ほったらかしキャンプ場のハナレサイトがおすすめ!予約の取れない人気キャンプ場に行ってきました!

ほったらかしキャンプ場 夜景とサーカスTCキャンプ場

ついに行ってきました!なかなか予約が取れない超人気ほったらかしキャンプ場!

今回泊まったハナレサイト含め、施設、周辺施設、区画サイト、ほったらかしサイト、ダイノジサイト等についてもレポさせていただきます!

そして、なんといっても夜景が綺麗!

新日本三大夜景に選ばれた甲府盆地の夜景を眺めながらのキャンプは最高でした。

  1. ほったらかしキャンプ場が選ばれる理由
  2. フルーツラインからほったらかしキャンプ場へ
  3. チェックインは13時から
  4. 受付用紙に記入してチェックイン
    1. 支払い方法は?現金?クレジットカード?
  5. キャンプ場内は砂利道だけど大丈夫
  6. ほったらかしキャンプ場のハナレサイト最高
  7. ほったらかしキャンプ場の施設、設備は綺麗
    1. トイレは全部で3箇所。各サイトの近くにある。
    2. 炊事棟、シンクも完備。そして嬉しい「みずば」
  8. ほったらかしキャンプ場の夜景を待ってる間に
  9. ほったらかしキャンプ場の絶景夜景。
  10. ほったらかしキャンプ場のチェックアウトは11時
  11. 豊富な種類のサイト
    1. 区画サイト【10サイト】
    2. ハナレサイト【12サイト】
    3. ダイノジ【9サイト】
    4. ほったらかしサイト【2サイト】
    5. フリーサイト
  12. 冬キャンプ、ファミキャンでも安心
    1. 小屋(兄)
    2. 小屋(弟)
    3. 親戚の森さん家
    4. キャンピングカー
  13. ほったらかしキャンプ場に、お風呂、シャワーはある?
  14. ほったらかしキャンプ場の予約方法は?
    1. 予約はオンラインのみ。
    2. 予約は3ヶ月前の月初1日、朝9時から
    3. 同時に複数予約は不可。グルキャンの人は注意
    4. 予約が取れない?でも空室お知らせサービスがある!
    5. 平日は比較的空いている
  15. ほったらかしキャンプ場のレビュー・まとめ
  16. ほったらかしキャンプ場、チェックアウト後の余談
  17. ほったらかしキャンプ場基礎情報

ほったらかしキャンプ場が選ばれる理由

ほったらかしキャンプ場の夜景とサーカスTC

平地キャンプでは味わえない解放感と夜景がほったらかしキャンプ場にはあり、夜景を目的にほったらかしキャンプ場を選ぶキャンパーも多いようです。

ほったらかし」という名前なので設備もほったらかしなのでは…と思いきや、キャンプ場内の設備はとても綺麗で、清潔に保たれていました。
ちょうどいいアットホーム感があり、スタッフの方もフレンドリーで明るい方ばかりでした。

チェックアウト時には「うん、これは人気になるよな」と納得。そして「もう一度来よう」と胸に決意。

その魅力をお伝えできればと想います。

icon-jintsuka-e1566210754521
じんつか

ちなみに私が行った時は平日でしたが全サイト一杯で、ファミリー30%、デュオ30%、ソロ40%という感じでした。(体感

フルーツラインからほったらかしキャンプ場へ

最寄りインターは勝沼。渋滞が無ければ高速おりてから30分くらいで到着します。

「富士塚通り」→「フルーツライン」→「笛吹川フルーツ公園」→「ほったらかしキャンプ場」で行く事をオススメします。

GoogleMAPのナビを使っていると、富士塚通りとフルーツラインの交差点を直進しフルーツラインを通らない道を推奨しますが、道が狭いのであまりオススメしません。

icon-jintsuka-e1566210754521
じんつか

フルーツラインからの景色を見ずに行くのは…もったいない!

