キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

手作り「ハッカ油スプレー」は効果あり? 虫嫌いの筆者が試してみた!

手作り「ハッカ油スプレー」は効果あり? 虫嫌いの筆者が試してみた!
これから夏本番!まさにキャンプの季節になってきますね。しかし暖かくなると嫌な虫たちが増えてくるのもこの時期です。中には「キャンプはしたいけど、虫が多いから夏キャンプはちょっと…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は私が普段のキャンプから行っている虫対策として「ハッカ油スプレー」についてご紹介します。このスプレー、なんと手作りです!簡単に自作することができ、ばっちり虫よけ効果もありますよ。その作り方から、虫よけ効果、注意点や気になる点を徹底解説します。

シブハチ

キャンプ歴は3年目、28歳男性、四国の田舎に住んでいます。自宅のインテリアもキャンプ仕様。いつもキャンプに行きたくてうずうずしています。少しでも時間があれば、お気に入りのテントやランタン、新しく購入したギアを持って、ソロや夫婦でキャンプを楽しんでいます。カメラやコーヒー豆にもこだわっています。焚き火を眺めながらのコーヒーは至福の時間ですね!

暑い夏でも快適爽快!ハッカ油の効果とは

ハッカについて

IMG_8107-1

ハッカには数多くの品種が存在しています。日本語では「ハッカ」ですが、英語では「ミント」として知られているようです。ここでいうハッカとは、日本で自生している和種ハッカことであり、ハッカ油はそのハッカを蒸留・精製して作られたもの。メントールと呼ばれる成分が最も多い品種とされています。

ハッカの虫よけ効果

指に止まった蚊

キャンプ地にもよりますが、夏に出現する虫として多いのが蚊やブヨ、アブなどです。これらは夏キャンプの天敵。虫嫌いな方からしたら想像しただけでぞっとしますよね。

しかし、ハッカに含まれるメントール成分には蚊、ブヨなどが寄り付きにくくなる効果があるとされています。また天然由来の成分なので、肌に優しく大人から子どもまで安心して使うことができますよ!

香りを楽しむ「虫よけ」

ニホンハッカ

ハッカはミントの一種であることから、その香りの爽快感・清涼感が人気となっています。爽やかで、清々しい独特の香りは、夏キャンプにぴったり!スーッとした気持ち良さが広がります。香りよし、虫よけ効果もあるとなると、まさに一石二鳥ですね。

ハッカ油スプレーを実際に作ってみた

ハッカ油は原液で売られていることがほとんどです。キャンプに虫よけスプレーとして持っていくには、ハッカ油スプレーにして持っていくのがおすすめです。

材料は意外にも少なく、ドラッグストアなどで手軽に買うことができますよ。ぜひ自作してみてください!

IMG_8104-1

用意するもの

ハッカ油スプレー100mlを作るための、量を示しています。

【材料】

  • ハッカ油5~10滴
  • エタノール10ml
  • 水または精製水90ml
  • スプレー容器ポリエチレン素材やガラス製など

エタノールは消毒用エタノール、消毒用エタノールIP、無水エタノールでも同量で作製できます。

ハッカ油スプレーの作り方

1.スプレー容器にエタノール10㎖を入れます。

IMG_81471

2.そこにハッカ油を5~10滴加えてよく混ぜます。

IMG_81101

3.さらに水(精製水)を90ml加えて、よく混ぜれば出来上がり!

IMG_81481

以上です。非常に簡単ですよね!

ハッカ油スプレーを作るときの注意点

簡単に作れるハッカ油スプレーですが、いくつか注意点があります。下記に挙げているのでチェックしてくださいね!

容器はポリスチレン以外のものを使う

スプレー容器のイメージ

ハッカ油にはポリスチレン(PS)を溶かしてしまう成分が入っています。よって、ポリスチレン製の容器は買ってはいけません。これは重要です!

ハッカ油スプレーに使用する容器はポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、あるいはガラス製のものを選びましょう!これらの容器であれば溶ける心配はありません。

ちなみに私は100円ショップでポリプロピレン製(PP)の容器を買ってきました。もちろんポリスチレン製への製品にスプレーを吹きかけることもNG。スプレーを使用する前に吹きかけるものの材質を先にチェックしておきましょう!

混ぜる順番を間違えない

混ぜる順番を間違えてしまうと成分がしっかり混ざず、虫よけ効果が弱くなったり香りが弱くなることがあるようです。上記の順番をしっかり守って作製してくださいね!

ハッカ油の量=香りの強さ

ミントのイメージ画像

ハッカ油の量によって香りの強さが左右されます。独特のあの匂いが苦手という方は少量からでも◎。少ない量から徐々に増やしていくなど調整しながら作製してくださいね。

検証「ハッカ油スプレー」の殺虫効果は?

