ポータブル電源なのにBluetoothスピーカーとしても使える「iForway PS300」が登場

ポータブル電源なのにBluetoothスピーカーとしても使える「iForway PS300」が登場

7月6日に発売されたばかりの「iForway 大容量ポータブル電源 PS300」。マットブラックでシンプルな見た目だが中身は非常に多機能な製品。電気供給としてだけでなく、LEDライトやスピーカーとしてマルチに活躍するポータブル電源が登場した。

  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

iForway 大容量ポータブル電源 PS300の特徴

災害時も電源に困らない大容量

iForway_6

iForway PS300はバッテリー容量462Wと大容量なので、アウトドアだけでなく災害時の電源供給としても困らないポータブル電源だ。AC(直接電源)とDC(交流電源)出力を備えており、一般的な家電製品からスマホ、PCなどの電子機器まで様々な端末や電気製品への電気供給に対応している。

接続口が豊富で急速充電も可能

iForway_5

DC接続口は一般的なUSB2.0はもちろん、急速充電対応のQC3.0、Type-C PD出力も備えているため、汎用性の高いDC製品にもほぼ全てに対応。スマホような一般端末から、MacBookまで直接充電することが可能だ。

DC出力の接続口は以下のとおり。

  • USB-C PD 60W ×1個
  • USB-A QC3.0 5V/3A, 9V/2A ×1個
  • USB-A 5V/2.4A ×2個
  • 5521DC出力9V~12.6V/Max 5A ×3個
  • シガーソケット9V~12.6V/Max 15A ×1個

AC出力についてはトータル定格消費電力300W、最大瞬時出力600WのAC出力に対応している。

iForway_8

様々なデバイスを同時に充電ができるため、野外で仕事をする人もストレスなく作業することができる。

3モード切り替え可能なLEDライト

iForway_2

iForway PS300はLEDライト付きなので、いざという時は照明としても使える。懐中電灯、ストロボ、SOS救難信号の3つモードに切り替えできるので、アウトドアでの照明から緊急時まで様々なシーンで活用できる。

Bluetoothスピーカー内臓

iForway_9

ポータブル電源としては珍しく、Bluetoothスピーカーが内蔵されているのも特徴。10Wの大出力なので、広い空間でもパワフルな音を遠くまで響かせられる。

キャンプ場など屋外でのスピーカー使用については禁止のところも多いので、その点は施設のルールに従いマナーを守って利用しよう。

3つの充電方法

iForway_11

iForway PS300本体の充電方法は以下の3つ。

  • AC電源(充電時間:7〜8時間)
  • シガーソケット(充電時間:10〜12時間)
  • ソーラーパネル(充電時間:12〜18時間)

ソーラパネルは別売だが、合わせて用意しておけば連泊のキャンプの時や災害時でも安心だ。

安全性も担保されている

iForwayは何よりも安全性を重視した作りになっている。温度管理や過電圧・過電流保護及びショート防止など、高度なBMS(バッテリー管理システム)により事故を未然に防ぐため、安心して使用することができる。

iForway 大容量ポータブル電源PS300の製品仕様

iForway_3

商品名 iForway ポータブル電源 PS300
重量 約5.5kg
サイズ 幅:290mm ⻑さ:190mm ⾼さ:155mm
販売価格 48,400円(税込)
バッテリー容量 462W(3.7/124800mAh)
バッテリータイプ リチウムイオン電池
充電時間 AC(100V):7〜8時間
シガーソケット:10〜12時間
ソーラーパネル(150W):12〜18時間

iForway ポータブル電源 PS300は公式オンラインショップ「GLOTURE.JP」や各種ECサイトで購入可能だ。GLOTURE.JPでは、よりコンパクトなタイプや防水仕様のタイプも販売されている。

アウトドア用としてはもちろん、災害時の備えとしても用意しておきたいポータブル電源。気になる方は詳細をチェックしよう!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