長野県「KISOFUKU HARAPPA」に標高1,500mの夏でも涼しい新キャンプサイトが登場!

長野県「KISOFUKU HARAPPA」に標高1,500mの夏でも涼しい新キャンプサイトが登場!

長野県の南部にある木曽郡。御岳山にほど近いこのエリアは標高も高く、東海エリアはもちろん関東や関西からも避暑に訪れることもある人気エリアだ。冬場はスキー場となる「木曽福島スキー場」だが、昨年からオフシーズンはキャンプ場「KISOFUKU HARAPPA」としても利用可能となっている。

2年目にもかかわらず、2022年シーズンは新たなキャンプエリアやトレッキングコースを登場させるなど、気合の入りようが半端ない。

御嶽山眺望抜群のサイト

kisofuku202206 (7)

2021年から始まったKISOFUKU HARAPPAだが、元々はスキーセンター付近にフリーサイトがあるのみの営業だったところ、今回はスキーセンターからもっと上がったところ「HAKUSANデッキ&ダイニング」付近に新たなキャンプサイトを設置するとのこと。

目に見えなくなるほど上に上がるわけではないが、眺望は一気に変わり、天気のいい日は御嶽山を正面に臨む最高のサイトになるだろう。周りに遮るものはないので、開放感は抜群。標高1500mで平地より6~8℃程度気温が低いとはいっても、タープなどの日よけはマストだ。

閉鎖したコースをトレッキングコースに

kisofuku202206 (2)

もう一つの目玉となるトレッキングコースは、約15年前に閉鎖した「シークレットDコース」を再整備し、御嶽山を臨みながらトレッキングを楽しめるようにしたもの。15年ともなると草木が生い茂るには十分の月日という事もあり、草木を伐採する前は「何か出てきそうな雰囲気」だったらしい。

レベルとしては「日ごろの運動不足を解消したり、森林浴にも最適」と言われるくらいなので、そこまで本格的ではないだろう。

映えるかき氷も販売!

kisofuku202206 (4)

設営後やトレッキングの後、熱を持った体をクールダウンさせるのに最適なのが「かき氷」。あくまで個人的な意見だが、キャンプ場で食べるかき氷は祭りの屋台で食べるかき氷と同等の魔力を持つ。それはもちろんKISOFUKU HARAPPAでも同様だ。

御嶽をイメージした「御嶽ブルーハワイ」はゴリゴリのおしゃれかき氷とまではいかないが、ふわふわとした見た目にトッピングがカワイイちょうど良くSNS映えしそう。本物の御嶽と一緒に撮ってみたい。

どうでもいいが、紙ナフキンに包まれているスプーンとかフォークってワクワクしない?

新エリアの予約は6月23日から

kisofuku202206 (3)

既存のフリーサイトは営業中だが、新エリアのオープンは7月23日からとまだ少し先。とはいえ予約開始は6月23日からなので、今年の「避暑キャンプ」として検討してみてはいかがだろうか。

なお、夜は長袖が必要になるくらい気温が下がることも考えられるので、検討する場合は気温差にもご注意を。

予約は「なっぷ」から

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