キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

ファミリーキャンプにおすすめの手抜き献立【1日分のレシピ紹介】

ファミリーキャンプで悩みがちなのが、キャンプ飯ではないでしょうか。肉を焼こうか、子供は食べられるだろうか…など「大人も子供も美味しく食べられるレシピ」を考えるのは、なかなか気苦労ですよね。

かくいう私も、小学生と幼児を連れたファミリーキャンパー。キャンプ飯のメニューには、試行錯誤を繰り返してきました。とくに頭を悩ませたのがキャンプ飯の献立です。

キャンプを始めたばかりのときは「肉は飽きたなぁ」「子供には米を食べさせたいなぁ」と1品を考えるのに必死でしたが、キャンプを重ねるごとに「メインは決めたけど、付け合わせはどうする?」「大人にはおつまみっぽいメニューも必要?」とキャンプ飯の組み合わせを考えるように。

そこで今回は、実際に私がキャンプで作った「キャンプ飯の献立」をご紹介したいと思います。ファミリーみんなで食べられ、かつ母ちゃんが手抜きできる簡単レシピ!キャンプ飯の献立に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

ファミリーキャンプの献立を考えるコツ

IMG_3845

ファミリーキャンプの献立は、とにかく「簡単に作れるか」が肝となります。お腹を空かせた子供は、とにかく何かを口にしたいはず。今日のキャンプ飯はコトコト手間暇かけて作っちゃうぞ!と意気込むものの、出来上がる頃には子供が我慢の限界を迎えているor待ちきれずお菓子でお腹いっぱい…なんてことが多々ありました。

幾度か失敗を繰り返した私は、献立を考える際に3つのポイントを要とすることに。

メイン1品+サブ2~3品
私の献立は、米や麺など主食を含んだメイン1品と、マリネや浅漬けにした野菜、ちょっとした炒め物などのサブ2~3品で構成しています。

極力ガス火で調理する
火起こしの時間が惜しいので、なるべくガス火で調理できるメニューを考えます。

メイン以外はなるべく自宅で調理する
下ごしらえはもちろん、サブメニューの調理もほとんど自宅で済ませます。

私はこの3つを基にすると、献立のコツがだんだん掴めるようになりました。献立を作るのにも何から考えてよいか分からないという方は、まずこの3つのポイントを見直してみてはいかがでしょうか。

とあるキャンプでの手抜き献立

それでは実際に、とあるキャンプでの夕食・朝食の手抜き献立をご紹介致します。

夕食の献立
メイン:丸ごとチキンライス
サブ:カマンベールオムレツ
サブ:キャベツの塩昆布和え
サブ:トマトと玉ねぎのマリネ

この日のキャンプでは、合計4品作りました。といっても、キャンプ場で調理したのは実質2品。

超簡単レシピですが、作り方をご紹介します。

丸ごとチキンライス

IMG_3957

【材料】

  • 鶏もも肉2枚
  • 2合
  • 440ミリリットル
  • 冷凍ミックスベジタブル1袋
  • コンソメおよそ10グラム
  • 塩胡椒適量
  • 空のペットボトル
  • キッチンペーパー
  • フリーザーバッグ

1.(自宅にて)鶏もも肉に塩胡椒を振る

IMG_3772

キッチンペーパーの上に鶏もも肉を置き、両面に塩胡椒を振ります。

2.(自宅にて)鶏もも肉をフリーザーバッグへ入れる

IMG_3773

塩胡椒した鶏もも肉をキッチンペーパーで包んだら、フリーザーバッグへ入れます。そのまま冷蔵庫で保管し、当日この状態でキャンプ場へ持参して下さい。

3.(自宅にて)空のペットボトルに米と水をセットする

IMG_3775

キャンプ場に米を持参する場合は、ペットボトルを活用するのがおすすめです。現地で米を浸す必要がなく時間短縮に繋がる&米がしっかりと水分を吸収するので美味しく炊きあがります。

500ミリリットルの空のペットボトルに、米1合と水220ミリリットルがちょうど収まります。今回は2合炊くのでペットボトルを2本使用しました。

4.鍋に米とコンソメを入れる

IMG_3839

鍋にペットボトルから出した米とコンソメを入れます。私はダッチオーブンを使用しました。

5.ミックスベジタブルと鶏もも肉をセットする

IMG_3842

鍋にミックスベジタブルを入れ、その上に鶏もも肉を丸ごと置きます。これで鍋の中身はセット完了。あとは蓋をして火にかけていきます。

6.弱火~中火でおよそ17分火にかける

IMG_3844

火加減は弱火と中火の間。およそ17分火にかけ、火を止めてから10分程蒸らせば完成です。

IMG_3954

取り分ける際は、キッチンバサミで鶏もも肉をカットすると◎。ほんの少しウスターソースをプラスするのがおすすめの食べ方です。

鶏もも肉を丸ごと火入れすることで、めちゃくちゃジューシーに仕上がります。とくに我が家の長男に大好評で、もりもり食べていました。米と肉の両方を1品で作れるので、まさにファミリーキャンプにおすすめの手抜きレシピですよ。

