PICA富士吉田のマッシュルームパオTAKIBIで大晦日年越しキャンプをしてみた

PICA富士吉田のマッシュルームパオTAKIBIキャンプ場

2019年12月31日に山梨県のPICA富士吉田で年越しキャンプをしてきました。以前から気になっていたマッシュルームパオTAKIBI泊です。

コテージでもバンガローでもない初めての施設に家族みんなでワクワク。更に大晦日ということでイベントにも参加してきました。

今回はマッシュルームパオTAKIBIで過ごす年越しキャンプの様子を皆さんにご紹介します。

PICA富士吉田にチェックイン

テントサイトは13時チェックインですが、今回私たちが泊まるマッシュルームパオは14時チェックインになります。ゲストハウス前に駐車場があるのでそこに車を停めて受付をしましょう。

012020_0725_PICA1

さすが、高規格キャンプ場。ゲストハウス内のショップもお洒落です。

012020_0725_PICA2

アウトドアグッズのコーナーもあり見ているだけでテンションが上がります。

冬のマッシュルームパオ利用の注意点

チェックインの際、説明の最後にスタッドレスタイヤを履いているか聞かれました。この日は晴天だったものの何日か前に降った雪がキャンプ場内に残っている状態。マッシュルームパオの前の道は緩い傾斜になっていて駐車の際タイヤが滑ってしまうことがあるようで、一度歩いて現地を確認するように言われました。

もし駐車が難しそうな場合はゲストハウス前の駐車場に停め、荷物は貸し出し用のカートで運んでくださいとのこと…。

我が家はスタッドレスタイヤを履いていましたがそれでも坂を登る時タイヤが滑りました。なんとかバックで駐車できましたが冬にマッシュルームパオを利用の際は注意が必要です。

PICA富士吉田の施設紹介

マッシュルームパオTAKIBI

012020_0725_PICA3

無事にマッシュルームパオTAKIBIに到着!早速中に入ってみましょう。

012020_0725_PICA4

中は結構広くエアコン、ガスヒーター完備。ソファーもあるのでのんびりくつろげます。赤を基調とし、バンガローでもコテージでもない初めての雰囲気です。

012020_0725_PICA5

部屋の端にはこんなお洒落なテーブルとイスも。

続いて外を見てみましょう。

012020_0725_PICA6

PICA富士吉田には3種類のマッシュルームパオがあります。

マッシュルームパオTAKIBIにはユニフレームの焚き火台、LOGOSの囲炉裏テーブル、コールマンの椅子4脚が付いていますが、椅子と囲炉裏テーブルは公式ホームページの写真と違う物になっていました。

公式ホームページの写真だと新品の道具が使われていましたが、実際はかなり使い込まれていたのでイメージしていたものとはだいぶ違う印象でしたね。

012020_0725_PICA7

焚き火台とは別にBBQグリルも付いています。

012020_0725_PICA8

今話題のキンドリングクラッカーもありましたよ。

トイレ

012020_0725_PICA9

男女別のウォシュレット付き。清潔に保たれていたので気持ちよく使えました。

炊事棟

012020_0725_PICA10

生ごみが捨てられる三角コーナーが有りお湯も出ます。冬の夜間は凍結防止のため少量の水を出したままにしましょう。

お風呂

012020_0725_PICA11引用:PICA富士吉田

ゲストハウスの2階に男女別の浴場があります。車に乗らなくてもお風呂に行けるので安心してお酒が飲めますね。

コインランドリー

012020_0725_PICA12

トイレの横に洗濯機と乾燥機があります。

マッシュルームパオTAKIBIで冬キャンプを楽しむ

子どもたちと雪遊び

012020_0725_PICA13

マッシュルームパオの前のスペースで雪遊びをしました。沢山の雪に子どもたちは大喜び!!冬に子連れでPICA富士吉田に行かれる際はスノーブーツを持っていくことをおすすめします。

夕食はウッドデッキでBBQ

012020_0725_PICA14

マッシュルームパオの前のウッドデッキでBBQを楽しみます。ウッドデッキには屋根も付いているので雨でも焚き火やBBQができるのはいいですね!

