活躍の場は夏だけじゃない、キャンプでのポータブル冷蔵庫の活用法

活躍の場は夏だけじゃない、キャンプでのポータブル冷蔵庫の活用法

ポータブル冷蔵庫って使ったことありますか?キャンプで冷蔵庫替わりに利用するのはクーラーボックスが当たり前ですが、ポータブル冷蔵庫をキャンプで活用すると、今まで考えてなかったことが出来るようになったり、便利な活用場面がたくさん!

そんなキャンプにピッタリのポータブル冷蔵庫『EENOUR S25』との出会いがあり、キャンプで実際に使ってみて便利だった活用方法をご紹介します。これは「見た目も含めてキャンプギアの仲間入り」まちがい無しです。

ポータブル冷蔵庫のキャンプでの活用とは

ポータブル冷蔵庫なんてキャンプに必要なの?

「キャンプの保冷はクーラーボックスで十分」

実は私も、今回ポータブル冷蔵庫を使う前まではそう思っていた一人でした。最近のクーラーボックスは保冷力も高く、デザインも魅力的、キャンプギアとして選択の幅も広いので、かなりこだわりをもって選んでる方も多いですよね。

保冷力の高いクーラーボックスと保冷剤を使えば、2泊のキャンプなら十分に保冷力をキープしてくれます。そこまでポータブル冷蔵庫の必要性を感じませんでした。

使い分けの発想から、「冷凍庫」の存在に閃く

キャンプで利用するクーラーボックスは、二つのサイズや特性が異なるクーラーを使い分けると各段に便利になります。

今までのクーラーボックスの使い分け

  • メインクーラーとして保冷力の高いハードクーラーを、サブクーラーとして機動力の高いソフトクーラーを利用
  • メインとサブの二つのクーラーでドリンクと食材を分けるなど、中に入れるもののサイズや種類によって使い分ける
  • この使い分けによってそれぞれ開け閉めの回数も少なくなり、冷気が逃げにくく、保冷力アップの効果も

ただ、家やお店の冷蔵庫にあってキャンプのクーラーボックスに無いもの、それが「冷凍庫」。その存在に気付いてしまったのです。

キャンプで冷凍モノが扱えると、かなり便利なのではと。

そこで我が家では、メインのイエティ製ハードクーラー、サブのAOクーラー製ソフトクーラーに追加して、ポータブル冷蔵庫を導入しました。

これで、3つ目の「冷凍庫」という使い分けができることになります。

ポータブル冷蔵庫で出来るようになったことは

クーラーボックスは、あくまでも保冷するだけ。それに対してポータブル冷蔵庫は、クーラーボックスより低い温度が扱え、そして保冷だけでなく冷却が可能になります。

ポータブル冷蔵庫で出来ること

  • マイナス10~20度の冷凍庫の温度帯のものが扱える。冷凍物が扱え、氷も作れる
  • クーラーボックスでは保冷時間への影響などでできなかった、常温のものやぬるくなったものを冷やすことが出来る

ポータブル冷蔵庫の欠点は

ポータブル冷蔵庫は、普通のクーラーボックスとは違って、電力を利用する点が一番のデメリットとなります。

ポータブル冷蔵庫の弱点とその対策

【電源が必要】
→ 対策:電源サイトかポータブル電源などを活用

【本体サイズが大きい割には容量が小さい】
→ 対策:クーラーボックスと併用することで、ポータブル冷蔵庫のサイズは最小限にする

ポータブル冷蔵庫が完全にクーラーボックスに置き換わる存在にはなりなせんが、クーラーボックスと併用することで、そのデメリットを感じずに利用していきたいですね。

キャンプギアとして激選 EENOURのポータブル冷蔵庫

ポータブル冷蔵庫といっても、最近は様々な商品が登場しています。数ある商品の中でどんなものを選べばいいか迷っちゃいますよね。

我が家では、キャンプで利用する条件にピッタリな商品に出会えたのがきっかけで、ポータブル冷蔵庫の導入に至りました。

キャンプで利用するポータブル冷蔵庫の条件

キャンプで利用するポータブル冷蔵庫。選んだ条件は以下の3つ。

  1. クーラーボックスと併用を前提に最低限の容量を備えている
  2. 車載への影響を考慮して可能な限りコンパクトなサイズ
  3. キャンプサイトに並べても違和感が無いデザイン・カラー

この中で、一番重視したのは「3」の見た目。

キャンプギアとして選ぶなら、この条件が一番重要なんです。そこで目に留まった製品はただ一つ、EENOURのポータブル冷蔵庫だったのです。

キャンプで大人気、そしてクーラーボックスの最高峰といえばイエティ。

そのイエティと似たようなシンプルなデザインとカラーのEENOURのポータブル冷蔵庫。二つを並べて配置したときのと相性の良さも、選択のポイントでした。

EENOUR(イーノウ)とは?

