夏は湖キャンプが楽しい!焚き火がOKになったグリーンステイ洞爺湖をご紹介

夏は湖キャンプが楽しい!焚き火がOKになったグリーンステイ洞爺湖をご紹介

北海道有数の観光地である洞爺湖町。温泉街もあり、洞爺湖の周りには複数のキャンプ場があります。その中でも今回は老舗のキャンプ場「グリーンステイ洞爺湖」をご紹介します。

以前までは禁止だった焚き火が、焚き火台を使用すればOKになったことで今、再注目されています。楽しくて2週連続遊びに行ってしまったグリーンステイの魅力をお伝えします。

  • s.torio
  • s.torio
  • 旅行やキャンプが好きで、夫と3人の息子たちとお出かけします。皆さんのお出かけのきっかけになるような記事になればと思っています。よろしくお願いします。

グリーンステイ洞爺湖の基本情報

住所 洞爺湖町月浦56
電話 0142-75-3377
営業期間 4月下旬〜10月下旬
予約受付時間 8:30~18:00
チェックイン チェックイン13時~18時
チェックアウト ロッジ10時、バンガロー・キャビン11時、オートサイト12時
公式サイト グリーンステイ洞爺湖
備考 ゴミ捨て場あり(無料・分別あり)

利用料金

ロッジ 1棟1泊 15,000円(定員10名)
電源・水道・トイレ
キャビン 1棟1泊 10,000円(定員6名)
電源・水道
バンガローA 1棟1泊 8,500円(定員4名)
電源・水道・デッキ・イス
バンガローB 1棟1泊 8,000円(定員4名)
電源
キャンピングカーサイト 1泊 6,000円
電源・上下水道
キャンプB-1 1泊 5,000円
電源
キャンプB-2 1泊 4,000円
二輪専用 1人1泊 700円
日帰り(11時~16時) 高校生以上 1人500円
小・中学生 1人200円

アクセス

札幌からは車で約2時間強。高速道路で登別経由で回るより、中山峠を通り喜茂別・ルスツ経由で向かう方が近いので、一般道を使う方が圧倒的に多いと思います。

洞爺湖近くまでは迷わないと思いますが、キャンプ場に向かう細道の看板が少しわかりづらいので注意してください。

この看板が札幌方面から向かう時に見える看板です。

こちらは温泉街からキャンプ場へ向かう時に見える看板です。この小道を下ると右手にキャンプ場が見えてきます。

グリーンステイ洞爺湖の紹介

テントサイト

グリーンステイ洞爺湖はオートキャンプ場なので、すべてカーサイトです。フリーサイトはありません。

センターで受付した後、ゲートを通ります。夜間は車両の出入り禁止になります。

キャンプ場内の中心に広い多目的広場があり、子どもたちが走り回って遊んでいます。

滑り台とブランコもありますが、遊具はこれのみです。

こちらがカーサイトです。電源ありと電源なしがエリアで分かれているわけではなく、広いキャンプ場内で混同しています。場所によっては駐車スペースが隣と隣接しているサイトもあります。

この日はE-9で偶然角のサイトだったのですごく広く見えますが、どこのサイトでも2ルームは問題なく張れるスペースはあると思います。

Eサイトが一番湖に近いサイトになりますが、炊事棟やトイレなどからは多少距離がでます。我が家的にはそこまで問題になる距離ではありませんでした。

こちらはキャビンのサイトです。トレーラーハウスのような感じになっています。トイレはついていませんが、中は電源や洗顔用などの小さなシンクはついています。

こちらはキャビンの隣に並んでいるデッキ付きのバンガローです。こちらのKサイトはオブジェや幸せの鐘がある広場を囲むエリアとなっています。

キャンプ場内でも眺めが良いサイトで、センターへのアクセスも良いです。

こちらはキャンプ場内から道路を隔てて別エリアにある高台サイトを使用した時の写真です。簡易の洗い場とゴミ捨て場は近くにありますが、トイレは道路を渡ってセンターまで行かなくてはなりません。

我が家は当日に急遽キャンセルが出たので入れましたが、電話で何度も「本当にサイト見てから決めなくて良いですか?」と確認されました。

キャンプ場内のサイトではないという危惧からの質問だと思いますが、サイト自体はそこまで心配されるほど悪くないと思います。トイレへの行き来が多少不便ではありますが、もしかしたら繁忙時の臨時的なサイトなのかもしれません。

すこし見えづらいですが、奥に見えるのがロッジになります。高台に2棟建っており、BBQスペースや椅子付きテーブルなども見られました。こちらはトイレなども完備された別荘タイプなので、センターから離れていても安心です。

センターハウス

受付はこちらで行います。

売店もあり、食料品やキャンプ用品など一通りのものは販売されています。レンタル品も充実しているので、忘れ物をした時なども安心です。

洞爺湖名産ぐる巻きソーセージ。見かけ倒しではなく本当に美味しいので、ぜひ食べてみてください。

自動販売機や休憩スペースは24時間利用できます。

コインランドリースペース、シャワー、トイレなどもあります。

トイレ

センターのトイレは24時間利用可能で、場内でウォシュレット付きがあるのは、ロッジ内のトイレを除いてはここだけになります。ただここのトイレはいわゆるボットンタイプなので、携帯などを落とすと回収できませんという貼り紙がされています。その点は要注意です。

キャンプ場内のトイレはセンター以外に2カ所あります。

こちらは普通のトイレという感じでウォシュレットは付いていません。

炊事棟

簡易タイプのものも含めると場内に6カ所もあるので、行列になる事はないと思います。お湯は出ません。

グリーンステイ洞爺湖の魅力

芝がきれい!

