キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

七ヶ宿オートキャンプ場きららの森で満天の星空を独り占めしよう!

きららの森満点の星空
昨今のキャンプ熱、凄まじいものがあります。昔々「野営場」と呼ばれた面影は既に無く…。水洗トイレに温水シャワー完備、炊事場ではお湯が出て、敷地内に温泉施設も当たり前。素晴らしいですね、充実ぶりは!

その反面、自然の中で自然に親しむキャンプ本来の姿は薄まっている様にも思えます。中にはマナー違反もチラホラと…。

メジャーなキャンプ場は施設の充実ぶりが素晴らしいです。栃木県の大子町、那須塩原等々、大手アウトドアメーカーとタイアップしたキャンプ場では、流石至れり尽くせりの充実ぶり。また、山梨のほったらかしキャンプ場は何よりも絶景を一望にできる心地良さで人気ですし、高ボッチ高原も同じく大人気。

けれど、人気が出れば出るほど足が向かなくなるのは、単に私が天邪鬼な為か、それとも…。

それほど有名ではないけれど、でも心地よいキャンプ場は全国各地にあります。折角自然の中で過ごす時間を選ぶのであれば、他のキャンパーの騒音や余計な気兼ねなく大自然を堪能したいですよね?

そんな時におすすめな宮城県にある七ヶ宿オートキャンプ場きららの森と、マイナーではあるけれど素敵なキャンプ場をご紹介致します。

佐久間禎訓

バイクに乗って34年。愛車は90年式のHarley Davidson 。齢29歳10万キロを超えました。なので、とうとうマシンを買い換え・・・。キャブモデルのTC88、FLSTCが新たな相棒です!youtubeにツーリングやキャンプ動画をあげています。宜しければご覧下さい。

バイク旅の途中で出会ったキャンプ場

筆者は基本的にオートバイでの旅の途中、キャンプをします。つまり目的はあくまでもオートバイによる旅。行きたい場所、走りたい道、見たい景色があるのです。キャンプを目的としたキャンプではなく、あくまでも旅の途中の宿としてのキャンプ。ですからキャンプ場選びが第一ではなく、行くべき場所の近くのキャンプ場を探します。

キャンプが目的ならば、人気のあるキャンプ場や、最近話題のキャンプ場に出向くことはできます。そんなキャンプもしてみようかなぁと、最近は考えますが、やはり目的は旅。オートバイによる旅。

まずは泊数を決めます。そして最終到達点を決めます。今回のツーリングはどこへ行くか、どこを走るか、何を見て回るか、ですね。これが1番大切。次にルートを考えます。どうやって回るか。

そこまで決まれば、行程の中で1日目はこの辺で泊まる、2日目はこの辺りでと、泊まる大まかな場所が定まります。そこからキャンプ場探しが始まります。キャンプ場選びは1番最後になるのです。

ですから、メジャーなキャンプ場よりも小さなキャンプ場やマイナーなキャンプ場が多くなります。けれど、寧ろそちらの方が他のキャンパーも少ないから過ごしやすくなるものです。

宮城県きららの森キャンプ場

/1060-kiraranomoricamp02出典:きららの森Facebook

キャンプ場名 七ヶ宿オートキャンプ場きららの森
所在地 〒989-0612 宮城県刈田郡七ヶ宿町侭ノ上129(GoogleMAP
営業期間 4月中旬~10月下旬
公式サイト みやぎ蔵王七ヶ宿スキー場・きららの森

こちら、冬季間はスキー場となります。国道113号沿いです。この国道は、「みちのくおとぎ街道」と呼ばれています。走ると、沿道に竪穴式住居が建っていたり、楽しめますよ。

七ヶ宿は「しちかしゅく」と読みます。近くには湖やダムもあります。けれども、正直眼を見張るような絶景や、何かの観光名所があるわけではありません。川下りなどのアクティビティもありません。メジャーなキャンプ場のような「遊び」を期待してもダメですね。

前述のように、私の場合はあくまでも旅の途中のキャンプ。キャンプが目的ではないので、それで充分。ちなみに私が訪れた2019年の6月6日、他のキャンパーは1人もおらず!キャンプ場は貸切状態でした!

何という贅沢でしょう!

