほぼ貸し切り状態で波の音を聞きながらのんびりキャンプを楽しむことができます。

バッタやコオロギ、テントウムシ、アリ、それから海ならではの「フナムシ」などは多く見かけましたが、蚊には刺されませんでした。海水だと蚊の幼虫ボウフラは育たないらしく、海の近くは比較的に蚊は少ないみたいですね。蚊が苦手な方にも七ツ釜キャンプ場はおすすめです。

七ツ釜キャンプ場のおすすめポイント

七ツ釜キャンプ場のおすすめポイントをまとめておきます。

  • 予約不要、無料、とにかく自由
  • 地面が芝生でフカフカ
  • かまどがある
  • テーブル・イスが備え付けられている
  • 海が近く釣り・探検が楽しめる
  • トイレが広くてきれい
  • 蚊が少ない
  • 食堂が近くにあり、昼ごはんを食べられる
  • 穴場なので人が少ない
  • 海に沈む「きれいな夕日」を見ることができる

デメリットとしては、水道とお風呂がキャンプ場に無く、サイト全体がゆるい下り坂になっているということぐらいです。それ以外はとても満足できるキャンプ場でした。特に海が好き、波の音が好き、釣りが好きな方にはおすすめ

七ツ釜キャンプ場周辺のお店について

Aコープ湊・玄海みなとん里

 

七ツ釜キャンプ場から車で10分程度の所に、THE 田舎のスーパーマーケット「Aコープ湊」があります。食品やアルコールはもちろん、日用雑貨の取り扱いもあるので、キャンプで必要なものはここで全て揃えることが可能です。

Aコープ湊のすぐ横には、地元の直売所「玄海 みなとん里」があり、新鮮な野菜や地元のかあちゃん手作りのお弁当・お惣菜・手作りまんじゅうなどが手に入ります。

玄海みなとん里には牡蠣小屋も併設してあり、店内で購入した肉・野菜・海産物、さらにいけすを泳ぐ新鮮な魚をバーベキューで楽しむこともできます。

毎月第4日曜日の午前中には「みなとん市」というイベントが開催されていて、そうめんやぜんざいの無料振るまいがあります。

Aコープ湊

住所 佐賀県唐津市湊町780-1
電話 0955-79-1122
営業時間 9:00~18:00

玄海みなとん里

住所 佐賀県唐津市湊町777-1
電話 0955-79-0709
営業時間 8:00~18:00

大漁鮮華

七ツ釜キャンプ場から車で12分程度のところには、イカはもちろん、ウニ・サザエ・アワビ・アジ・タイ…など数多くの新鮮な魚介類を取り揃えてある「大漁鮮華」があります。

呼子の海でその日の朝にとれたばかりの新鮮な魚介類を”格安”で販売していて、購入した魚は刺身や三枚おろしにしてもらえます。

住所 佐賀県唐津市呼子町呼子1740-11
電話 0955-82-3331
営業時間 9:00~18:00

展望露天風呂付の温泉「呼子 台場の湯」

上記で紹介した新鮮な魚介類がそろうお店「大漁鮮華」の横には、露天風呂付きのきれいな温泉があります。お風呂自体はそこまで広くはないですが、新しいくきれいなお風呂でした。広い休憩室には、アイスクリームの自動販売機もあるので、風呂上がりにアイスを食べながらのんびりできますよ。

住所 佐賀県唐津市呼子呼子町1740-11
電話 0955-82-2111
営業時間 10:00~20:00
定休日 毎月第3水曜日・年末年始
料金 大人(中学生以上)520円
子供(4歳~小学生)310円
幼児(4歳未満) 無料
午後5時以降 大人(中学生以上) 410円
午後5時以降 子供(4歳~小学生)200円

海で遊びたいなら「相賀の浜海水浴場」

引用:唐津観光協会

「海で思いっきり海水浴したい!」という方には、七ツ釜キャンプ場から車で10分程度のところに「相賀(おうが)の浜海水浴場」という、水質や透明度に優れている佐賀県内でも人気の海水浴場があります。

波は比較的に穏やかで、砂浜もサラサラとしていてきれいです。有料のシャワーがある海の家が3軒あり、浮輪やパラソル・ボートなどのレンタル品もあります。

住所 佐賀県唐津市相賀
電話 0955-72-4963
営業期間 7月上旬~8月中旬
定休日 なし
駐車場 440台・無料

天然記念物「七ツ釜」クルージング

引用:唐津観光協会

記事の最初でも紹介しましたが、天然記念物「七ツ釜」の7つの洞窟内を遊覧船でクルージングすることができます。キャンプ場の奥に発着所がある観光遊覧船では「さちまる」というイカ釣り漁船を使い、イカ釣り漁師さんが行っています。4月から11月上旬まで期間限定での営業です。

しかし、七ツ釜をクルージングする日はイカ釣り漁が休みの「土日祝のみ」となっています。※要予約で平日運行可

曜日を気にせずにクルージングをしたい方は、呼子港から出航している観光遊覧船マリンパル呼子の「イカ丸」を利用するのがいいと思います。

観光遊覧船マリンパル呼子の「イカ丸」は30分毎に出航していて、繁忙期には増便もあります。冷房の効いた船の中から七ツ釜の絶景を楽しむことができます。

観光遊覧船「さちまる」

住所 佐賀県唐津市屋形石3618
電話 090-2715-2988
営業期間 10:00~17:00(4月上旬~11月上旬)
駐車場 無料
料金 大人:1,000円
子供:500円

観光遊覧船マリンパル呼子「イカ丸」

住所 佐賀県唐津市屋形石
電話 0955-82-3001
営業期間 9:30~16:30
駐車場 50台/無料
料金 大人:1800円
子供:900円

佐賀県の無料キャンプ場「七ツ釜」は最高!

今回は佐賀県唐津市にある七ツ釜キャンプ場を紹介しました。福岡市内からも2時間程度と行きやすく、周辺には新鮮な魚介類や野菜・温泉・観光スポットなどがあり、使い勝手が抜群のキャンプ場でした。

観光名所「七ツ釜」は有名ですが、キャンプ場としては”穴場”なので、人が少なく静かでとてものんびりする事ができました。子供連れのファミリーキャンプはもちろん、バイクで来てソロキャンプ・グループキャンプなどにもピッタリです。

佐賀県でキャンプを考えている方はぜひ「七ツ釜キャンプ場」を候補に入れてみてください。きっと満足できますよ。

こちらのキャンプ場は閉鎖されています。
※2020年9月24日
読者より「既に廃止されたキャンプ場である」という情報提供を頂き、キャンプクエスト編集部で唐津市観光課に確認を取ったところ【5年ほど前に閉鎖されたキャンプ場であり、テントを設営したり焚火を行なうことは禁止されている】という回答を頂きました。こちらに掲載されている内容はアーカイブとなります。保存されたものとなります。ご注意ください。
マーボ

福岡在住の、小さな息子がいる三人家族です。 休みの日に息子を連れて登山・キャンプに行ったり、ベランダでDIYをしてます。 あとたまにパソコンで似顔絵も書いてます!

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top