BBQコンロ用の網はレンタルになるので我が家は100均の網を持参しました。炭もPICA富士吉田で買えますが割高になるので持参することをおすすめします。

BBQの後は家族で焚き火

012020_0725_PICA15

マッシュルームパオTAKIBIの良さはウッドデッキで焚き火が楽しめること。囲炉裏テーブルもあるので小さい子どもがいても安心です。コールマンの椅子が4脚付いていますがこれが子どもたちに丁度いい高さで、安定感も抜群なので転倒の心配もなく、子ども用に椅子を買うならこれだな!と思いました。大人にはちょっと低かったです。

イベント1.吉田のうどん

012020_0725_PICA16

富士吉田の名物、「吉田のうどん」が無料でふるまわれるイベントがありました。19時半からフロントにて整理券が配られます。

我が家は旦那さんに19時25分に整理券をもらいに行ってもらったのですが、なんと旦那さんの前の人で整理券が終了。残念過ぎる結果に…。吉田のうどんが食べたい人は早目に並びましょう。

イベント2.焚きビンゴ

012020_0725_PICA17

22時半からツリーハウス前にて「焚きビンゴ」が開催されます。景品はコット焚き火台ダッチオーブンなどのキャンプ用品。

本当は家族みんなで参加したいところですが我が家は息子たちが21時には寝てしまうので仕方なく私一人で参加してきました。ビンゴカード(1枚500円)も数量限定で昼間の10時から販売なのでチェックインの際に購入することをおすすめします。

いよいよビンゴ大会が開始!!周りはみんなファミリーやグループの人たちだったので盛り上がっていましたが私は一人静かに参加。

結果はというと…何も当たらず。子どもたちがほとんど当てていましたね。

キャンプ用品をゲットできずガッカリでしたが、なんと参加賞があるとのこと!翌日、フロントにビンゴカードを持っていくとユニフレームのステッカーが貰えました!

012020_0725_PICA18

カウントダウンイベントに参加のはずが…

012020_0725_PICA19

「焚きビンゴ」の後は「焚き火ダンス」や「カウントダウン」のイベントがありましたがビンゴの間にすっかり体が冷え切ってしまって。厚着していましたが、やはり年末の富士吉田はかなり寒いです。

イベントには参加せずマッシュルームパオの中で一度体を温めた後、夫婦でのんびり焚き火をしながら2020年を迎えました。

ツリーハウスの方からはクラッカーの音や音楽が聞こえ盛り上がっていましたね。

マッシュルームパオTAKIBIでの就寝

012020_0725_PICA20

マッシュルームパオにはマットシュラフ(コールマン)、枕カバーが付いています。我が家はシュラフのみ持参の物を使いました。分厚いマットなので寝心地は良かったです。

普段テントに泊まっているのでマッシュルームパオの中は暖かいだろうと油断していましたが実際は結構寒くて…。シュラフの上に持参した毛布を掛け、エアコンを付けたまま寝ました。

チェックアウト

PICA富士吉田のチェックアウトはテントサイトが12時それ以外の施設は11時になります。テントの撤収がない分、かなり楽でした。ゴミはゴミステーションに分別して捨てることができます。

マッシュルームパオはお手軽キャンプにおすすめ

012020_0725_PICA21

PICA富士吉田のマッシュルームパオTAKIBIは焚き火台から寝具まで全て揃っているので「普段キャンプをしないけどキャンプ気分を味わってみたい人」や「これからキャンプを始めようと思ってる人」にぴったりの施設です。

雨の日でもBBQや焚き火を楽しめるのも嬉しいポイントですよね。「気軽にキャンプを楽しみたい」という人は是非PICA富士吉田に足を運んでみてください。

アウトドア・キャンプ情報を毎日発信中!
\👉 フォローお待ちしてます 👈/
さあ、WEBでもキャンプを楽しもう⛺
キャンプ場
シェアをして次世代のキャンパーを発掘しよう!
CAMP QUEST