キャンプ場運営を検討している方は必読!公式のオートキャンプ場マニュアル第8版が刊行

キャンプ場運営を検討している方は必読!公式のオートキャンプ場マニュアル第8版が刊行

キャンパーの中に「自分もキャンプ場をやってみたい」と思っている方はどれくらいいるだろうか。開発も運営も、維持していくことも簡単なことではないが、自分のキャンプ場を持つのはロマンではある。

いずれにしても手探りでやっていくものではないので、マニュアルを必ず用意しておきたい所。日本オートキャンプ協会はこのほど、最新のマニュアル『オートキャンプ場建設・管理運営マニュアル』第8版を刊行したとのことで、直接携わる方も、間接的にキャンプ事業に携わる方も要チェックな内容となっている。

キャンプ場を作るためのノウハウはもちろん、その後の運営も大切

キャンプ場のイメージ画像

レジャー施設のどこでも言えることだが、開発をする際に重要なのはハードもソフトも考え抜いた上で着手するという事だ。最初に作ってしまうハード面は、リニューアルを見越してある程度余白を残しておかないといけないし、その後に待ち構えているサービスの提供についてもはっきりとビジョンが見えていないと「こんなハズじゃなかった…」という事が起こる

「オートキャンプ場建設・管理運営マニュアル」についてはこれまでも刊行されてきたが、第8版という事で内容も最新のもの。「ただ作って終わり」という事ではなく、その後のリニューアルについての解説や実際のキャンプ場の資料、緊急対応マニュアルなどが追加されており、更に内容が充実しているとのこと。

マニュアルに沿ったセミナーも実施するのでわかりやすい

ACM202201 (3)

マニュアルを読んだだけではイマイチ腹落ちしないという方にオススメなのが、マニュアルに沿ったセミナーである「キャンプ場経営セミナー」。こちらは2022年3月29日(火)と6月18日(土)にZOOMを使用したWEBセミナーとなっており、どちらも「入門編」と銘打って、約3時間に凝縮した内容をお届けする。

気になる内容は「そもそもキャンプ場は儲かるのか」といったいきなり核心を突いた内容だったり、「事業計画書の作り方」、「キャンプ場の資金繰り」といった実務に即したものがラインナップされている。講師についても有名キャンプ場を設計した洞口健児氏や、長年キャンプ場経営に携わっている田代嘉宏氏が登壇予定とあって期待が高まる。

キャンプビジネスをするなら読んでおきたい1冊

グランピングのイメージ画像

実はこのマニュアル、キャンプ場を運営しようとしている方だけではなく、キャンプで一儲けしようと考えている方にもお勧めしたい。マニュアルを読み込めばキャンプ場の弱いところや改善点なども見えてくるハズだし、ユーザーの事を真剣に考えているからこそ見えてくる商機もあるだろう。

お値段は1冊11,000円と気軽に購入できる金額ではないが、商機を見つけるためのヒントがもらえるとすれば安いものかもしれない。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