取っ手が取れる!家でもアウトドアでも使いたい高品質な鋳鉄フライパン

取っ手が取れる!家でもアウトドアでも使いたい高品質な鋳鉄フライパン

愛知県一宮市の3S株式会社は、クラウドファンディングサービス「MAKUAKE」にて、取っ手が簡単に脱着できる鋳鉄フライパン「manoli鋳鉄フライパン」のプロジェクトを開始した。

このフライパンのキャッチコピーは「100年使えて!肉が100倍美味しい!!」という事で、美味しく調理できるのはもちろん、耐久性にも自信があるようだ。

最注目はネジ式の脱着式取っ手!

manoli

鋳鉄製のフライパンと言えばまず思いつくのがスキレット。スキレットは基本的にフライパンと柄が一体化しているので、折れることは無くても熱くなって扱いづらい。最近はワイルドキャンプの人気が高まっていることもあって、枝をさして使用するフライパンもあるが、実用性にはやや欠ける。

manoli鋳鉄フライパンは、取っ手がネジ式になっており1秒もあれば脱着が可能。取っ手は木製なので熱くならないし、必要な時にだけ着ければいいので焦げる心配もいらない。何よりフライパンはその形状のため収納ボックスなどで変に場所を取るのだが、取っ手が取れれば携行性も抜群で良いことづくめなのである。

3mmの鋳鉄フライパンで肉がおいしく焼ける!

manoli (7)

もちろんフライパン自体も本格派で、3mmと厚めのフライパンなので蓄熱性もあり均等に火が行き渡る。この記事を読んでいる方ならご存じだろうが、これくらいの厚い鉄板で厚めのステーキを焼くと、外はカリっと中はジューシーな激ウマステーキになる。

ちなみに焚火はもちろん、IHやガス、オーブンとマルチに使用することが可能。ステーキだけじゃなくてもアヒージョやフレンチトーストなんかにも使えるので、一つ持っておけば安心だ。

高品質な鋳鉄だから劣化もしにくい!

manoli (6)

一般的なフライパンは鉄板をプレスして作られるが、manoliは「鋳鉄」を使用。鋳鉄とは、鉄(Fe)、炭素(C)およびけい素( Si )を主成分とした合金の事で、薪ストーブや工作機械にも使われるほど耐久性と熱伝導率に優れている。

プロジェクトページには「通常の使い方をしておりますと、壊れることなく永遠に使い続けることができます」となんとも頼もしい表現があることからも、耐久力には絶対の自信を感じる。

蓋とテーブルスタンドもセット!お家遣いにもぜひ

manoli (13)

今回のプロジェクトのリターンにはフライパンにジャストフィットの蓋と、竹製のテーブルスタンドも付属している。蓋はガラス製で中の火の通りが見やすくなっているが、割れるかもしれないのでどちらかと言うとお家用。竹製のテーブルスタンドは抗菌効果も期待できるのでアウトドアでもお家でも活躍してくれそう。

鋳鉄製という事でシーズニングや使用後のお手入れがあるが、それを補って余りあるほどのメリットを考えると、お家遣いメインでも十分イケる。取っ手が取れるので収納棚での収まりもいいだろう。価格はサイズにもよるが、基本的に1万円半ばから後半くらい。中でも外でも使えることを考えると非常にコスパの高い逸品だ。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