EENOURは、日本のポータブル電源市場に5年以上の深い知識と経験を培ってきたメンバーが集結し、2020年に新しく創立した中国のブランドです。

ポータブル電源の市場では中国製品の電池・バッテリーのクオリティは高く、またコスパが良い製品が多いことから、数あるポータブル電源のブランドの中でも人気が高いブランドの一つになっています。

一番コンパクトなモデル S25

そんなEENOURの車載対応冷蔵庫としてラインナップされている中で、一番コンパクトなのが、S25という型番のモデルです。

商品のラインナップとしては、容量が大きいものやデザインが異なるものもありますが、とにかくこのデザインとサイズ感がキャンプにピッタリで一目惚れでした。

参考:メーカーサイトから抜粋した商品紹介

  • 25℃の庫内温度から-20℃までわずか55分の短時間で急速冷凍可能
  • 内容量は25L。350ml缶だと約28本、500mlペットボトルだと約18本、1L牛乳パックだと約20本収納可能
  • 外寸は軽自動車のトランクにもすっぽり収まるサイズ感、重さも12㎏弱と検量コンパクト
  • 2Way電源対応。車のシガーソケットで使えるDC電源と、家庭用コンセントで使えるAC電源が利用可能
  • 車のバッテリー電圧が下がると、自動的に電源をoffしてくれるバッテリー上がりの防止機能装備

 

EENOUR Webサイトの商品紹介参照

EENOUR S25の実際のサイズ感は?

ポータブル冷蔵庫最大の欠点は、サイズが大きいこと。もちろんたくさん入る冷蔵庫が便利ですが、キャンプで使うには外寸が大きくなりすぎないことも重要なポイントです。

S25のような冷却性能に優れるコンプレッサー式のポータブル冷蔵庫は、容量に対して本体サイズが大きくなりがちです。-20度までの冷凍が出来る冷却性能は犠牲に出来ないので、その中で最も小さいサイズのものを選びました。

クーラーボックスはキャンプギアの中でもサイズの大きい方になりますが、それよりも大きくならないサイズを選ぶと、今までと変わらず扱いに困らないですね。

我が家のクーラーボックスで一番大きいサイズの、コールマンのスチールベルトクーラーと比較してみました。

縦と横のサイズはほぼ一緒。高さはEENOUR S25の方が低くて少しだけコンパクト。

THORのコンテナともほぼ同じサイズ。ピッタリ重ねられます。

このように、既に使っている他のキャンプギアと幅や高さが同じサイズのものを選ぶと、重ねたり並べたりする場合にも扱いやすいです。

EENOUR S25の容量は?

EENOUR S25の容量は25L。本体サイズを小さくすると、どうしても容量は小さくなり、収納出来る量は少なくなってしまいます。

クーラーボックスとの使い分けで、ポータブル冷蔵庫の方に何を収納するかを考えて選ぶことになります。

高さ以外の本体サイズがほぼ一緒のスチールベルトクーラーは、さすがの大容量51L。S25はその半分の容量しか入りません。

やはり冷却性能に優れた冷蔵庫は、モーターなどの部品部分のサイズが大きくなってしまうので仕方ないですね。

イエティのローディ24(写真右)は容量24Lなので、S25(写真左)とほぼ同等の容量ということになります。

ローディ24は縦長なので2Lのペットボトルが縦に収納できますが、S25は500mlのペットボトルなら縦に、2Lのペットボトルは横に寝かせることでギリギリ収納可能。

EENOURのS25は室内が二つに分かれていて、冷凍庫と冷蔵庫に分けて利用することも可能です。

アウトドアを意識したデザイン

このEENOUR S25の一番の押し、それはこのキャンプサイトと相性の良いデザインです。この風貌なら、他のキャンプギアと同じようにサイトにレイアウト出来るのが嬉しいですね。

操作パネルや電源口はサイドに集約されています。一度セッティングしてしまうとほとんど触る機会が無いので、目立たないサイド面に配置されているのも良いですね。

天板となっているドア部分もフラットでシンプルなデザイン。そしてコーナーにバンパーが付いていて、アウトドア仕様のデザインに仕上がっています。

3_3設営-5-1

両サイドには180°回転できる大きな取っ手が付属していて、持ち運びがしやすいです。これなら庫内に内容物を詰め込んで重くなっても、一人でも持ちやすいですし、二人協力しながらラクラクに運ぶことも可能です。

