キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

周囲にはパークゴルフ場やテニスコート、天然温泉施設もある「二風谷ファミリーランドオートキャンプ場」

周囲にはパークゴルフ場やテニスコート、天然温泉施設もある「二風谷ファミリーランドオートキャンプ場」
二風谷ファミリーオートキャンプ場は、オートサイトとキャンピングカーサイト、フリーサイト、バンガローといろいろな区画がある人気のキャンプ場です。

周辺には、パークゴルフ場やテニスコート、ゲートボール場、天然温泉の施設があり、まさに名前の通りファミリーで楽しめるキャンプ場です。

この「二風谷ファミリーオートキャンプ場」に行ったのは、5月8日~9日。この時期の北海道はまだ夜には気温一桁と冷え込むので、テントサイトではなくバンガローに宿泊してきました。

都良(TORA)

北海道在住のフリーライター。キャンプ、車中泊、登山、トレッキングが大好き。障害者スポーツの指導員をしていることから、車いすなど障害を持つ子供たちをトレッキングやキャンプに連れていく活動もしています。資格:自然体験活動指導者認定委員会 自然体験活動指導者NEALリーダー、北海道ボッチャ協会 審判員・普及指導員

ニ風谷ファミリーオートキャンプ場の基本情報

二風谷ファミリーオートキャンプ場があるのは、「二風谷ダム」がある沙流郡平取町字二風谷。

二風谷地区は、アイヌにとって聖地とされてきた場所で、「二風谷アイヌ文化博物館」や「萱野茂二風谷アイヌ資料館」などの施設があり、アイヌの歴史や文化に関するたくさんの資料を見ることができます。

基本情報

所在地 北海道沙流郡平取町字二風谷92番地38
電話番号 事前予約要
TEL:01457-2-3807
営業期間 4月下旬~10月下旬
チェックイン 13:00~17:00
チェックアウト 11:00
公式サイト 二風谷ファミリーランド

禁止事項など

  • ペットの持込み・花火・直火・発電機・カラオケ・販売、興業等
  • 燃えるゴミは指定のゴミ袋に入れて捨てることが可能。それ以外のゴミは持ち帰り

アクセス方法

二風谷ファミリーオートキャンプ場へは、札幌市から道央自動車道と日高自動車道を使って車で約2時間。旭川市から国道237号線経由で約3時間。

国道237号線にある「道の駅 樹海ロード日高」からは、約40kmの場所に位置しています。

サイト区分と料金

nibutani06

二風谷ファミリーオートキャンプ場には、電源付きオートサイト、電源なしオートサイト、電源付きキャンピングカーサイト、フリーサイト、バンガローがあります。

それぞれの利用料金は下記の通りです。

A区画キャンピングカーサイト
3サイト
1~5人 4,000円
6~10人 4,500円
※電源有り
B区画オートサイト
11サイト
1~5人 3,000円
6~10人 3,500円
※電源有り
C・D区画オートサイト
26サイト
1~5人 2,000円
6~10人 2,500円
※電源無し
E区画オートサイト
35サイト
1~5人 2,000円
6~10人 2,500円
※電源無し
フリーサイト
14張
1~5人 500円
6~10人 1,000円
※電源無し
バンガロー A,B,C
3棟
1~10人 6,000円
11人以上 7,500円
※電源有り
バンガロー D~I
6棟
1~5人 3,000円
※電源有り

二風谷ファミリーオートキャンプ場の場内紹介

管理棟

nibutani05

キャンプ場入口の左側に管理棟があります。管理棟前の駐車場に車を停めて受付を行います。

管理棟では、氷・木炭・たきつけ・バーベキュー網の販売とバーベキューコンロの貸し出しをしています。

nibutani11

管理棟の向かって左側にはトイレの建物と自動販売機があります。

キャンプ場内の紹介

バンガロー(G・H・I)

nibutani10

奥に見えるのがバンガローのG・H・I棟で、手前がE区画オートサイトです。

nibutani08

今回宿泊したのはバンガローのG棟で、利用料金は1泊3,000円でした。

車はバンガローのすぐ近くに駐車することができます。

nibutani09

バンガローの建物自体はあまり新しくはありませんが、室内は綺麗に清掃されていました。

広さは約6畳ほどで、利用可能人数は1~5名となっていますが、5人が寝るのには十分の広さがあります。

E区画オートサイト

nibutani12

ゴールデンウイーク明けすぐの週末ということもあり、この日は二風谷ファミリーオートキャンプ場全体で10組程度しかお客さんがいなかったので、電源なしのオートサイトはガラガラ。