そして、このキャンプ場にはとても素晴らしいものが待っていたのです。

場内説明

/1060-kiraranomoricamp-map出典:きららの森公式サイト

キャンプ場の説明です。上記イラストの左側にある管理棟で受付を行います。こちらではソフトドリンクやお酒類、薪なども購入できます。ただし、管理棟は17時に締まります。夜間は、ゲートチェーンで宿泊者以外侵入できません。夜間に管理人は不在となります。緊急時は、管理人専用の電話番号があります。

きららの森キャンプ場の近辺に、スーパーはありません。1番近いコンビニがバイクで15分程度の距離にあり、COOPと提供しており食材も買えますが、到着前に街で買い物をした方が良いでしょう。私は新潟から向かいましたので途中の高畠町で買い物を済ませました。そちらには大型スーパーがあります。

場内のトイレ棟は、温水シャワールームも併設されています。正面から見て、左側が男子トイレ、右側が女子トイレとなっており、中央のシャワー施設には洗濯機もあります。

トイレ棟の後ろ側には炊事棟があります。電源もあるから炊飯器なども使えますよ。広くて清潔でした。

/1060-camp-bike

オートサイトは、個別に仕切られており、木々が茂って木陰となっています。特筆すべきは、個別サイトの入口に灯りがあること。そして、水道が個別サイトに1つずつ引いてあります。これは便利でした!灯りも、他にキャンパーが居ませんでしたから足元が助かりました。

決して広大なキャンプ場ではありませんが、コンパクトさが逆に好ましく、よく手入れされたキャンプ場です。トイレ棟の隣にはソフトドリンクの自動販売機もあります。また、オートサイトでは電源も取れます。私はスマホとヘルメットの通信用ヘッドセットの充電を夜間に行いました。

きららの森キャンプ場の1番の魅力は夜に

/1060-kiraranomoricamp01

私は今回、場内イラストのキャンプサイト13を使いました。トイレ棟に1番近いサイトです。サイトの周囲は木々で囲まれ、朝小雨が降ったのですが、濡れることはありませんでした。撤収時、濡れずに済むのは嬉しいですね。

さて、こちらのキャンプ場最大の魅力は、夜に訪れます。場内イラストの「フリーテントサイト」。夜は是非ともこちらに足を伸ばしてください。

ここは冬季スキー場になります。つまり標高が高いのです。そして、フリーテントサイトには、遮るものがありません。そうです、夜になれば、頭上には満点の星空が広がるのです!

/1060-kiraranomoricamp05出典:きららの森Facebook

優れた眺望や、優れた施設を売りとするキャンプ場は、数多存在します。けれども、こちらの様に、人工のものではない大自然からの贈り物があるキャンプ場、素敵だとは思いませんか?満点の星空を心ゆくまで堪能することができます!

「満点の星」言葉にしてしまえば、わずか数文字で終わってしまう…。

でも、街灯も街の光も、余計なものが一切存在せず、遮るものが何もなく、ただただ頭上に数多の星が煌めく…。そんな体験、有りますか?

北海道の東、或いは乗鞍や日本アルプス、そんな場所ならば満点の星は難しくありません。でも、そこはメジャーですよね?人が集まる場所ですよね?

宮城県七ヶ宿、決してメジャーではありません。混み合う時期をずらせば今回の如く「貸切状態」もできるのです!満点の夜空を独り占めできるのですよ!

星空を独占すへく、出かけられては如何ですか?

余談ですが、フリーサイトの周辺に朝お猿さんが歩いていました。子連れのお猿さん達です。写真を撮る間も無く去って行きましたが。

シャワーではなく入浴ならば

/1060-hostel-otate02

きららの森ではシャワー施設が存在します。実際、宿泊した日は冷え込みもあり、夜間に活用しました。体が温まり人心地がつきましたよ。

でも折角のキャンプです。シャワーだけよりも、できることなら湯船に浸かりたい…。日本人ですからねぇ。

キャンプ場には温泉設備はありませんが実は近くに良い場所があるのです!

