キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

FORE_トラベルハンガーをレビュー!キャンプに最適な折り畳みハンガーの決定版!

キャンプでも服やタオルをかけたりと大活躍のハンガー 。普段自宅で使っているハンガーを持参する方も多いかと思いますが「自宅のハンガーは地味にかさばる」なんてことありませんか?

そんな課題を解決するFORE_(フォア)のトラベルハンガーをご紹介します。

モトフ

キャンプ歴3年。
ベテランキャンパーになるべく日々精進中。
WEBエディターとしてキャンプ用品のレビュー記事などを発信しています。

FORE_トラベルハンガーとは?

FORE_「トラベルハンガー」

「身軽に旅をするように働いて暮らす」をテーマとしたブランド、FORE_(フォア)が販売している折り畳み携帯用ハンガーです。FORE_はテーマが示すような身軽になれる軽量ギアを中心に展開している注目のブランド。

コンパクLEDランタン「充電式防水防塵LEDランプ」やモバイル型のテーブルスタンド「モバイルソロテーブルスタンド」など、キャンプでも活躍するギアを多数展開しています。

そんなFORE_のトラベルハンガーはキャンプ用のハンガーとして最適なギアなのです。

そもそもキャンプにハンガーは必要?

キャンプ時に散乱するアウター

キャンプで大事なアウターを脱いだあと、その辺に散乱させておくと、なんとなく居心地が悪くなりませんか?そんな時はハンガーがあるときちんと整頓できます。

キャンプでハンガー使って干すダウンシェラフ

他にも、雨で濡れてしまった服や使い終わったダウンシェラフを干す際にハンガーがあると大変便利です。

自宅のハンガー

ただ自宅で普段使っているタイプは携帯式ではないので、ただでさえ荷物が多いキャンプでさらにかさばることが不満でした。

LOGOSの携帯式ハンガー

もちろん、LOGOSなどから携帯式ハンガーは販売されていましたが、FORE_のトラベルハンガーはこれをさらに上回る収納性なのです。

FORE_トラベルハンガーのレビュー

では実際のトラベルハンガーをレビューしていきます。

収納状態

FORE_「トラベルハンガー」収納状態

付属している専用の収納袋に収納した状態です。

FORE_「トラベルハンガー」収納状態で手に持つ

手で持つとこれくらいコンパクト。

サイズ感

FORE_「トラベルハンガー」収納状態のサイズ感

サイズ感が分かりやすいように自宅で使っているハンガー、LOGOSの携帯式ハンガーと一緒に並べてみました。収納状態ではLOGOSの携帯式ハンガーの方がコンパクトですね。

実は3本セット

3本セットなFORE_「トラベルハンガー

実はこの「トラベルハンガー」3本がセットになっているのでした。1本だけならLOGOSより圧倒的にコンパクト。3本セットでこの収納性は驚きです。

モトフ
モトフ

家族や友人にも貸すことができます。

重量

FORE_「トラベルハンガー」の重量

3本収納状態で重量を測ってみましたが「120g」丁度でした。

FORE_「トラベルハンガー」1本の重量

1本単体ですとわずか「35g」でした。

モトフ
モトフ

1本だけなら持っているのも忘れそうなほど軽量。

組み立てかた

FORE_「トラベルハンガー」組み立て方_1

中央で二分割された組み立て式なので…

FORE_「トラベルハンガー」組み立て方_2

分割された部分それぞれを…

FORE_「トラベルハンガー」組み立て方_3

お互い中央にはめ込めば組み立て完了です。

モトフ
モトフ

組み立ては非常に簡単。

使用感

FORE_「トラベルハンガー」ジャケットをかけた状態

実際にハンガーとしてしっかり服をかけられるか試したところ、ジャケットはもちろん…

FORE_「トラベルハンガー」ダウンをかけた状態

冬用のダウンジャケットでも問題なくかけることができました。

モトフ
モトフ

重い冬用のアウターでも問題なく吊るせます。

キャンプでの活用事例

ここから実際にキャンプで活用した事例をご紹介します。

テント内でつかったFORE_「トラベルハンガー」

散乱していた大事なアウターをテント内にかけたり。

雨具をかけたFORE_「トラベルハンガー」

雨で濡れた雨具をテント内で干したり。

ランドリーリールにかけた状態のFORE_「トラベルハンガー」

雨で濡れてしまった服を複数同時にランドリーリールで干したりと、様々な用途で活躍しました。

トラベルハンガーの唯一残念な点

あらかじめフックがある箇所にかけるFORE_「トラベルハンガー」

実際に使ってみて唯一残念と思ったのはフックがないので、あらかじめフックがある箇所にかけなければいけないという点でした。

カラビナにかけたFORE_「トラベルハンガー」

フックのある箇所がないならカラビナなどを使う必要があります。

FORE_トラベルハンガーのポイント

では最後にこれまで紹介したポイントをまとめてみました。

  • キャンプに最適な折り畳み携帯用ハンガー
  • 3本セットなのにコンパクトで軽量
  • 中央で二分割された組み立て式なので組み立て簡単
  • 冬用の重いダウンジャケットでもしっかり吊るせる
  • 直置きしたくない大事なアウターをテント内にかけられる
  • 雨天時にはテント内に雨具を干せる
  • ランドリーツールを使えば複数同時に干せる
  • フックがないので、あらかじめフックがある箇所にかける必要がある
  • フックがある箇所がないならカラビナなどを使う必要がある

FORE_「トラベルハンガー」はキャンプ時で散乱するアウターをスッキリさせてくれ、雨天時にも大活躍してくれるギアでした。キャンプ用に携帯性に特化したハンガーを探している、そんな方の参考になれば幸いです!

モトフ

キャンプ歴3年。
ベテランキャンパーになるべく日々精進中。
WEBエディターとしてキャンプ用品のレビュー記事などを発信しています。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top