.フルーツラインからの景色車が進むにつれて、フルーツラインから見える景色が広がっていく感じが到着前の気分をより高めてくれます。ドキドキワクワクがああああああフルーツラインフルーツラインの途中を左折し、笛吹川フルーツ公園の中を通ります。
そこから道なり5分程でほったらかしキャンプ場に到着します。

チェックインは13時から

ほったらかしキャンプ場の入り口の看板 フルーツ公園を抜けて、無事キャンプ場に到着。
キャンプ場入り口にはスタッフさん手作りの大きな看板がお出迎え。

ほったらかしキャンプ場の入り口にある案内板

ほったらかしキャンプ場のチェックインは13時から。

予定より早く到着したため、近くを散策する事に。
チェックインより1時間半早い11時30分に到着しましたが、既に数人チェックイン待ちがいました。人気キャンプ場おそるべし。

icon-jintsuka-e1566210754521
じんつか

区画サイト内の場所選びはチェックイン順ではありません。チェックイン時にサイト番号が記載された受付用紙が用意されているので予約時に決まります。

ほったらかしキャンプ場の駐車場広々駐車場。ハイエース等大型の車でも大丈夫です。

ほったらかしキャンプ場の景色と自転車駐車場から見える景色。今夜はこの夜景が堪能できるのか!と思うと、ワクワクが止まりません。

既にInstagram等でご存知の方も多いと思いますが、自転車飛んでます。

受付用紙に記入してチェックイン

ほったらかしキャンプ場の管理棟全体チェックイン時間、5分くらい前になると受付用紙が配布されます。
受付用紙は管理棟前にある外のテーブルで記入します。

ほったらかしキャンプ場の管理棟全体申し込み用紙の記入が終わったら管理棟内へ。
平日ですがスタッフさん2名が受付対応されていたので、ほぼ待つ事なくチェックインを終えられました。

ほったらかしキャンプ場の販売一覧撮影の許可をいただき何枚か管理棟内を撮影させていただきました。
ほったらかしキャンプ場オリジナルグッズから薪、炭、水、ガス缶、必需品まで一通り販売されています。

ほったらかしキャンプ場の販売の価格表

薪、炭は700円。カップワイン、ホットワインは500円。

支払い方法は?現金?クレジットカード?

支払い方法は現金のみでした。
一番近いと思われるATMは片道約5kmの郵便局のATM、コンビニだと片道約6km、道が混んでいると往復で40分くらいかかります。現金の用意はお忘れなく!

