キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

キャンプで簡単に手作りパンが楽しめるミルクみそ鍋×ちぎりパンレシピ

キャンプに最適なミルクみそ鍋と手作りパン
冬キャンプに欠かせないレシピといえば鍋ですよね。材料を切って鍋に入れるだけで、美味しくて身体も温まる最強のキャンプ飯が完成します。そして、鍋に欠かせないもう1つの要素が炭水化物。鍋に炭水化物といば、米や麺などを鍋に投入するシメが一般的ですが、ちょっと趣向を変えて「パン」で楽しむのもおすすめです。

今回は、牛乳とみそを使った冬にぴったりミルクみそ鍋と、フライパンで作れるちぎりパンのレシピを紹介したいと思います。鍋はもちろん簡単ですが、パンも超お手軽で子供と一緒に作りやすいレシピです。普通の鍋レシピに飽きてきたら、鍋×パンの組み合わせをぜひお試し下さい!

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

鍋にパンって合うの!?

そもそも、鍋×パンって合うの?と心配になる方もいるでしょう。その問いに対しては「はい、大丈夫です!」と自信満々に答えられます。鍋と一言でいっても、寄せ鍋やちゃんこ鍋などさまざまな種類がありますよね。確かに、寄せ鍋やちゃんこ鍋など、さっぱり系和風鍋にパンはちょっと合わないかもしれません。

ですが、トマト鍋や豆乳鍋、そして今回紹介するミルク系鍋には、パンがぴったりハマるのです!テイストとしては、洋風な味付けやクリーミーな濃厚系となります。具材も、普段自宅で食べている鍋とはちょっと変えて、じゃがいもやウインナー、葉物はレタスなど、ほんの少し洋風に寄せていくとガラッと雰囲気が変わるでしょう。

そして、肝心のパンですが、鍋に合わせるのはあまり味がしっかりしていない「サッパリ系パン」が最適です。あくまで主役は鍋。パンは、鍋の味を邪魔しないようサッパリと仕上げます。そのまま食べてもよし、鍋にダンクして付け食べしてもよしと、サッパリ系パンの魅力は果てしないのです。

もちろん、買ってきた食パンを火で炙って食べるのもありでしょう。ですが折角のキャンプ。どうせなら、ワイルドでオシャレなキャンプ飯も堪能したいものです。「洋風かクリーミーテイストの鍋」と、「サッパリ系パン」の2つさえクリアすれば、満足度の高いキャンプ飯が完成します。

ミルクみそ鍋と手作りパンの作り方

/キャンプに最適なミルクみそ鍋と手作りパン-1024x682

早速、ミルクみそ鍋と手作りパンの作り方を紹介します。どちらも短時間かつ手軽なので、キャンプ飯には持ってこいのレシピです。また、材料さえ揃えておけば子供でもお手伝いしやすく、ファミリーキャンプにもおすすめのキャンプ飯となっています。

味付けは牛乳とみそオンリー「ミルクみそ鍋」

【材料(4人分)】

  • ブロッコリー:1株
  • かぼちゃ:1/2玉
  • ウインナー:好きなだけ
  • えび:好きなだけ
  • 水:300ml
  • 牛乳:300ml
  • みそ:お玉のおよそ2/3
  • 粉チーズ:適量
  • ブラックペッパー:適量

【作り方】

  1. 鍋に水と牛乳を入れ煮立たせる。
  2. 沸騰したらみそを溶かし、カットしたかぼちゃを入れる。
  3. かぼちゃに火が通ったら、カットしたブロッコリー、ウインナー、えびを入れる。
  4. 5分ほど煮立たせ、粉チーズとブラックペッパーを振りかければ完成。

牛乳みそという、和洋折衷とも思える組み合わせですが、これがまたバッチリ合います!みそは発酵食品なので、クリーミー系の食材と相性◎。そして、エビを入れると出汁と旨味が加わり、汁もゴクゴク飲めちゃう鍋に仕上がります。

今回の具材は、彩りを意識したカボチャとブロッコリーという組み合わせを選択しましたが、そのほかにも、人参やじゃがいも、レタスや白菜などもおすすめです。牛乳と水の量は、鍋の大きさによっても異なるので、おおよそ1:1となるように配分して下さい。また、みその量は、ちょっと濃いかな?くらいの方が、具材にしっかりと味が馴染みます。