いざキャンプへ、ポータブル冷蔵庫の利用方法

ポータブル冷蔵庫のキャンプでの利用イメージを紹介します。

出発前の準備、キャンプ場への車での移動、そして到着してからの設営~撤収までの利用方法について説明します。

キャンプ当日、出発前の準備は

まず出発の1時間前より、自宅のコンセント(AC電源)に繋いでポータブル冷蔵庫内の温度を下げます。庫内の温度が十分に下がったのを確認してから、食材や飲み物などの冷やしたいものを入れるようにします。

ポータブル冷蔵庫は温度を下げるときに一番電力を使用するので、外出する前に温度を下げておくことで、車中やキャンプ場で電源として活用するポータブル電源の容量を節約出来ます。

補足説明:ポータブル冷蔵庫の電力利用について

ポータブル冷蔵庫は、事前に設定した庫内の温度(冷凍庫なら-15~20度に設定)を保つように電力を使います。このS25は、通常40W程度の電力を使いますが、設定した温度に達すると電力を利用せずに待機します。つまり庫内の温度が設定した温度に達していれば、利用する電力も少なくて済むことになります。

キャンプ場に出発、車載は

キャンプ場への車での移動中も冷やし続けることになるため、電力の確保が必要となります。通常は車のシガーソケットから電力を供給出来ますが、途中の休憩や買い物などで車のエンジンを切ってしまうと供給がストップしてしまいます。

そんな心配が無いように、我が家では車載時からポータブル電源を利用しています。

S25に付属するシガーソケットから電源を取るコードを、ポータブル電源に接続します。

運転時間が長い場合は、車のシガーソケットに差し替えることも可能ですが、我が家は近場のキャンプ場が多いので、最初からポータブル電源に接続します。

途中で買い物した際に、ポータブル冷蔵庫のふたを開けて出し入れがし易いように、バックドアの一番手前に配置すると便利ですね。

これなら途中でアイスクリームや冷凍食材などを買っても大丈夫。

キャンプ場に到着。テント設営~サイトレイアウト

キャンプ場に到着すると、最初にテント設営やサイトレイアウトなどの準備をすることになります。

ポータブル冷蔵庫は、そのまま車の中でポータブル電源を接続したままにしておいて待機させています。

テント設営が終わったら、サイトレイアウトの開始です。ポータブル冷蔵庫は、内容物も入れると結構な重量になりますが、このEENOUR S25は取っ手が付いているので運びやすいです。

サイトへの配置は、ユニフレームのフールドラックの上に置いています。ポータブル冷蔵庫の底面とほぼサイズもぴったりです。

併用するクーラーボックスのイエティと並べると、高さも揃って使い勝手が良くなります。

ポータブル電源の電力残量をいつでもチェック出来るように、冷蔵庫の隣に配置しました。

ポータブル冷蔵庫は冷凍庫として活用するので、設定温度はMAX設定のマイナス20度に。

電力は冷却作動時で消費電力40W。待機時の消費電力は0W表示となります。

ポータブル電源は、容量が720WhのEcoFlow River Pro。このまま40Wで使い続けても16時間利用できるという表示になっています。

テーブルやベンチとしても使えちゃう

ポータブル冷蔵庫 EENOUR S25は天板がフラットで、耐荷重100kgと堅牢な作りになっているので、テーブルや椅子としても使えます。

天板は黒のままでも良かったのですが、ナチュラルカラーのサイトに似合うように、天板としてイケアのインテリア雑貨のローデビーを活用。

見た目もなかなかの簡易テーブルになりました。

キャンプサイトのセンターテーブルとして利用しても、全く違和感ありませんね。

近くのスーパーなどに買い物に行くときは

サイトから離れて遊びに行ったり、スーパーに買い物に行ったりするときに、簡単に持ち出せるソフトクーラー。保冷剤さえ入れておけば、常に冷たいものを持ち歩けるので便利ですよね。

ポータブル冷蔵庫を冷凍庫として運用すると、必要な時にいつでもソフトクーラーを使えるようになります。

ソフトクーラーは、ちょっとした時に利用したり持ち運びに便利ですが、ハードクーラーに比べて保冷力が落ちますよね。

保冷力が弱いということは、保冷剤も溶けやすいということになります。

そこで活躍するのが、冷凍庫内に常備している保冷剤。この保冷剤として最適なのが、クーラーショック。

クーラーショックは、ポータブル冷蔵庫(冷凍庫)やソフトクーラーで利用する保冷剤としてはベストセレクトではないでしょうか。

クーラーショックの良い点

  • サイズが薄くて小さい。小さい冷凍庫、ソフトクーラーでも容量を圧迫しない。ちょっとした隙間にもスッと入る
  • 予冷時間が8時間と短い。溶けてしまっても冷凍庫に入れておけば8時間後に再利用出来る