キャンプ場内は砂利道だけど大丈夫

ほったらかしキャンプ場の案内図

今回のサイトは「ハナレサイト 4」に決定しました。
案内にそってハナレサイトに車を進めます。

※上記地図のcoming soonの部分は現在【ダイノジサイト5~8】として予約可能です。

ほったらかしキャンプ場の場内入り口駐車場からすぐに入り口。綺麗に舗装されています。

ほったらかしキャンプ場と棚山の入り口

ほったらかしキャンプ場、最初の分岐路。
左はフリーサイト、区画サイト1~5、ハナレサイト、小屋付きサイト。
右は棚山の登山口になっています。

2569ーhottarakashicampーmichi

各所にある手作り看板が雰囲気あって最高におしゃれです。

ほったらかしキャンプ場内の案内看板右に行くとこれが小屋兄弟、小屋(兄)と小屋(弟)がいます。

小屋兄小屋(兄)のご尊顔。

小屋兄の中
photo by ほったらかしキャンプ場

小屋からも甲府盆地の絶景がしっかり楽しめます。

区画サイトの通り

今回はハナレサイトなので分岐路を左、区画サイト1~の方へ向かいます。

スピード注意

キャンプ場でスピード違反はご法度です。看板に従いゆっくり車を進めます。

ほったらかしキャンプ場ハナレサイト手前の道 区画サイトを過ぎて、ハナレサイトが見えてきました。

2569ーhanaresaitomaeハナレサイトの分岐路です。

ハナレサイトの案内看板左:ハナレサイト1~6
右:ハナレサイト7~11、ダイノジ、ほったらかしサイト1

右側の坂道はそこそこ急なのでローダウンしている車は避けた方がいいかもしれません。
角度と勢いを間違えるとバンパー吹っ飛びます。

ほったらかしキャンプ場のハナレサイト最高

ほったらかしキャンプ場のハナレサイト5と6ハナレサイト下5~6
ハナレサイト6は一番端なのでプライベート感があって景色を独占できます。

区画サイト説明ハナレサイト下0~2
目の前に広大な甲府盆地が広がっており開放感のあるサイトになっています。

ハナレサイト上の7から10

ハナレサイト上7~10
ハナレサイトは上と下、2段になっています。

ハナレサイト7と8

ハナレサイト上7と8からの景色。ハナレサイト上も抜群の景色です。

ハナレサイト上からの景色

ハナレサイト上からはハナレサイト下の0~6が見えます。

ほったらかしキャンプ場のハナレサイト4  本日、私の住まいになるハナレサイト4

2569ーhottarakashicampーhanare4全長4,885mm、全幅1,840mmのアルファードを停めてもまだまだ余裕のある広さです。

ほったらかしキャンプ場の電源電源も完備。電源容量は800wなので安心ですね。

ほったらかしキャンプ場のハナレサイト5から6 雰囲気も夜景もたっぷり味わえそうなハナレサイト6。次は狙いたい。ゴクリ

ほったらかしキャンプ場から見る甲府盆地見通しが悪い写真になってしまいましたが、冬なら空気が澄んでるので甲府盆地も富士山もはっきり見る事ができると思います。

遠くにはうっすら富士山が…うっすら…。

IMG_5166ちなみに快晴の日だと富士山と雄大な景色を見る事ができます。

サーカスTCの設営それでは、さくっといつもの5角形を打ち込んで

2569ーtent-markーcircustcテンマクのサーカスTC、設営完了です。
慣れれば15分くらいで設営できるイイテント。
サイトは車一台、サーカスTCでもまだまだ余裕のある広さですね。

icon-jintsuka-e1566210754521
じんつか

さくっといつもの、なんて書きましたが、地面がとてつもなく硬いです。
間違ってもプラペグ、プラハンマーで行かないで下さい。
鍛造ペグとちゃんとしたハンマーを持って行く事をオススメします。

ただし打ち込み過ぎると、固くて抜くのにも苦労するので注意して下さい。本当に。

ほったらかしキャンプ場予約してるけど、プラペグしかもって無いって人は今すぐにWILD-1で鍛造ペグをお買い求めお願いします。

 

ほったらかしキャンプ場の施設、設備は綺麗

ここまできたら既にお気づきかもしれませんが

ほったらかしキャンプ場、すっごい綺麗。

ほったらかしどころか、ほったらかしてないキャンプ場ですよ。

トイレは全部で3箇所。各サイトの近くにある。

ハナレサイトから近いトイレ棟

ほったらかしキャンプ場は、トイレまで遠い…炊事場まで遠い…なんて事はありませんでした。

ハナレサイトから一番近いトイレ棟。

先程、バンパーが吹っ飛ぶなんて失礼な事を書いた坂上にあります。

ほったらかしキャンプ場トイレ棟入り口

男女それぞれ2室あります。自販機もありますが、この自販機にはアルコールの取り扱いがありません。管理棟で販売しているようです。

ほったらかしキャンプ場のトイレの中

綺麗だ。

トイレ内の設備

スタッフさんの愛情と、ほったらかしキャンプ場に来たキャンパーのマナーの質がうかがえます。ちなみにこの写真チェックアウト前です。良いマナーと美しい水回り大好きです。

トイレのフック

あと、ドアに荷物用のフックがついてました。これが無いと困る時が結構あるんですよね。

炊事棟、シンクも完備。そして嬉しい「みずば」

ハナレサイト近くのシンク  ハナレサイトのトイレ横にあるシンク。清掃もされており水圧も抜群です。

2020年1月追記
ハナレサイトの炊事場が超進化していました。

IMG_5184

以前はシンクが1つでしたが、現在は屋根付き、シンクが4つあります。

IMG_5185

炊事場からの眺望も抜群です!