IMG_8115-1

実際にハッカ油スプレーを作ってみましたが、どの程度の虫よけ効果があるのか、殺虫効果はどうなのかはわかりませんよね。

私の住んでいる地域は用水路や草むらが多い田舎です。特に夜になるとたくさんの虫たちが出現します。私は虫が大の苦手なのですが、実際にハッカ油スプレーを肌に吹きかけて30分ほど散歩してみました。

ちなみに服装は半袖半ズボン。虫よけ・殺虫効果の検証をしてみます!

虫よけ効果◎

田舎で散歩するイメージ

普段であれば多少の虫が体に当たったり「ブーン」とはねの音が聞こえるものなのですが、今回はありません。虫よけの効果は…感じますね!

おまけにハッカの清涼感ある香りを楽しみながら、快適に散歩することができました。

殺虫効果×

IMG_81181

今度は網戸に止まっている虫に「ハッカ油スプレー」を吹きかけてみました。すると、虫は逃げていきましたが駆除とはいかず。

よって虫を寄せ付けないための「虫よけ」としての効果はあるようですが、殺虫効果は無いようです。殺虫したいのであれば、ハッカ油ではなく殺虫剤を用いたほうがよさそうですね。

虫よけ以外での活用方法

ハッカ油スプレーは虫よけに優れているとされていますが、他にも使い方がありますよ。キャンプで役立つ活用方法をご紹介します。

寝苦しい夜にすっきり爽快!ハッカ油うちわ

うちわの写真

真夏のキャンプともなると、暑くて寝苦しかったり、なかなか寝つきがよくなかったりということもしばしば。そんな時は「ハッカ油うちわ」を試してみましょう。

やり方は簡単!うちわに「ハッカ油スプレー」を吹きかけて、パタパタ仰ぐだけ。メントールの爽やかな風が楽しめます。寝苦しい夏の夜にも効果てきめん!

ハッカ油スプレーの注意点

ハッカ油ならではの使用時に注意することがいくつかあります。注意点をおさえて、より安全に使いましょう。

小さいお子さんや肌の弱い方、動物には注意

ペット-800x560

ハッカ油は天然素材なため、基本的には安全に使用可能ですが、小さいお子さんや肌の弱い方は使用に注意してください。肌荒れなどを引き起こす可能性があるとされています。万が一、使用後に異常が見られた場合は速やかに病院を受診しましょう。

また犬などの動物は、ハッカ油の使用により中毒症状を引き起こすことも。基本的に使用は控えておくのが望ましいでしょう。

ハッカ油(原液)では使用しない

ハッカ油で作った虫よけスプレーは、直接肌につけることができますが、原液をそのまま肌につけてはいけません。もし使用してしまうと肌にピリピリとした痛み刺激を感じることになります。くれぐれも気を付けてくださいね。

その他に少し気になる点も…

使用期限と持続効果

ハッカ油スプレーは時間が経つにつれて香りが落ちてきます。そうなると虫よけとしての効果も半減します。一度作ったスプレーは1週間~10日ほどで効果が無くなるとか。なるべく早く使い切るようにしましょう。

作り立てがより虫よけに効果的なので、できればキャンプに行く前に作るのがおすすめ!また、虫よけ効果の持続時間は1~2時間程度とやや短めです。こまめに吹きかけることが大切になってきますね。

意外とコスパが良くない

使用する材料が少なく簡単に作れるのは嬉しいポイントなのですが、全部揃えると意外とお値段が…。

一般的な虫よけスプレーが余裕で買える値段となりました。特にエタノールが高くなっています。しかしエタノールは様々な種類のものがあるため、少しでも値段を抑えたい方は安めのエタノールを購入するのが良いかと思います。

私も無水エタノールを買う予定でしたが、高かったので消毒用エタノールに変更しました。参考にしてみてくださいね。

ハッカ油スプレーの作り方まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「ハッカ油スプレー」の効果と作り方、気になる点をまとめてご紹介させていただきました。

実は私も虫が大の苦手でして夏場のキャンプにはものすごく抵抗がありました。しかしハッカ油スプレーを作り、肌に使用する他にもテントのメッシュ、チェアの足元に吹きかけて使うことで虫よけの効果を実感しています。また寝苦しい夜でもハッカの爽快感を味わうことができ、夏キャンプでは欠かせません。

ぜひ、この記事を参考に「ハッカ油スプレー」を作ってみて、使ってみてください!一緒にキャンプライフを楽しみましょう!

シブハチ

キャンプ歴は3年目、28歳男性、四国の田舎に住んでいます。自宅のインテリアもキャンプ仕様。いつもキャンプに行きたくてうずうずしています。少しでも時間があれば、お気に入りのテントやランタン、新しく購入したギアを持って、ソロや夫婦でキャンプを楽しんでいます。カメラやコーヒー豆にもこだわっています。焚き火を眺めながらのコーヒーは至福の時間ですね!

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top