カマンベールオムレツ

IMG_3932

【材料】

  • カマンベールチーズ1個
  • 3個
  • オリーブオイル少々
  • 塩胡椒適量
  • ケチャップ適量

1.卵と塩胡椒を混ぜ合わせる

IMG_3920

卵3つを容器に割入れ、適量の塩胡椒と混ぜ合わせます。

2.スキレットにオリーブオイルをひく

IMG_3921

熱したスキレットにオリーブオイルをひきます。

3.溶き卵の半量をスキレットに流し込む

IMG_3923

スキレットに溶き卵の半量を流し込み、箸やトングなどでかき混ぜます。

4.中心にカマンベールチーズを入れる

IMG_3924

卵のまわりが固まってきたら、中心にカマンベールチーズをドーンと置きます。

5.残りの溶き卵を流し込む

IMG_3925

残りの溶き卵を流し込み、卵部分のみトングなどでかき混ぜます。

6.カマンベールチーズに切り込みを入れる

IMG_3927

卵が半熟になってきたら、カマンベールチーズに切り込みを入れます。あとは、ケチャップなどお好みの調味料をかければ完成です。

とろけたカマンベールチーズと半熟の卵が堪らない、おかず・おつまみ、どちらでもいけるレシピです。ちなみにこちらの1品は、とろけるチーズを撮影する間もなく、ものの数分で完売致しました。

キャベツの塩昆布和え

IMG_3937

【材料】

  • キャベツ半玉
  • 塩昆布適量
  • ごま油適量
  • めんつゆ適量
  • フリーザーバッグ

1.(自宅にて)キャベツを手でちぎる

IMG_3764

洗ったキャベツを手で一口大にちぎります。

2.(自宅にて)フリーザーバッグに全ての材料を入れる

IMG_3767

フリーザーバッグに1のキャベツと調味料を全て入れ混ぜ合わせます。

3.(自宅にて)冷蔵庫で寝かせる

IMG_3768

そのままフリーザーバッグを冷蔵庫に入れ、味が馴染むまで寝かせて完成です。しっかり味を馴染ませたいならキャンプの前日に、あっさりめの仕上がりなら当日の朝に仕込むと◎。

トマトと玉ねぎのマリネ

IMG_3938

【材料】

  • ミニトマトお好きなだけ
  • スライスした玉ねぎ適量
  • オリーブオイル適量
  • 醤油適量
  • レモン汁適量
  • フリーザーバッグ

1.(自宅にて)フリーザーバッグに材料を全て入れる

IMG_3770

フリーザーに材料を全て入れ混ぜ合わせます。

2.(自宅にて)冷蔵庫で寝かせる

IMG_3771

そのまま冷蔵庫で寝かせれば完成です。

自宅で調理し、キャンプ場で皿にのせるだけという、究極の手抜きレシピ。そのくせ味はしっかり馴染んでいるので、おいしさは折り紙付きです。

現地で調理いらずのサブは、メインを調理している間のお助けメニュー!メインが出来上がるまでは、サブをつまみながら待ってもらいます。とくに小さな子供はご飯が待てないので、子供の好みに合わせて付け合わせを考えてみて下さいね。

子供が寝静まったら…

IMG_3994

ファミリーでの食事を終え子供が寝静まった後は、大人だけのスイーツタイム!!コンビニで仕入れたバスチーをホットサンドメーカーにのせ、焚火の熱で温めます。これにコーヒーをプラスすれば、全ての疲れが吹っ飛びます。

ホットバスチー「通称:悪魔焼き」めちゃくちゃ美味しいのでぜひお試し下さい。

朝食の献立

メイン:コンビニ惣菜でホットサンド
サブ:ウインナー

我が家のキャンプの朝食は、ホットサンドが頻繁に登場します。何よりホットサンドメーカーが優秀なので、かなりのヘビロテクッカーです。

コンビニ惣菜でホットサンド

IMG_4012

【材料】

  • 8枚~10枚切りの食パン人数×2枚分
  • コンビニ惣菜今回はたまごサラダ・エビマヨ

1.ホットサンドメーカーにパンと具材をセットする

IMG_4005

ホットサンドメーカーに、食パン+具材+食パンの順でセットする。

2.ホットサンドメーカーを火にかける

IMG_4006

片面2~3分、両面を火にかければ完成です。

IMG_4003

今回使用したのは、こちらのコンビニ惣菜。コンビニ惣菜は手軽かつおいしい最強食材です。種類も豊富なので、好みの惣菜で自分だけのホットサンドに挑戦してみて下さい。

ウインナー

IMG_4007

【材料】

  • ウインナー
  • サラダ油orオリーブオイル

ただただウインナーを焼いただけのサブメニュー。ですが、ここで注目してほしいのはホットサンドメーカーです。我が家が使用しているホットサンドメーカーは、上下のプレートが切り離せるタイプなので、パンを焼いた後にフライパンとしても活躍してくれます。

極力洗い物を減らしたい私は、クッカーをバンバン使い回します。

ファミリーキャンプの献立は力まない

ただでさえ子供から目が離せないファミリーキャンプでは、何事も力まないのが一番。とくに力が入りやすいキャンプ飯は、自分が楽になれる方法を模索しましょう。手抜きで作ったキャンプ飯も、ファミリーで食べればうまうまな御馳走に早変わりしますよ。

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

back to top