ほったらかしキャンプ場の炊事場区画サイト1~5から一番近い炊事棟。

ほったらかしキャンプ場トイレ棟入り口区画サイト近くのトレイ棟

ハナレサイトの水場

ハナレサイト★の隣には「みずば」があります。
ドラム缶の横にあるので炭を捨てた後、焚き火台、グリルを洗い流して帰る事ができます。
こういう水場はほんと助かりますね。

ほったらかしキャンプ場の夜景を待ってる間に

ハナレサイトで読書 一通り散策を終えた後はサイトに戻り、読書を楽しみます。
適度な風と気温の中、絶景を眺めながらのひと時は最高です。

ツーリングドームSTのカンガルースタイルちなみに今回は、テンマクのサーカスTCと、コールマンの名作 ツーリングドームSTのカンガルースタイル。

コールマンのランタンと甲府盆地コールマン 286Aと甲府盆地の景色。
今度はスカっと晴れてる時に来よう。

ユニセラTG3炭火夕飯に備えて炭火をおこします。

ユニフレームユニセラTG3UNIFLAME ユニセラ TG-3 ロング

ソロの時はちょっとした料理に役立つイイアイテム。

デュオ、グルキャンの時は焼き鳥屋として大活躍します。

炭火と焼鳥焼き鳥から始まり

炭火と厚揚げ厚揚げを焼きます。ソロの時は毎回厚揚げを焼いているような。

ほったらかしキャンプ場の絶景夜景。

ほったらかしキャンプ場の夕暮れ    ハナレサイトからの甲府盆地日も落ちてきてだんだん暗くなってきました。

薄暗い状態でも綺麗ですね。ビールが止まりません。

ハナレサイトの夜景と焚き火完全に暗くなると絶景夜景を言われる、甲府盆地が姿を現します。

ほったらかしキャンプ場から見る夜景撮影技術が未熟な事を後悔…。写真の数倍綺麗だと思って下さい。

やはり夜景撮影は空気が澄んでる冬をオススメします。

夜景と厚揚げとユニセラユニセラと厚揚げとほったらかしキャンプ場の夜景。

絶景夜景を見ながら食べる厚揚げは普段より3倍美味しく感じました。

ハナレサイト焚き火と夜景普段なら焚き火を愉しむ頃合いですが、夜景を見ながら夜のひと時を過ごします。

ほったらかしキャンプ場と夜景とテント近くのフルーツ公園もデートスポットとして人気なのですが

ほったらかしキャンプ場はデートキャンプ場として、最高なのではないでしょうか。

キャンプ好きのカップルは是非、ほったらかしキャンプ場の夜景を見ながら愛の告白を!

ハナレサイトの夜ハナレサイトの皆様、夜景を楽しんでいるようです。

普段なら寝る手前まで焚き火をしているのですが

早めに火を落とし、ランタンを消し、夜景を見ながら晩酌します。

眠くなってきたところでツーリングドームSTに潜り就寝。

ほったらかしキャンプ場のチェックアウトは11時

ほったらかしキャンプ場の朝photo by ほったらかしキャンプ場

おはようございます。

ほったらかしキャンプ場のハナレサイト1から2なんと朝7時には、皆様ほぼ居なくなっていました。

ハナレサイト下段の方々はキャンプツーリング目的で来ていたようで、朝早く旅立ったでしょう。またどこかで。

ほったらかしキャンプ場のチェックアウトは11時です。

少しゆっくりできるかなと思ったら…小雨が…。

75リットルのゴミ袋にテント等を詰め込んで即撤収。

その後は大雨になりましたが、ギリギリセーフでした。

次回は、ゆっくり朝コーヒーをさせていただきます。

豊富な種類のサイト

今回泊まったのはハナレサイトですが、他のサイトも絶景を楽しめるサイトが沢山あります。

区画サイト【10サイト】

ほったらかしキャンプ場区画サイト写真photo by ほったらかしキャンプ場

区画サイトの数は、全部で10サイト。どのサイトでも景色を見る事ができます。

区画サイト1から5の景色区画サイト1から5の眺望

ハナレサイト【12サイト】

ほったらかしキャンプ場のハナレサイト1から2

今回私がお邪魔したハナレサイト。プライベート感満載のサイトです。

ダイノジ【9サイト】

ほったらかしキャンプ場のダイノジサイトphoto by ほったらかしキャンプ場

区画サイト、ハナレサイトより倍近い広さがあります。
場所によって若干大きさに差がありましたが、それでも十分広いです。

車も2台まで無料、車2台停めてもタープ、テントを設営する余裕は十分にありました。ハナレサイト上の水道付きダイノジサイトハナレサイト上 ダイノジサイト

ダイノジサイトは9サイトありますが、ハナレサイト上ダイノジサイトのみ専用シンク付きです。

ほったらかしサイト【2サイト】

ほったらかしサイトphoto by ほったらかしキャンプ場

なんと、ペットと一緒にキャンプができる柵付サイトもあります。
ダイノジサイト同様に車2台まで無料、広いサイトです。

フリーサイト

フリーサイト案内板

区画サイトよりフリーサイト派のキャンパーの皆さん。ご安心ください。

ほったらかしキャンプ場はフリーサイトもあります!