グリーンステイの名の通り、場内の芝がきれいに管理されているキャンプ場です。この芝を守るためもあって、以前は焚き火禁止のキャンプ場でした。

焚き火ができるようになった!

2020年から焚き火が解禁されました。もちろん焚き火台を使用して、シートなどで芝を保護する事が大前提です。焚き火シートを使用していても、低いタイプの焚き火台の場合は用意されているブロックを必ず使用して下さい。

せっかくキレイに管理されている芝を守るためにも、そして解禁になった焚き火が今後も継続して楽しめるようにルールはきちんと守って使用したいですね。

星空がきれい

天候にもよりますが、場内に背の高い街灯がないので晴れた日には星がよく見えます。特に通路沿いの照明から離れた場所だと、たくさんの星を見ることができます。

湖で水遊びができる

湖畔まで歩いて行けるので、夏は水遊びを楽しむことができます。洞爺湖の澄んだ水には小魚や小海老が沢山いるので、網などで捕まえることができます。

大人でも夢中になってしまうほど楽しいです。多くのファミリーが湖畔で楽しんでいました。お子さんは水着必須です。

洞爺湖温泉街が近い

洞爺湖といえば温泉街が有名です。車で10分弱で着きます。日帰り入浴ができる宿も多いので、せっかく洞爺湖まで来たら入りたいですよね。センターハウスに割引券が置かれているので、チェックしてみてください。

パークゴルフができる

湖側、EサイトとGサイトの奥にパークゴルフ場があります。ゴルフクラブとボールを無料で貸してもらえます。パークゴルフ目当てでキャンプに来てる方もいて、マイクラブを持っている方々は早朝から楽しまれていました。

キャンプ場の周辺施設

洞爺湖万世閣 ホテルレイクサイドテラス

出典:洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス

洞爺湖畔にあるリゾート温泉です。数年前にリニューアルオープンして、リゾート感溢れる館内になりました。大浴場なども改装され、洞爺湖を眺めながら癒しの温泉を堪能できます。

隣接する「スープカレー ハラハル」での食事とセットになった割引券が、キャンプ場のセンターハウスに置かれていました。

時期によっては入浴のみの割引券が置かれていることもあるようです。気になる方はセンターハウスの受付をチェックしてみてください。

スープカレー HLAHAL(ハラハル)

出典:SoupCurry HLAHAL

2019年にオープンした、地元食材を使用したスープカレー店です。洞爺湖の絶景を眺めながらの食事を楽しむことができます。

こちらもグリーンステイのセンターハウスに割引券がありました。チェックアウトした後のランチに良さそうですね。

洞爺湖汽船

洞爺湖の中島に上陸したり、洞爺湖を周回している遊覧船です。夜の花火大会を見るために利用する人も多いです。

美しい風景を楽しめるほか、カモメへのエサやりなどもできて子どもにも大人気です。特にエスポワールと呼ばれるお城のような船が人気があります。

我が家はすっかり忘れてしまいましたが、HPから割引クーポンを印刷して行くことをオススメします。

ZERODAY

洞爺湖の温泉街に新しくオープンした、旅とアウトドアがテーマのセレクトショップです。世界を旅したオーナー夫婦のこたわりのアイテムが並んでいます。薪の販売もありますので、こちらで仕入れてからキャンプ場に向かうのも良いですね。

グリーンステイ洞爺湖利用時の注意点

グリーンステイ洞爺湖を使用する上での注意点をいくつかお知らせします。

湖畔に面していない

キャンプ場と湖の間には道路が通っているので、湖畔に面したサイトはありません。Eサイト側の木の合間を抜けて道路を渡り湖へ行くことになります。そこまで通行量は多くはありませんが、車道なので小さなお子さんだけで渡らせるのは不安があります。

花火大会は見えない!

洞爺湖名物のロングラン花火大会は、音は聞こえますがキャンプ場内からは見えません。見たい場合は温泉街方面まで車で移動することになります。

コンビニは温泉街

キャンプ場の周辺にコンビニはなく、洞爺湖温泉街まで行くことになります。車で10分程度なのでそこまで遠くはありませんが、事前に食材や飲み物を準備して行った方が良いでしょう。

絶景の湖を楽しめるファミリーに人気のキャンプ場

グリーンステイ洞爺湖は、美しい洞爺湖での水遊びもできるので夏はファミリーに大人気のキャンプ場です。ペットもOKなので、家族連れやワンちゃん連れのキャンパーさんが大半を占めています。

レンタル品もあり、キャビンやバンガローの数も充実しているので、利用しやすいキャンプ場です。スタッフさんも皆さん親切なので、安心してキャンプを楽しむことができます。

ちなみに「夏のクワガタスポットは駐車場の水銀灯の下」だとスタッフさんが教えてくれました。我が家もそこで何匹がGETしたので、気になる方はのぞいて見てください。

紹介
ギア
X 閉じる
  • s.torio
  • s.torio
  • 旅行やキャンプが好きで、夫と3人の息子たちとお出かけします。皆さんのお出かけのきっかけになるような記事になればと思っています。よろしくお願いします。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