2泊、3泊と滞在期間が長くなっても、ポータブル冷蔵庫を冷凍庫運用して保冷剤を予冷することが出来れば、ソフトクーラーやハードクーラーも保冷剤を交換しながら長期間利用出来るのは心強いです。

キャンプの夜の時間~撤収まで

テント内で過ごす夜は、ポータブル冷蔵庫もテント内に移動。寝具などを収納するTHORのボックスの上にピッタリ収まりました。

モーター音も比較的静かで、睡眠時も気になりません。

朝の10時にはポータブル電源の容量を100%使い切ってしまった為、別のポータブル電源に切り替えました。

今回使った720Whのポータブル電源は、初日の12時頃から使い始め、翌日の朝10時には100%使い切ったので、22時間は使い続けられたことになります。この日は日中は30度越え、夜でも24度くらいの暑さが残る日でしたが、ほぼ丸一日使えるのはかなり省電力ですね。

キャンプ場から自宅への帰路も、ポータブル冷蔵庫は車の中で冷凍庫運用しています。これによって食材の残りなどがあっても安心して家まで持ち帰れます。

冷凍庫で便利になったこと

サイト内に冷凍庫がある、それだけで今までキャンプでは出来なかった事が出来るようになりました。そんな便利なキャンプシーンをご紹介します。

サイト内でアイスが食べれる

やっぱりこれ、キャンプ中にサイト内で食べたいい時にアイスが食べられる。

今まで買い物に行っても持ち帰れなかったアイス。ポータブル冷蔵庫を冷凍庫運用していれば、アイスをサイトまで持って行くことがいくことができます。

食後の夜の遅い時間、アイスを食べることは今まで無かったですが、それが可能に。

食べ残しても冷凍庫に保管しておけば、翌日になっても食べれます。

サイト内でかき氷が作れる

暑い日に食べたくなるかき氷も、サイト内で作れちゃいます。

かき氷用の氷を家で凍らせて持ってきてもよし、その場で水から作ってもよし。水から作る場合は少し時間が必要ですが、庫内をマイナス20度に設定すれば、およそ8時間ほどで氷になります

キャンプのサイト内で食べるかき氷も新鮮。なんといっても子供たちが大喜びです。

お酒用のロックアイスも溶け知らず

大き目のボトルやタンブラーに入れていた氷。ボトルに入れると多少は溶けてしまい、溶けた水で氷がくっついて取り出しにくかったのですが。。。

冷凍庫内から取り出したロックアイスは、袋のままでも全く溶けません。氷も今までより取り出しやすくなりました。

食材に冷凍食品も使える

家で使っている冷凍食品をそのまま持って行って使えるのが良いですね。

これまで冷凍食品は一度持ち出すと使い切る必要がありましたが、量が多すぎて残したり、突然のメニューの変更などで使わなくなったとしても、冷凍庫があればそのまま保管して持ち帰れるので余った食材を無駄にすることが無くなりました。

現地調達の特産物も冷やして美味しく

キャンプ場の近くの農家や道の駅などで並んでいる美味しそうなフルーツ。キャンプ中に冷やして美味しく食べれるようになりました。

常温で売っているものをクーラーボックスに入れると全体の保冷力が落ちてしまいますが、電力を使って冷やすポータブル冷蔵庫なら常温から冷やしても安心ですね。

お土産に冷凍物が持ち帰れる

キャンプの帰りでも冷凍庫があれば、今まで持ち帰れなかった海産物などの生鮮品をお土産として買って帰ることが出来るようになりました。

ポータブル冷蔵庫を冷凍庫として使ってみて

このようにキャンプでポータブル冷蔵庫を冷凍庫として運用してみたことで、便利な活用場面がたくさんありました。この他にも今まで出来なかったような便利な使い方がありそうです。

そんなポータブル冷蔵庫を、キャンプギアの一つとして仲間に入れてみてはいかがでしょうか?

紹介
ギア
X 閉じる
  • ひよしゅんしゅん
  • ひよしゅんしゅん
  • 子供達のたくさんの笑顔を見るためにキャンプ始めました。キャンプ始めて8年経ちましたが、気持ちはまだ初心者。キャンプ行くたびに新しい発見の日々です。そんな中で閃いたアイデアや苦い経験から学んだことをお伝え出来ればと思います。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