コンパクトで多機能!新感覚の敷物「アウトドア畳」がクラファン開始

コンパクトで多機能!新感覚の敷物「アウトドア畳」がクラファン開始

キャンプサイトを作る際に重要な部分の一つなのがリビング部分。キャンプブームを経てアウトドアでの寛ぎ方も多様化したが、その中でも注目したいのが「お座敷スタイル」だ。日本人は靴を脱いで生活する文化圏なので、お座敷スタイルとの相性は抜群に良い。

そんな中、お座敷スタイルを更に快適にするアイテムのクラファンが2022年5月27日から始まった。その名も「アウトドア畳 HONOMA」。日本の伝統と最新技術を組み合わせた新しい畳のスタイルに注目だ。

アウトドアにアジャストした畳

honoma202206 (6)

従来、畳はイグサで作られており、調湿性やクッション性、断熱性、難燃性など非常に高い機能性を持つため、長い歴史で使われてきた。しかし、HONOMAで使われているのは和紙素材。アウトドアで持ち出すことを考え、イグサの約3倍の耐久性があり、日焼けや色あせがしにくい素材を厳選したとのこと。

和紙素材の下には高機能の断熱材で断熱性と弾性を確保し、畳縁にはアウトドアギアでお馴染みのCORDURAⓇを使用することで耐久性も高い。地面と接する裏には高強度ナイロンで耐久力を、防水加工を施すことで撥水機能を持たせてある。

なぜアウトドアに畳を?

honoma202206 (4)

イグサも使ってないし、そもそもあの厚みがあるのが畳じゃないの?と思う方もいるかもしれないが、企画者によればこれも立派な畳。上でも触れた通り、クッション性や断熱性などの機能があるのが畳だとすれば、HONOMAも間違いなく畳の仲間なのである。

今回このHONOMAが開発された背景には、日本古来の畳のすばらしさを再確認してもらうというテーマがある。年々和室が減っていき、畳文化が廃れていくと職人も減ってしまい、最終的には畳を作れなくなってしまう。それを食い止めるためにも今回のHONOMAが生まれたのだろう。

コラボ企画限定の限定品も登場

honoma202206 (14)

HONOMAは人気ドラマ「おやじキャンプ飯」とのコラボ商品という側面を持ち、開発の中でどんな方向性が良いのかというアドバイスをスタッフからもらっているとのこと。元々は和室から畳を引っこ抜いてきたのをもっと薄く、使いやすくしたのもアドバイスのおかげらしい。

そして「おやじキャンプ飯」とのコラボ限定カラーも登場する。イメージしたのは長年愛されてきた畳の「黄金色だ」。畳縁はレッドを採用し、より特別感の強い逸品となっている。

プロジェクトは7月10日まで

honoma202206 (13)

今回のプロジェクトでラインナップされているのは、45cm角のミニサイズ、半畳サイズ、一畳サイズの3種類。「起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半」とことわざにある通り、一畳あれば人の生活スペースは確保出来るので、1枚あれば十分なのかもしれない。

執筆時点で既に一部の割引率の高いリターンは終了しているので、気になる方は早めのチェックをオススメする。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