そのまま食べても美味しいミルクみそ鍋ですが、おすすめなのが汁にパンを浸す食べ方!具材の旨味や栄養を吸ったパンが、体中に染み渡ります。濃厚な旨味が凝縮したミルクみそ鍋は、パンと一緒に最後の1滴まで堪能できる1品です。

計量カップとフライパンで作る「手作りちぎりパン」

/手作りちぎりパン-1024x682

【材料】(1回分)

  • 強力粉:350g
  • ドライイースト:6g
  • 水:180ml
  • 砂糖:30g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:ひとつまみ

【必要な器具】

  • 大きめのフライパン
  • 計量カップ
  • ボウル
  • クッキングシート
  • ラップ

子供でも作れる簡単ちぎりパンの作り方

/ボウルに材料をすべて入れてこねる-1024x682

1. ボウルに材料を全て入れ、ひたすら捏ねる。最初はベタベタと手にくっつきますが、捏ねているうちにまとまってくるので問題ありません。

/まとまったらラップをかけて30分放置-1024x682

2. 粉っぽさが無くなった状態から、これでもか!というくらい気持ち長めに捏ねて下さい。捏ね終えたら丸く成型してボウルに入れ、ラップをかけて30分ほど放置する。

/発酵して膨らんだパン生地-1024x682

*30分ほど置くと発酵して少し膨らみ、このような状態になります。

/生地を9等分して2次発行させる-1024x682

3. フライパンに大さじ1~2の水を入れ、その上にクッキングシートを2枚重ねる。そこに、生地を8~10等分して丸めたものをのせ、蓋をする。弱火で火をつけ、1分ほどしたら火を消し、さらに30分ほど放置して2次発酵させる。

/2次発酵して膨らんだパン生地-1024x682

*2次発酵させると、丸めた生地同士がくっつくように膨らみます。

/発酵が終わったらそのまま焼き上げる-1024x682

4. 発酵が終わったら、蓋をしたまま弱火で5分ほど焼く。パンの底面に焼き目が付いたら、2枚あるうちの上のクッキングシートごと生地を持ち上げ、下のクッキングシートへと勢いよく生地を裏返す。さらに蓋をして弱火で5分ほど焼き、両面に焼き色が付いたら完成。

発酵時間はあれど、工程は少なく簡単にパンが作れちゃいます。しかも!材料の分量は、全て計量カップで測ってOKというズボラさ。普通であれば測りを使用しますが、いちいちキャンプ場でg単位を軽量していては、面倒極まりありません。ドライイーストに限っては、計量いらずの6g個装×3パックタイプの購入がおすすめです。

軽量カップには、水分の目盛りのほかに、米や砂糖という目盛りが存在します。今回使用したのは、砂糖の目盛り。強力粉は砂糖ではありませんが、そんなのお構いなしです!少々大雑把でも、美味しく出来上がるのがちぎりパンの魅力でもあります。

かりに、捏ねていてもまとまりにくいなど水分が少なく感じたら、分量のほかに水を少しずつ足していけばOKです。多少分量の誤差があっても、しっかり生地っぽくさえなれば、とくに問題なく焼きあがります。

何より、捏ねて丸めるという工程は、子供が大好きな作業です。恐らく、子供たちはここぞとばかりに「手伝いたい!」と目をキラキラさせるに違いありません。子供と一緒に普段できないパン作りに挑戦できるのも、キャンプ飯の魅力の1つです。子供たちと、そしてファミリーでコネコネしながら美味しいパンを味わってみて下さい。

鍋×手作りパンは冬キャンプ飯に最適!

一見、ミスマッチにも思える鍋×パンという組み合わせですが、鍋のテイストやパンの味を調整することで、手軽で見た目もオシャレなキャンプ飯が出来上がります。しかも、キャンプ場で簡単に作れるちぎりパンは、子供にも大ウケ間違いなしです。

冬キャンプにぴったりなキャンプ飯を作りたい、鍋のレパートリーを増やしたいという方は、ミルクみそ鍋×パンという新たなジャンルをおすすめします。体の芯まで温まるキャンプ飯で、冬キャンプも思い切り楽しみましょう!

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top