アウトドアの強い味方「デリカD:5」に新色が登場!

アウトドアの強い味方「デリカD:5」に新色が登場!

キャンプ、ウィンタースポーツ、サーフィンに釣り…どんなアウトドアシーンにも持ち前の悪路走破性と積載力に快適性をプラスして、安心にアクティビティを楽しむことが出来る唯一無二のオールラウンドミニバンといえば「デリカD:5」

アウトドア需要の高まりを受けてバカ売れしている同車だが、この度、新色がリリースされる事となった。デリカD:5が欲しいけど、周りと同じスタイルはちょっと…という方に朗報だ。

採用されたのはどんなカラー?

delica2022 (5)

新しく仲間入りしたのは、三菱自動車独自の「高輝度塗装」によるダイヤモンドカラー「ホワイトダイヤモンド」と、「ブラックダイヤモンド」。高輝度塗装と言われても何のこっちゃと思うかもしれないが、言い換えると「金属や樹脂にメッキの様な輝きをもたせること」が可能になる塗装で、ギア感の強いデリカD:5を更にソリッドに引き立たせる効果がありそうだ。

また、陰影感と輝度を高めた「グラファイトグレーメタリック」も採用。その結果、通常モデルはモノトーン4色とツートーン4色の合計8色、アーバンギアの方ではモノトーン3色の展開となる。通常の白や黒とは違う魅せ方を持つダイヤモンドカラーなら他のデリカオーナーと差がつけられるだろう。

デリカD:5はやっぱり売れてる?

delica2022 (6)

アウトドア好きなら誰もが知っているであろうデリカD:5。実際に売れ行きやユーザーの反応はどうなのか、とある三菱ディーラーに聞いてみた。ディーラーの担当者は次のように語る。

「デリカD:5をご検討される多くは7人乗りか8人乗り、街乗りもアウトドアも大丈夫なクルマを希望されています。一般的なミニバンでは物足りないという方は増えてきており、アウトドア需要も追い風になり販売台数は増えていますね。実際に乗っているユーザー様は、これ以上のクルマには出会えないとまで言っていただけます」

現行モデルのマイナーチェンジ後、迫力が増したことからユーザー離れがあるかと思ったが、どうやらそこまでではなさそう。むしろマイナーチェンジ後に手が入った走行性能や快適性の向上で一気にユーザーの幅を広げたという見方もある。

2022年も不動のポジションを守るデリカD:5

delica2022 (7)

上でさらっと触れたが、実は現行モデルの迫力顔デリカはマイナーチェンジしたものであり、2007年から続くロングモデル。独自の世界観とコンセプトで不動のポジションを築いてきた。

そろそろフルモデルチェンジかと言われながら迎えた2022年モデルはカラーの追加にとどまっている。今後は日産やルノーとのアライアンスの関係でモデルが整理されることを考えると、新車で買える期間はもう残り少ないのかもしれない。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