フリーサイトの入り口坂を下るとフリーサイトがあります。

フリーサイトからの眺望

区画サイト1~5の下段にあります。車の乗り入れも可能です。

冬キャンプ、ファミキャンでも安心

小屋(兄)

小屋兄のベランダ photo by ほったらかしキャンプ場

小屋(コテージ)もあります。
エアコン、トイレ、シャワー、キッチン、電気ケトル、ゴミ箱、包丁、まな板、装備も充実。

2569ーkoyaani-3photo by ほったらかしキャンプ場

お父さんはテント派だけど、お母さんはコテージ派。

ご安心下さい。なんと小屋(兄)には、テントが設営できるスペース付です。

コテージ泊、テント泊、どちらも堪能できる欲張り堪能コテージです。

また、車も2台まで無料なのでグルキャンにも最適ですね。

小屋(弟)

ほったらかしキャンプ場あたらしいサイト案内

photo by ほったらかしキャンプ場

こちらも素敵なコテージ、小屋(弟)です。
兄の横にいらっしゃいます。

弟も兄と変わらず、コテージ横にテント、タープを設営できるスペースがあります。

弟のいいところは景色側がフルオープンできる仕様になっているので、横になったまま景色、夜景が堪能できます。

親戚の森さん家

ほったらかしキャンプ場の親戚の森さん家

兄と弟に続いて、新しく新設された「親戚の森さん家」
2020年2月1日から利用可能になった一番新しい小屋付きサイトです。

新しい小屋付きサイト全体

小屋の横には広いフリースペース。小屋でもタープやテントを張ったりテント泊も楽しめる。小屋の中には2段ベッドが1台、簡易コットが2台。トイレは歩いてすぐのトイレ棟、水場は建物の前にあります。

キャンピングカー

ほったらかしキャンプ場のキャンピングカーphoto by ほったらかしキャンプ場

なんと、キャンピングカーをキャンプ場でレンタルしキャンプサイトで利用する事が可能です。
ちょっと今日はテントでもないし、コテージでも無い、そんな気分の時はキャンピングカーはいかがでしょうか。

ほったらかしキャンプ場に、お風呂、シャワーはある?

ありません。でもご安心ください!

ほったらかし温泉は近い ほったらかしキャンプ場に来たら、ほったらかし温泉に行きましょう!

管理棟から歩いて数分の距離にあの有名なほったらかし温泉があります。

ほったらかしキャンプ場の入り口ほったらかしキャンプ場の管理棟前の駐車場から、見える距離にあります。

ほったらかし温泉の案内 ほったらかし温泉のオープンは日の出前。夜は22時15分まで。

ほったらかし温泉のバスタオルあとタオルレンタルはありません。
私はタオルを持っていきましたが、ほったらかし温泉の独特なデザインセンスに惹かれて購入しました。バスタオル1枚、1000円です。

icon-jintsuka-e1566210754521
じんつか

キャンプ場は22時に閉場してしまうので車の出し入れが不可となります。
車で遅い時間に行かれる場合は注意が必要です。

ほったらかしキャンプ場の予約方法は?

ここまでお読みいただいた方はご理解いただけたと思うのですが
ほったらかしキャンプ場は超人気、予約困難なキャンプ場です。

ほったらかしキャンプ場の予約をとるために大切な5つのポイントをお伝えします。

予約はオンラインのみ。

2019年3月1日をもって全てがWEBからの予約となりました。

予約の変更は電話、予約はWEBからとなります。

ほったらかしキャンプ場の予約はこちら

予約は3ヶ月前の月初1日、朝9時から

5月の予約をしたい場合は2月1日の朝9時からWEBから予約できます。

知り合いに聞いたところ、アクセスが集中し繋がりにくくなるとの事なの心して予約合戦に挑みましょう。

同時に複数予約は不可。グルキャンの人は注意

1回の予約で複数サイトを同時に予約する事はできません。
それぞれが1回ずつ予約する必要があります。

グルキャンの場合、ダイノジサイト、小屋、ほったらかしサイトを狙う事をオススメします。

予約が取れない?でも空室お知らせサービスがある!