「街道hostelおたて」の紹介

/1060-hostel-otate01

きららの森キャンプ場から10分くらいの場所に素敵な場所が存在します。

その名も「街道hostelおたて」です。

元々は湯原小学校でした。児童数の減少ですね。残念ながら廃校となりました。その校舎をコンバージョンし、綺麗な宿泊施設として生まれ変わったのです。外観は、学校の特色を強く残しています。内部は、学校の名残をうまく生かして、綺麗な宿泊施設となっています。

「温泉」ならば最高なのですが、残念ですが「人工温泉」です。それでも、キャンプ前に湯船に浸かり疲れを落としてサッパリして夕餉の宴に向かう…。どうでしょうか?

因みに6月6日のこの日、宿泊客は無く。平日でしたからね。湯船で泳いじゃいました。良いお風呂です、こちらは。

「空気の入れ替え時」に使うキャンプ場のご紹介

きららの森キャンプ場ではオートバイがトラブりました。齢29歳、10万キロを超えた我が愛車、なぜか此処でエンジンダウン。点火系統のトラブルでしたね。帰宅して修理しましたが、結局この時は旅を断念。悔しかったなぁ。

旅先で使うマイナーキャンプ場の他にも、定期的に使うキャンプ場があります。

日常には、様々なこと、ありますよね。仕事のストレス、人間関係のストレス、家庭のストレス…。私の場合家庭の事情で28年務めた仕事を辞めて、今があります。家の中の様々なこと、次第に澱が積もります。我慢も限度が近ずくと、ひょいとキャンプに出たりします。

ロータスインさゆりオートパーク

/1060-sayuriautopark

その場合、遠くには行けません。家の様々なことをかたずけて、13時とか14時とかに出発です。翌日だってお昼前には帰宅します。食事の準備がありますから。

自宅から午後に出て、一晩キャンプを堪能して、翌日昼には帰宅している…。

福島県に、ロータスインさゆりオートパークという施設があります。

こちらは、日帰り入浴施設に併設されたキャンプ場。温泉はあるし、水洗トイレは完備されているし。炊事場も広いし、テントサイトも個別の芝生だし。5分以内にスーパーもホームセンターもあるため、食材から薪まで何でも揃います。

ちょっとした空気の入れ替えには、ピッタリな場所です。旅とかではなくて。

人の少ないキャンプ場を巡りながら…

/1060-kiraranomoricamp06

中学生時代、オートバイにトキメキました。18で中型免許取得。20には限定解除。初めて買ったオートバイは19歳の時。Kawasakiの400です。限定解除は幸運にも数回目で取得!HONDAのCB750を乗り回していました。

以降、ずっと、オートバイなのです。車はMaseratiもlotusもalfaもlanciaにも乗りましたが、やっぱりオートバイでなければダメなのです。

オートバイの楽しみ方は、人それぞれ。様々な付き合い方があるけれど、私にとってのオートバイは、やはり旅。

旅先で訪れるキャンプ場には当たり外れがあります。キャンプ場を選んで、厳選して、キャンプを楽しむために行くのではありません。行き先にあるキャンプ場に、行くのだから。

マイナーなキャンプ場には、マイナー故の楽しみ方が存在します。現在は、立ち寄り温泉が乱立していますからお風呂は必ずどうにかなります。食材も、時間を見て街中を走る間に買ってしまえば良い。マイナーなキャンプ場でも、頭一つで不便は不便でなくなります。

寧ろ、マイナーなところであればあるほど、他のキャンパーが減っていきます。遅くまで音楽をがなりたてる人、酒を飲んで大騒ぎをする人、酔っ払って歌い出す人、22時以降にも静かにできない人、水場を汚してそのままな人、トイレを汚して平気な人…、所謂マナー違反に遭遇する確率も減るのです。

キャンプは、大自然の中に飛び込み自然に抱かれながら、自然と向き合い不便を楽しむ行為。人の少ないキャンプ場を巡りながら、あなたも旅をしてみませんか?

大自然の中に抱かれてなお、人に煩わされたくありませんものね…。

 

佐久間禎訓

バイクに乗って34年。愛車は90年式のHarley Davidson 。齢29歳10万キロを超えました。なので、とうとうマシンを買い換え・・・。キャブモデルのTC88、FLSTCが新たな相棒です!youtubeにツーリングやキャンプ動画をあげています。宜しければご覧下さい。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top