まだ芝生が生えそろっていませんが、夏には緑の綺麗なサイトになるのではないでしょうか。

トイレ

nibutani13

バンガロー(G・H・I)とE区画オートサイトのエリアにあるトイレです。

男子トイレは小便器が2つに大便器(和式)が1つでした。オートサイト35区画とバンガロー3棟の広さにしては少ない感じですね。混雑時には、トイレが使用中で困ることもありそうです。

炊事場

nibutani14

バンガロー(G・H・I)とE区画オートサイトのエリアにある炊事場です。

炊事場は、ここ以外にフリーサイトとB・C・D区画オートサイトの近くにあります。

ゴミ庫

nibutani15

キャンプ場入口のすぐ左にゴミ庫があります。受付時に渡される指定のゴミ袋に入れて燃えるゴミだけ捨てることができます。

それ以外のゴミは持ち帰りましょう。

B区画オートサイト

nibutani16

小高い場所にある電源付きのB区画オートサイトは11サイトあり、炊事棟も設置されています。

この上に電源付きのキャンピングカーサイト、下に電源なしのC・D区画オートサイトがあります。

キャンプ場の全体マップ

nibutani17

区画が分かれていて分かりにくいですが、場内にはサイトの案内マップが設置されています。

その他の施設

nibutani17-1

二風谷ファミリーオートキャンプ場の周辺には、テニスコート・ゲートボール場・パークゴルフ場・野球場などのスポーツ施設が整備されています。

nibutani17-2

キャンプ場の手前には天然温泉の「びらとり温泉 ゆから」があります。

キャンプサイトから歩いて行ける距離で、日帰り入浴も可能なのでキャンプと合わせて温泉も楽しめます。

日帰り温泉の入浴時間は10:00~21:00、入浴料は大人500円、こども(小学生)140円、幼児無料です。

周辺観光

nibutani03

二風谷ファミリーオートキャンプ場から車で約5分のところには、アイヌの聖地と言われる二風谷地区に住んでいた、アイヌの歴史や文化を伝える貴重な資料を展示している「二風谷アイヌ文化博物館」があります。

nibutani04

館内には、アイヌの伝統的な衣装や民具などが多数展示されています。

二風谷ファミリーオートキャンプ場のまとめ

キャンプサイト、オートサイト、フリーサイト、バンガローと多彩なサイトがある「二風谷ファミリーオートキャンプ場」は、ファミリーキャンプにおすすめのキャンプ場です。

最後に「二風谷ファミリーオートキャンプ場」のおすすめポイントと、ちょっと残念な点も紹介します。参考にしてください。

おすすめポイント

二風谷ファミリーオートキャンプ場のすぐ手前には、天然温泉施設の「びらとり温泉 ゆから」があり、キャンプサイトから歩いて行くことができます。温泉では、地元の野菜や「平取牛」の牛肉も販売しています。

また、車で5分ほどの場所には「二風谷アイヌ文化博物館」があり、アイヌの歴史や文化に関するさまざまな展示を見ることができます。

ちょっと残念なところ

キャンプ場のトイレは和式がほとんどで、和式便所に慣れていないお子さんには使いにくいかもしれませんね。また、近くのスーパーやコンビニまでは車で20分ほどと離れているので、買い忘れには注意が必要です。

都良(TORA)

北海道在住のフリーライター。キャンプ、車中泊、登山、トレッキングが大好き。障害者スポーツの指導員をしていることから、車いすなど障害を持つ子供たちをトレッキングやキャンプに連れていく活動もしています。資格:自然体験活動指導者認定委員会 自然体験活動指導者NEALリーダー、北海道ボッチャ協会 審判員・普及指導員

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top