キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

見た目もスペックもワイルドな「WYLD GEAR」のクーラーボックスが日本初上陸!

見た目もスペックもワイルドな「WYLD GEAR」のクーラーボックスが日本初上陸!
キャンプはもちろん、釣りや海などのレジャーでも必需品であるクーラーボックス。暑い夏はクーラーボックスの性能が特に重要だ。そんな中、2021年7月20日に日本初上陸したアメリカを代表するアウトドアブランド「WYLD GEAR(ワイルドギア)」のクーラーボックスに注目したい。

アメリカンなカラーリングとワイルドな見た目で、プロ仕様の機能性も備えている最強のクーラーボックスを早速紹介していこう!

乃木みお
キャンプクエストNEWS編集部

2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

    日本初上陸!WYLD GEARのクーラーボックス

    wyld_gear_sub17

    2017年に米ワイオミング州で生まれたWYLD GEAR。「To Make Your Adventure Last Longer(あなたの冒険を持続させるために)」というコンセプトをもとに、世界中を探検したいという人々の欲求を満たすギアを展開している。

    今回紹介するWYLD GEARのクーラーボックスは25Q・50Q・75Qの3サイズ。カラーは各サイズ8色展開されている。

    HARD COOLER 50Q

    wyld_gear_sub16
    まず紹介するのはハードクーラー50クォート。特許取得済みのデュアルコンパートメント断熱技術を採用している。

    左右2室に分かれているので、ドリンクと食材で分けたり、当日と翌日用の食材を分けて入れることも可能だ。何かとごちゃつきがちなクーラーボックスの中も、仕切りがあることによりきれいに整頓できて利便性も高い。

    wyld_gear_sub14

    2Lのペットボトルを縦に6つ入るサイズ感。2室それぞれに排水口が完備されているので水抜きも楽にできる。

    wyld_gear_sub10

    ハードクーラーは持ち上げると重さで腰をやられそうになるが、大径ホイール付きなので、中に重たいものをたくさん入れてもスムーズに移動できる。ハンドルは取り外しも可能だ。

    wyld_gear_sub15

    パックロットポートに南京錠を取り付けることも可能。貴重品を保管するときも役立つだろう。

    wyld_gear_sub19

    フタ部分にはドリンクを置けるホルダーとメジャー付き。魚の大きさを測るときに便利だろう。このようにWYLD GEARのクーラーボックスは釣り用としての利便性も備えられている。

    wyld_gear_sub9

    内側にはエアレーターを付けられる専用パーツを完備。いわゆるブクブクと呼ばれるもので、クーラーボックス内部を小さなイケスとして使うことができる。

    wyld_gear_sub11

    別売のロッドホルダーを装着すれば、釣り竿を差し込むことも可能になる。

    価格 税込59,400円 (ワイオミングイエローのみ¥63,800)
    サイズ 内寸:ロゴ正面左側 約H33×W21×D30cm
    内寸:ロゴ正面右側 約H33×W26×D30cm
    外寸:約H46×W71×D46cm
    重さ 約15.3kg

    HEAD COOLER 25Q

    sub7-4

    25クォートはコンパクトだが、こちらも2Lのペットボトルが縦に6本入るサイズ。

    価格 税込35,200円 (ワイオミングイエローのみ¥40,700)
    サイズ 内寸:約H36×W28×D26cm
    外寸:約H46×W44×D40cm
    重さ 約9.5kg

    HEAD COOLER 75Q

    sub2-3

    75クォートは、25クォートと50クォートのハードクーラーを1つにまとめた大型タイプ。連泊やグループキャンプにもぴったりの大容量だ。

    価格 税込79,200円 (ワイオミングイエローのみ¥84,700)
    サイズ 内寸:ロゴ正面左側 約H34×W48×D30cm
    内寸:ロゴ正面右側 約H34×W23×D30cm
    外寸:約H46×W94×D46cm
    重さ 約19.8kg

    WYLD GEAR 公式サイトをチェック!

    アメリカから上陸したばかりのWYLD GEARのクーラーボックス。全8色というラインナップで、人とかぶらない個性的なレイアウトを楽しみたいキャンパーにもぴったりのクーラーボックスではないだろうか。

    見た目もスペックも兼ね備えた、一癖あるクーラーボックスが気になる方は公式サイトで詳細をチェックしよう!

    乃木みお
    キャンプクエストNEWS編集部

    2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top