ほったらかしキャンプ場には「空室お知らせサービス」があります。
希望のサイトの予約ができなかった…。という時でもお知らせサービスに登録しておくことでキャンセルが発生し空室がでた時にメール、または電話でお知らせしてくれるサービスです。

なんと優しい…。

平日は比較的空いている

平日であれば比較的予約をとる事ができます。それでも人気サイトは再来月まで平日土日祝日予約で一杯という事もあります。

ほったらかしキャンプ場はどのサイトも素晴らしいので、「ほったらかしキャンプ場に行きたい!」と思った方は、平日空いているサイトに予約してみてはいかがでしょうか。

ほったらかしキャンプ場のレビュー・まとめ

ほったらかしキャンプ場と車身内でも好評で人気なほったらかしキャンプ場。
今回、ソロでお邪魔させていただきましたが、本当に素晴らしいキャンプ場でした。

平日にも関わらず、ファミキャン、ソロキャン、ツーリングキャンプ、デュオキャン、形問わず様々なキャンパーが利用していました。

何より新三大夜景に選ばれた絶景夜景を見ながら、キャンプできるなんて夜景好きの私にとっては最高のひと時でした。

設備も整っており、各サイトも手入れがしっかりされている、キャンパーのマナーも良い、キャンプ場にスタッフさんの愛情が感じられおしゃれで綺麗などなど、逆に欠点を探すのが難しいキャンプ場ではないでしょうか。

平地、林間のキャンプ場では、味わう事のできない魅力があるほったらかしキャンプ場。

きっと素敵なひと時があなたを待っています。

ほったらかしキャンプ場、チェックアウト後の余談

急遽、雨撤収となった私ですが、ほったらかし温泉に行く!という目標を達成するために
雨の中、ほったらかし温泉に行きました。

ほったらかし温泉の入り口偶然にも撤収後、小雨になり大雨の中の温泉は回避できました。
山の天気は変わりやすい。

ほったらかし温泉の看板ほったらかし温泉には「あっちの湯」「こっちの湯」2種類あります。

入り口から別れているので、どちらか選んで入る必要があります。

こっちの湯は1999年、ほったらかし温泉がオープンした時からある温泉。
あっちの湯は2003年に新湯として新しく作られた温泉。

あっちの湯の方が、こっちの湯に比べて広く広大な景色が見れる印象です。

甲府盆地と富士山

晴れていればこんなに綺麗な景色が…。
私が行った時は最高に曇ってた(若干雨だった)ので、何も見えず終了。

次回は晴れて…!

ほったらかし温泉の飲食店チェックアウト後、温泉に入って、お昼ごはんも温泉で済ませる事ができます。

ゆるきゃんで有名な揚げ玉私は例の温玉揚げをいただきました。

ゆるキャン△の聖地になっているほったらかしキャンプ場。

まだゆるきゃんは未読ですがこれは食べるべきですね。

2569ーkiroほったらかし温泉を後にし高速に向かいます。

あっという間の1泊2日、ほったらかしキャンプ場ソロキャンプ。

私は、キャンプ場に恋をした。

ありがとう、ほったらかしキャンプ場!

新サイト、ダイノジサイト、区画サイトの詳細レポはこちら。

ほったらかしキャンプ場基礎情報

料金サイト利用料金:1,500~3,500
大人:1,500円 小学生:500(休前日は大人小学生+500)
営業期間通年営業
住所〒405-0036 山梨県山梨市矢坪1669-25 GoogleMAP
電話番号080-9677-1010
チェックイン・アウトin13:00/out11:00
デイキャンプ有(11:30~16:00)
ゴミ処理有料
焚火直火禁止 焚き火台必須
その他各サイト駐車場付
公式サイトhttps://hottarakashicamp.com/
アウトドア・キャンプ情報を毎日発信中!
\👉 フォローお待ちしてます 👈/
さあ、WEBでもキャンプを楽しもう⛺
キャンプ場
シェアをして次世代のキャンパーを発掘しよう!
CAMP QUEST